1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. BLUE ENCOUNT
  6. 熱いパフォーマンスにエモーショナルなサウンド!BLUE ENCOUNTの魅力に迫る

【特集】熱いパフォーマンスにエモーショナルなサウンド!BLUE ENCOUNTの魅力に迫る

このアーティストの関連記事をチェック

フェスでもお馴染み高速タオル回しは、あ…

ブルエン「ユメミグサ」が描き出す「青く…

圧倒的な技術と貫禄で、多くの人を圧倒させる実力と魅力を持ったバンド、BLUE ENCOUNT。自分たちの思いを言葉と音で伝え、心でつながる感触をしっかり感じられるBLUE ENCOUNTの魅力をご紹介していきたいと思います。

公開日:2019年9月1日 更新日:2019年9月1日


この記事の目次 []
  1. ・心を震わせるバンド、BLUE ENCOUNT
  2. ・BLUE ENCOUNTのおすすめソングをご紹介
  3. ・アンバランス
  4. ・もっと光を
  5. ・MEMENTO
  6. ・VS
  7. ・YOU
  8. ・9月からは全国ライブツアーを開催!

心を震わせるバンド、BLUE ENCOUNT


熊本出身のバンド、BLUE ENCOUNTは2014年にメジャーデビューを果たしました。

演奏技術はずば抜けてレベルが高く、どこまでも響く圧倒的な歌唱力も持ち合わせ、ライブではとにかく熱いMCを披露し会場全体を感動と熱気の渦に巻き込むとんでもないエネルギーを持ったバンドです。

ボーカル、演奏、ステージング、楽曲のセンス、すべてを持ち合わせたBLUE ENCOUNT。

2016年には第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌を担当し注目を集めました。その他にも「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマに『Survivor』が起用されたり、『LAST HERO』がドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の主題歌に起用されるなどさまざまな楽曲がタイアップされています。

2016年10月9日には日本武道館で初のワンマンライブを開催。チケットは即日完売を記録し、大成功を収めました。

BLUE ENCOUNTのおすすめソングをご紹介

アンバランス


----------------
I don't know why
I don't know reason to fight
It's just for joy
I don't know why
I don't know reason to die
≪アンバランス 歌詞より抜粋≫
----------------

『アンバランス』は、2014年2月5日にリリースされた1stフルアルバム『BAND OF DESTINATION』に収録されています。

ロック色の溢れる楽曲で、暴れるベースのサウンドとフレーズが光ります。イントロのインパクト、サビのメロディーの後ろに巧みに敷き詰められたサウンド。

ただサビを聴きやすく収めたわけでは決してない、彼らならではの細部まで計算された音楽を味わわせてくれます。

さらにそこからCメロでは心地よいベースサウンドと幻想的なメロディーに移り、この1曲の中だけでも彼らの音楽のふり幅の広さを見せ付けてくれます。

もっと光を


----------------
悲しい記憶に寄り添うたび 答えを求めるの
これ以上誰かがこの思いを繰り返さないように
もっと光を もっと光を
もっと光を君に届けたくなったよ
もっと光を もっと光を
もっと光が君に届くように
≪もっと光を 歌詞より抜粋≫
----------------

2015年1月28日にリリースされた1stシングル『もっと光を』。歌いだしの0.1秒から鳥肌が立つような、呼吸さえかっこいいエモーショナルな雰囲気があります。

静かな歌いだしから、サビでドカンと来るキャッチーなメロディー。静と動という演出はベタであるにも関わらずリスナーにしっかりかっこいいと感じさせて聴き込ませる。

彼らの音楽センスと魅力を改めてひしひしと感じられる楽曲です。

MEMENTO


----------------
「全然怖くはないよ」といつものように笑っていたけど
ガンガンに震えるその手を隠しているその理由はなんだ?
「人間一人じゃダメだよ!」そう自慢んげに語っていたけど
ガンガンに人に壁を作るその訳はなんですか?
≪MEMENTO 歌詞より抜粋≫
----------------

『MEMENTO』は、各パートの技術力の高さにとにかく圧倒されます。

複雑なサウンドの上で静かに歌われるAメロのメロディー。そこからサビに向けて熱量を上げていき、しかしサビは決して華やか過ぎず、派手にしてインパクト狙いではなく自分たちのサウンドと技術と音楽で挑んでいます。

止まらない勢いで迫って煽ってくるCメロと対比して落ちサビの美しさが際立ち、最後まで感動させて飽きさせない演出が施されています。

VS


----------------
深い不快 足掻いて参上
苦い願い 砕いて無情
暗いCRY 湿っぽい現状
幼気な理想は一体どこ?
≪VS 歌詞より抜粋≫
----------------

テレビ東京系のアニメ「銀魂」のオープニングテーマに起用された『VS』。

イントロから彼ららしいテクニカルなサウンドが光り、Bメロからサビへの展開と切り換わりが聴いていてとても気持ちがいいです。

ダークな雰囲気もありながら踊りたくなるリズムのよさもあり、ロックファンの心をつかんで離さない魅力溢れる楽曲となっています。

YOU


----------------
I saw my life inside your eyes
Darling you really change my life
My heart is where you will always be
Turn the lights off
And you are so bright
≪YOU 歌詞より抜粋≫
----------------

BLUE ENCOUNTの隠れた名曲でもある『YOU』。ボーカルの歌唱力を、これまでご紹介してきた楽曲とはまた違った面から味わうことができます。

テクニカルな他の曲と比べると比較的シンプルで、だからこそ真っ直ぐに愛を歌うこの曲の歌詞やメロディーがしっかり伝わってきます。

歌詞や伝えたいことに合わせてサウンドを変えてくる。聴き手にしっかり届けることを考える彼らの、音楽と向き合う熱量が伝わってきます。

9月からは全国ライブツアーを開催!


2019年9月から、BLUE ENCOUNTは全国ライブハウスツアーを開催します。

9月25日の千葉での公演を皮切りに全国18箇所、22公演を行い、11月21日に開催されるZepp東京公演まで日本中を駆け巡ります。

さらに、7月から放送が開始している土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌をBLUE ENCOUNTが担当しており、その楽曲『バッドパラドックス』が9月11日にシングルリリースされることも決定しています。

ライブハウスツアーに新曲のリリースに、BLUE ENCOUNTの熱波の勢いはまだまだ止まりません!

TEXT ぽんつ

《メンバー》 Vo. Gt. 田邊駿一 Gt. 江口雄也 Ba. 辻村勇太 Dr. 高村佳秀 熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。 2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。20···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ポルノ「ミュージック・アワー」は、恋心…

Sumikaのシングル・アルバム作品ま…