1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. King Gnu
  6. 悲しみを分かち合う音楽を奏でる King Gnu「Sorrows」

【歌詞コラム】悲しみを分かち合う音楽を奏でる King Gnu「Sorrows」

このアーティストの関連記事をチェック

King Gnu『白日』で真っ白にした…

【Mステ】6月19日の放送は、加藤ミリ…

King Gnuが2019年1月に発売したAL『Sympa』に収録の『Sorrows』。この曲は、King Gnuのバンドとしてのスタンスを提示した楽曲といえる。急速な変化・進化を遂げるKing Gnu。彼らがこの曲で伝えたいメッセージを歌詞を中心に考察したので紹介する。

公開日:2019年10月1日 更新日:2019年11月15日

Column


この記事の目次 []
  1. ・『Sympa』から感じ取る、現在のKing Gnu
  2. ・悲しみを分かち合うコミュニケーション
  3. ・「素晴らしき世界」で広がる対話

『Sympa』から感じ取る、現在のKing Gnu


King Gnuが2019年1月にリリースしたアルバム『Sympa』に収録されている楽曲はその歌詞に、大きな特徴が見られる。

彼らがKing Gnu名義で初めて2017年にリリースしたアルバム『Tokyo Rendez-Vous』では、“破壊衝動”や“怒り”のような、鋭利な感情にフォーカスした楽曲が多かった。

しかし一方で、King Gnuとして2枚目のアルバムである『Sympa』からは、『Tokyo Rendez-Vous』のそれとは少し違ったメッセージが感じられる。

特にそのメッセージが『Sympa』の収録曲である『Sorrows』には、色濃く表現されている。

King Gnuが『Sympa』を通して訴えるメッセージ、そこから彼らの打ち出したスタンスとは一体どのようなものなのか?『Sorrows』の歌詞を掘り下げ、考察した。

悲しみを分かち合うコミュニケーション


----------------
優しい嘘をついてくれよ
現実は残酷だもの
酔いどれ踊れ
全てを忘れるまで
強がり笑うだけ

"Why don't you come back to me?"
避けようのない痛みを
二人分け合えるよ

"cause I know you're lonely like me."
こびり付いた悲しみを
拭い去れるの?
≪Sorrows 歌詞より抜粋≫
----------------
赤裸々な言葉、印象的な刺激のある歌詞が人目を引くのは避けようのない事実だ。それでもきっと、悲しい現実を突きつけるような歌詞を鮮烈に奏でる事だけが正義ではないと信じたい。

事実、残酷な現実は、避けたいと思っても避けられるものではない。どんなに非現実的な音楽で目を塞いだとしても、音楽が鳴り止んだ時には、それぞれの現実が待ち受けている。

『Sorrows』では、そんな拭い去れない“悲しみ”を突きつけるのではなく、分かち合うという選択を示してくれる。


“Why don’t you come back to me.”
「僕のところへ帰ってきてはどうですか?」

“cause I know you’re lonely like me?”
「あなたが僕のように孤独なことを知っているから」

分かち合うための対話をするために距離を縮める。

決して、慰めたり優しくしたりするだけの馴れ合いではない。

そんな、“個(孤)”同士のコミュニケーションを表現することが、King Gnuの音楽のスタンスであることを、『Sorrows』から感じることができる。

「素晴らしき世界」で広がる対話


----------------
everytime,
I feel as one.
sometime,
We feel as one.
ささやかな人生を
愛せるのならば

everytime,
I feel as one.
sometime,
We feel as one.
信じていたもの全てを
手放したっていいんだ

"You always stay in my mind."
"I want you stay in your mind."

"Why don't you come back to me?"
この素晴らしき世界を
二人分けあえるよ

" cause I know you're lonely like me."
この胸の悲しみと
共に生きてゆくよ
≪Sorrows 歌詞より抜粋≫
----------------
分かち合うのは、何も悲しみだけではない。

喜びも悲しみも幸も不幸も、目まぐるしく行き交うこの「素晴らしき世界」を分け合うことで、広がっていくのではないだろうか。

個と個の対話が広がることで「素晴らしき世界」も同時に広がっていく。


しかし、対話をしたからといって“悲しみ”が軽減されたり消えたりするわけではない。

拭えない、そして避けられない現実を悲観するのではなく、最後には悲しみと共に生きる、とここでは歌っている。

悲しみであれ喜びであれ、それが音楽でコミュニケーションを取る糧になるのだという、King Gnuのスタンスを知ることができる楽曲が、『Sorrows』だ。

King Gnuの原点にあった破壊衝動を昇華し、行き着いた“Sorrows=悲しみ”の数々がまた新たな音楽を生み出すのだ。

TEXT DĀ

King Gnuは、長野県伊那市出身の常田大希(ギター・ボーカル)・徳島県阿南市出身の勢喜遊(ドラムス・サンプラー)・東京都福生市出身の新井和輝(ベース)・長野県伊那市出身の井口理(ボーカル・キーボード)からなる4人組ミクスチャーロックバンド。レーベルは、2017年から2018年までPERIMETRON···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

息苦しさを抱える若者に人気!2.5次元…

忘れないで。僕らは家族だ。「終わりのセ…