1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 井上苑子
  6. 井上苑子の『赤いマフラー』に秘められた想いとは?

井上苑子の『赤いマフラー』に秘められた想いとは?

井上苑子の『赤いマフラー』に秘められた想いとは?

公開日:2015年11月19日 更新日:2017年5月30日




井上苑子は兵庫県出身の現役女子高生のシンガーソングライター。ギター女子の一人です。井上苑子作詞の『赤いマフラー』は片想いを歌っている曲。赤いマフラーを通したストーリー仕立てになっています。



“何故か照れたように巻いていた暖かそうな赤いマフラー 
似合ってるよって言って 引っ張ってみたり”


曲の冒頭で赤いマフラーは幸せな日々の象徴として登場。曲の登場人物、「あたし」が「君」に惹かれている日常の風景がよく分かります。

“あの子が君を好きになって 君もあの子に惹かれて
「良かったね」って冷やかして気付いたの
冗談を言って笑っていないと泣いちゃいそうなあたしの気持ちに”


ここで「あの子」が登場して、「あたし」は自身の気持ちに気付きます。曲の冒頭で「冷えきったあたしの右手」とありますが、ここで「冷やかして」という単語を使って対比させています。曲冒頭では冷えていても気持ちは温かく充実しているのに対し、こちらは冷やかしていないと泣きたくなる感情。「冷」の字で季節感を表現しているのと同時に、気持ちを対比させているんですね。

“「綺麗だったよ」って光る街の中 白い吐息と君の笑顔
ピースの先にはあの子がいるんでしょう?そんなメールは送らないでよ“


情景が想像しやすい歌詞。ここで「白い吐息」という色が出てきます。これは「赤いマフラー」と対応させているんですね。そして「あの子」が風景の中にいないにも関わらず、その存在を感じさせています。

“「似合ってるよ」って言った赤いマフラーもあの子が選んでたんだね”

このフレーズが曲における「赤いマフラー」の転換ポイント。「あたし」にとっての幸せの象徴だった赤いマフラーが悲しみのアイテムに変わります。「何故か照れたように巻いていた」理由もここで明かされます。伏線になっていたんですね。

“ずっと隣にいたのに ヘタクソな笑顔に君は気付いてくれないの
でもこの気持ちを君に伝えたとき 今の関係も壊れそうで“


「ヘタクソな笑顔」の「ヘタクソ」がカタカナなのはギクシャクしている、不器用な感覚を表現しています。サビの「でも」で一番音に感情がこもる構成。「でも」はこの後も3回出てきますが、全てその後のフレーズで言葉に出せない気持ちが続きます。

最後は「桜の季節までにこの気持ちもちゃんと溶かすから」と雪にかけて綺麗に終わります。この曲は風景や登場人物の気持ちを想像しやすい曲なんですね。

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

神戸出身の21歳シンガーソングライター。 小6より作詞作曲と路上ライブを始め、高校入学と共に上京。 動画配信サービスのツイキャスで人気を集め、視聴者数が200万人を突破しメジャーデビュ ー。 1stシングル『だいすき。』はYouTubeで2,000万再生を超え、女子中高生を中心にスマッシュヒ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

語りかけてくるようなB'zの隠れた名曲…

愛する『あなた』へ確認。この想い、伝わ…