1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. さユり
  6. 息苦しさを抱える若者に人気!2.5次元アーティスト・さユりの魅力

息苦しさを抱える若者に人気!2.5次元アーティスト・さユりの魅力

2015年に『ミカヅキ』でメジャーデビューした、酸欠少女さユり。生きることへの息苦しさを抱える、10〜20代の「酸欠世代」の心情を表現するシンガーソングライターとして注目されています。今回はそんなさユりの魅力をご紹介!

公開日:2019年10月1日 更新日:2020年3月19日


この記事の目次 []
  1. ・酸欠少女さユりとは一体何者?
  2. ・デビューシングル「ミカヅキ」
  3. ・「それは小さな光のような」
  4. ・「フラレガイガール」
  5. ・1stアルバム「ミカヅキの航海」
  6. ・「十億年」
  7. ・2次元と3次元に存在する新次元アーティスト・さユりの今後に目が離せない!

酸欠少女さユりとは一体何者?

2015年に『ミカヅキ』でデビューした、シンガーソングライターの酸欠少女さユり。彼女を語るうえで外せないのが、自然に震え続ける歌声です。

ビブラートとは違う、繊細な揺らぎを堪えた歌声。その歌声で奏でられる、メロディと歌詞が酸欠世代の心に響いているのです。

酸欠少女さユりは複数存在しており、2次元や3次元のキャラクターとして各曲のMVに出没しています。

・中2のさゆり
さユりの後悔の念が生んだ永遠の14歳。2次元世界に出没する。

・サユリ
さユりの感情に反する行動を取り、そのときの感情によって形を変える。10代が憧れるさユりちゃん像とも言われている。パラレル世界に出没。

・サゆり
さゆりが意思を示したときに、それを成す力として現れた本能。2次元のさゆりや、パラレル世界のサユリとは異なる存在と考えられている。自分の意思を貫き純粋に行動する。

・20歳のさゆり
前に進むために強くなろうと、永遠の後悔に落ちた中2のさゆりから分裂した。

デビューシングル「ミカヅキ」


2015年フジテレビのノイタミナアニメ「乱歩奇譚(らんぽきたん)Game of Laplace」のEDであり、さユりのデビュー曲。

自分に自信がない…と、劣等感を抱えてしまう私たち。それでも前に進みたい、自分自身を信じたいという想いが歌に込められています。

----------------
今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ
幸せそうに世界を照らしている
当の私は 出来損ないでどうしようも無くて
夜明け夢見ては 地べた這いずり回ってる

それでも 誰かに見つけて欲しくて
夜空見上げて叫んでいる
逃げ出したいなぁ 逃げ出せない
明るい未来は見えない ねぇ

それでも あなたに見つけて欲しくて
蝶のように舞い上がるの
欠けた翼で飛んだ 醜い星の子ミカヅキ
≪ミカヅキ 歌詞より抜粋≫
----------------
タイトルの「ミカヅキ」には欠けている三日月でも、いつかは満月になる、だからそれを信じて前に進んでいこうという意味があるそうです。

「それは小さな光のような」


2016年フジテレビのノイタミナアニメ「僕だけがいない街」のED。アニメの音楽を担当する梶浦由記さんが、作詞・作曲を担当しました。

この曲はアニメの世界観とリンクしており、どんな逆境が待ち受けていようと君のことを守るという強い決意が歌詞から伝わってきます。

----------------
君のこと守りたいと思う
暗闇から目覚めても
僕を待ち受けてる彼方で

二人を隠したこの街に
誰も知らない雪が降っていた
君は僕の胸に刻まれた
一番深い傷跡のようで

君が笑うこの世界の歌
取り戻すよ
≪それは小さな光のような 歌詞より抜粋≫
----------------

またこの曲は、さユりのデビュー曲『ミカヅキ』の「その先」が描かれた曲とも言われています。

「フラレガイガール」


RADWIMPSの野田洋次郎さんが、楽曲提供とプロデュースをした曲。曲は完成していたが、「この曲を歌う歌い手は自分ではない」と思っていた野田さん。しばらくの間、歌い手を探していたそうです。

たまたま隣のレコーディングスタジオにいたさユりから貰ったCDを聴いた野田さんは、「フラレガイガールは彼女の声で歌われるべきだ」と確信してプロデュースが決まりました。

恋人に突然別れを告げられた、女性の怒りや悲しみ。そしてそこから前を向いていこうとする心情の変化がリアルに表現されています。



1stアルバム「ミカヅキの航海」


2017年5月17日に、さユりの1stアルバム『ミカヅキの航海』がリリースされました。

このアルバムでは自身を「欠けた三日月」=「ミカヅキ」と名乗り、過去の後悔を乗り越えて未来へと飛び立っていこうという想いが込められています。

アルバムがリリースされると、オリコンデイリーアルバムランキングで1位を獲得!週間アルバムランキングでは3位に入りました。今回はアルバムの中から1曲ご紹介!

「十億年」


この曲はさユりがライブで歌っていて、それを聴いてくれている人がいるという光景を意識しながら作った曲とのこと。

人生には楽しいことだけではなく、辛いこともあります。どんな経験があってもライブで幸せを共有できる、その出逢いを祝福したいという思いで作られました。

----------------
巨大な不安と戦ってやっと出会えたんだ
偉大だ、綺麗なものばっかりでさ
寂しくなって
水を掻いた ヒビを描いた

欠いた何か探していた
この向こうには ねぇ?何が、あるのかな
この時代でこの場所で 何ができるだろう
≪十億年 歌詞より抜粋≫
----------------

2次元と3次元に存在する新次元アーティスト・さユりの今後に目が離せない!

2018年12月5日にリリースされた『レイメイ』は、MY FIRST STORYとコラボした楽曲。アニメ「ゴールデンカムイ」の第二期OPに起用されました。

この他にも数々のアーティストに楽曲提供をしている澤野弘之さんのアルバムに、ゲストボーカルとして参加。その楽曲『ME & CREED』が、アプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」の主題歌に決定!

様々なアーティストたちとコラボして、ますます進化していくさユりの活躍に目が離せません!

▷酸欠少女さユりTwitter(@taltalasuka)

TEXT あるこ

人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く”酸欠世代”の象徴としてアコギをかき鳴らしながら歌う、10 代〜20 代の男女を中心に絶大な人気を誇る、2.5 次元パラレルシンガーソングライター。 Sg「ミカヅキ」でメジャーデビュー。 その荒削りな美しさが絶大な支持を受···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

10-FEETの定番曲『蜃気楼』が持つ…

悲しみを分かち合う音楽を奏でる Kin…