1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. saji
  6. sajiの新曲、明日の自分は「ずっと」未定。だから「きっと」…。歌詞の向こうにある希望。

【インタビュー】sajiの新曲、明日の自分は「ずっと」未定。だから「きっと」…。歌詞の向こうにある希望。 (2/2)


曲の中に必ず入れること

──曲作りに対して、他にポリシーは? 

ヨシダ:100自分が出来ることがあった場合、100は出さない。どういう意味なのかというと、今の自分にとっての100っていうのは、昔の自分にとっての1000かもしれないじゃないですか。例えば、ユタ二くんのギターが10年前より上手くなってて「俺、こんなにうまくなりました」ってテロテロテロテロ(←早弾きやライトハンドを表現している)してるのと、昔の自分が「あ、俺でもこれ弾けるかもしれない」って思うのとどっちがいいかっていう。僕は絶対後者で。俺でも出来るかもしれない、僕でもやれるかもしれないっていうのを曲の中に残すようにしてますね。ベーシックのデモの段階から、そこはすごく考えますね。


──なるほど。最初に話した「転機」のきっかけになったらいいなって要素を残す。

ヨシダ:まぁ、そうですね。


──じゃあ、ヴォーカルアプローチに関してはどうです?

ヨシダ:そこはちょっとまた難しい部分で。歌っていけば歌っていくほど、技術も上がってくるので。フェイクを入れるとかね、出来るようになる。


──はい。ここ昨今、音楽シーン全体的に、フェイク流行りの感がありますよね。

ヨシダ:ですよね。で、僕も、まずはそうやって歌ってみるんですけど、次に削る作業に入るんです。で、ディレクターに聞くんですよね、「これフェイクある方がいいのか、無い方がいいのか」って。で、みんなが「いいんじゃない?」っていいなら残しますし、いらないって言われたら削ります。『ツバサ』も歌う時いろいろやりましたけど、そこから削っていきましたね。僕自身、カラオケいくとただのフェイク野郎なんで。永遠とフェイクしてますから(笑)。

ヨシダチャレンジの行方


──「飛べるさ どこまでも君は」からのヴォーカルアプローチは、ファルセットぎりぎり手前の地声……ですかね? これは偶然の産物だったのか、意識してそうしたのか、伺いたかったんです。

ヨシダ:そこもねぇ……いろいろ歌ってみたんですけど、正直暴露しちゃうと、あの歌い方じゃないと、ちゃんと出ない。キーが高くて出ないんです。女性よりも高いキーなんですよね。僕のキーって、男性にしては高い方なんですけど、まぁ、もっと高いわけです。でも、自分が歌えるかどうか、声が出るのかどうかおいといて、あのメロディを作っちゃった。で、歌詞も出来ちゃった。作りながら途中から「これ、歌えるのかしら、俺」とか思って。


──えー!(笑)。自分が歌えないかもしれないってわかりながらも、曲は完成させるんだ。

ヨシダ:はい、そういう曲、何曲かあるんですよね。最近、これを「ヨシダチャレンジ」って呼んでるんですけど。で、「ヨシダチャレンジ」やって、歌えなかったらいい曲でもボツにするんですよ。これ、今の自分じゃ出ないわ、今の自分じゃ伝えられない、だからボツって。「ツバサ」は「ヨシダチャレンジ」やったら、出る歌い方ひとつだけあったから、これでやろう、と。でも、正直に言うと……ライブで超やりたくないですよ(一同大爆笑)。


──しかもファルセットじゃないですよね?

ヨシダ:いや、それみんな言うんですけど、あれ、ファルセットなんですよ。


──えぇええええ。そうなんだ。地声のギリギリかと思った。すごいですね。ファルセットだとしたら、ファルセットの概念が変わるくらいの歌になってますよ。

ヨシダ:たまたまテイクが良かったんですよ(一同笑)

カップリングもチャレンジ

──カップリングの「猫と花火」はピアノが印象的なミディアムバラード。

ヨシダ:こう言ったらなんだけど、ありふれたカップルの曲なんですね。僕も含めて、日常の中での恋愛、別れが曲のテーマですね。僕の中での挑戦のひとつとして、バンドっぽくないポップスをやろう、と。ピアノ始まりだし、ドラムも生で録ってサンプリングしてちょっと加工したり。で、リズムもちょっとゆるくて。歌もルーズで。わざと全部、あまりバンドやらない違うことをやったって感じです。



──「まだ何者でもない君へ」は、ビックバンドジャズのようなミディアムポップ。

ヨシダ:僕らの楽曲の中に「シリアル」ってスウィングポップの曲があるんですけど、そういう感じの曲をもう1曲作ろう、と。曲の主人公は、大人になってしまったあるサラリーマンというか。僕含めて、世の中うまくいっていない人の方が多いと思うんですよね。

この主人公は、例にもれず、昔は何にでもなれると思っていたんだけど、なんだかんだあって、大人になってつまんない人間になってしまった。そんな彼をみて「つまんない人間になったな」と思っている人もいれば「それが大人になることなんだ」って言う人もいる。よくいるじゃないですか「俺も昔は、お前みたいに……そんなこと言ってたけど、言うほど甘くねぇぞ」みたいに言ってる人。だから結構、主人公は年齢いってるんですよ。



──後輩にくだをまくくらいは、歳をとった人、ということですね。

ヨシダ:そうそう。でも、ふと「昔の自分どうだったっけなぁ」と思い返した時に、どう思うのか、と。歌詞にも書いてますけど、いろいろな(自分の人生の)時代を思い出した時に、自分で勝手に自分に折り合いつけて生きて来たけど、今からでもひょっとしたら自分次第で夢持ってもいいんじゃないか、と。今の自分を捨てなくても、夢を持つことは出来るんじゃないか、と。サラリーマンやりながら小説家を目指して賞取ってデビューとか、結構いるじゃないですか。

セカンドチャンスじゃないけど、そういう機会がいっぱいある。バンドの中でもそういうバンドもいるし。いくつになっても自分を持ち続けていれば、日の目を見る日が来るかもしれない。この曲はだから僕にも言えることなんですね。何度でもチャレンジは出来るし、夢は夢として叶えたいって思いながら、生活も出来るっていう。


──生活しながら、自分の可能性をずっと探っていても、恥ずかしくない時代というか。それを内緒にしなくていい時代になったというのもありますね。だから歌詞にすごく、リアリティーがある。

ヨシダ:そうですね。若い子にも聴いて欲しいですし、夢を諦めかけている人とか、大人にならいといけないって悩んでる人とかにも聴いて欲しい。いろんな世代に聴いて欲しいって願いも込めて「まだ何者でもない君へ」ってタイトルにしました。



TEXT 伊藤亜希
PHOTO 片山拓

Vo./Gt. ヨシダタクミ Gt. ユタニシンヤ Ba. ヤマザキヨシミツ 【saji-サジ-とは】 北海道出身の3人組バンド。2010年に「phatmans after school」を結成。 全楽曲の作詞・作曲を手掛けるVo.ヨシダタクミの透き通る歌声、圧倒的で叙情美溢れるメロディーライン、 そして葛藤や憂いをスト···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

saji 最新情報

ライブ情報

“saji”改名後初のワンマンライブ
「 saji 1st Live 2019 〜尾羽打チ枯レズ飛翔ケリ〜」
日時:2019年12月18日(水)
[OPEN]18:15 /[START]19:00

会場:代官山UNIT
チケット料金:¥3,800(税込)/ オールスタンディング

※整理番号付き
※入場時ドリンク代¥600 別途必要
※6歳以上チケット必要、6歳未満入場不可

お問い合わせ先:
HOT STUFF PROMOTION:03-5720-9999(平日12:00~18:00)

【オフィシャルサイト最速先行】
本公演のチケットのオフィシャルサイト最速先行予約が決定。
受付サイトの注意事項をご確認の上、お申し込みください。

受付期間:2019年9月20日(金)12:00~10月6日(日)23:59
▷受付URL

※お一人様4枚まで
※PC、スマートフォンからの受付となります。
※本受付は[先着順]でなく[抽選]です。
※会場及びお問い合わせ先への、オフィシャルサイト最速先行のお申し込み方法や抽選に関するお問い合わせはご遠慮ください。

イベント情報

New Single 「ツバサ」リリースイベント開催決定!
・10/23(水)東京
・10/26(土)名古屋
・10/27(日)大阪

リリース情報

2019年10月23日 リリース
ニューシングル『ツバサ』
※「あひるの空」EDテーマ
発売元:キングレコード


★初回限定盤
価格:1,500円(税抜)
品番:KICM-91985
形態:CD+DVD


★通常盤
価格:1,200円(税抜)
品番:KICM-1986
形態:CD ONLY

【CD 収録内容】
M1:ツバサ(TVアニメ「あひるの空」エンディングテーマ)
M2:猫と花火
M3:まだ何者でもない君へ ※M3については通常盤のみの収録となります。

【DVD 収録内容】 ※初回限定盤のみ
◆「ツバサ」MUSIC VIDEO
◆「ツバサ」MUSIC VIDEO -another edit ver.-
◆“saji” Recording Document

8月28日(水)より「saji-サジ-」の10月23日(水)発売のNew Single『ツバサ』収録曲「ツバサ」が各音楽配信サイトにて配信スタートしました。

【配信サイト】
<サブスクリプション>
▷Apple Music

▷AWA

▷Google Play Music

▷KKBOX

▷LINE MUSIC

▷Spotify

▷YouTube Music

▷Amazon Music


<ダウンロード>
▷レコチョク

▷iTunes Store

▷mora

▷animelo mix

▷ドワンゴジェイピー

saji Profile

Vo./Gt. ヨシダタクミ
Gt. ユタニシンヤ
Ba. ヤマザキヨシミツ

【saji-サジ-とは】
北海道出身の3人組バンド。2010年に「phatmans after school」を結成。

全楽曲の作詞・作曲を手掛けるVo.ヨシダタクミの透き通る歌声、圧倒的で叙情美溢れるメロディーライン、 そして葛藤や憂いをストレートに表現した歌詞に、Gt.ユタニシンヤ、Ba.ヤマザキヨシミツのパフォーマンスが相乗効果を生み出し、男女問わず若者世代を中心に支持されている。

2019年、バンド名を「saji」に改名し、キングレコードよりリリースされるテレビ東京系TVアニメ「あひるの空」エンディング主題歌「ツバサ」を携え、さらに高く飛翔する!

なお、Vo.ヨシダタクミは自身の全楽曲の作詞作曲のみならず、数々の楽曲提供も行っている。

《ヨシダタクミ提供楽曲》
・水樹奈々...絶対的幸福論(作詞・作曲)/レイジーシンドローム(作詞・作曲)/恋層花火(作詞・作曲) /Rock Ride Riot(作詞・作曲)/STAND UP!(作詞・作曲)/Born Free(作詞)
・Kis-My-Ft2...君を大好きだ(作曲)
・小倉唯...ライアーシープ(作詞・作曲) ・まなみのりさ...waveびーと!(作詞・作曲)/アイコトバ(作詞・作曲)/ココロト(作詞・作曲) ・MICHI...超常性ワールド(作詞・作曲)
・上野優華...ユキノウタ(作詞・作曲)
・CODE-V...VERY WANNA BABE(作詞)
...ほか多数提供

▷official web site
▷Twitter : @saji_official
▷official Instagram : @saji_staff
▷あひるの空 オフィシャルサイト

美しく儚い新選組奇譚「薄桜鬼」!隊士達…

天気のせい?暑さのせい?永遠の夏の名曲…