1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. PUFFY
  6. PUFFYのその後を予見していた『アジアの純真』

【歌詞コラム】PUFFYのその後を予見していた『アジアの純真』

このアーティストの関連記事をチェック

ビールCMの軽音ズが歌うのはPUFFY…

PUFFYのその後を予見していた『アジアの純真』

公開日:2015年11月24日 更新日:2017年5月30日


この記事の目次
  1. ・PUFFY 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・ライブ情報
  4. ・PUFFY Profile



1996年発売、PUFFYのデビュー曲にして代表曲『アジアの純真』。ミリオンヒットを記録した楽曲です。


井上陽水作詞、奥田民生作曲という豪華な布陣のこの曲。アジアや世界を旅する気持ちの高揚感を歌っています。これは同時にアーティストとしてデビューする高揚感につながっているんですね。

-----
白のパンダを どれでも 全部 並べて
ピュアなハートが 夜空で 弾け飛びそうに 輝いている 火花のように

-----

サビに出てくる「白のパンダ」。パンダという人気のある動物。それがさらに白黒ならぬ白が目立つ状態、つまり明るい状態なんですね。これはデビューの高揚感の象徴。

2015年11月リリースの曲『パフィピポ山』では「白のパンダもよく見りゃ茶色」と歌っています。

年を重ねた証ですね。この『パフィピポ山』も今のPUFFYだからこそ出せる魅力がつまっています。


「ピュアなハートが 夜空で 弾け飛びそうに 輝いている」という歌詞はデビュー曲ならでは。デビューしたてのピュアなアーティストの状態を指しています。

-----
北京 ベルリン ダブリン リベリア
束になって 輪になって
イラン アフガン 聴かせて バラライカ

-----

印象的な冒頭の歌詞。この曲のタイトルは『アジアの純真』ですが、実は歌詞はドイツの首都ベルリンやアイルランドの首都ダブリン、西アフリカのリベリア共和国などアジアではないんですね。バラライカもロシアの弦楽器です。しかし言葉の響きでアリにしてしまっています。アリというよりも、アジア人のPUFFYが世界をまたにかける歌詞になっています。

-----
火山 マゼラン シャンハイ マラリア
夜になって 熱が出て
多分 ホンコン 瞬く 熱帯夜

-----

こちらの歌詞も印象的。「夜になって 熱が出て」は、香港の瞬く熱帯夜を表しているのはもちろん、火山も指しているし、感染症のマラリアも指しています。危険と興奮が隣り合わせな状態を示しているんですね。

まさに「開けドアー」の号令と共に世界を旅する歌詞。そしてこの世界をまたにかける歌詞が予見していたのか、PUFFYはアジアどころかアメリカにまで進出します。なんと2004年にはアメリカのテレビ局でアニメが制作されました。『ハイ!ハイ! パフィー・アミユミ』のタイトルでPUFFYをモデルにしたテレビアニメシリーズ。日本人アーティストとしては異例中の異例ですね。

“ピュアなハートが 世界を 飾り付けそうに 輝いている”

まさにこの歌詞どおりに世界を飾り付けていったPUFFY。『アジアの純真』とは、ピュアなハートを持ったPUFFYそのもののことだったんですね。子育てしながら2016年には20周年をむかえるPUFFY。アジアの純真の二人は今なお輝いています。


TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

大貫亜美と吉村由美の二人組ユニットである。1996年に「アジアの純真」でデビューした。この曲は作詞を井上陽水が書き、作曲は奥田民生が作った。デビューからいきなりミリオンヒットになった。彼女たちの服装や歌い方から【脱力系】と言われていた。そして同年二枚目となるシングル「これが私の生···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

三浦大知とKREVAの友情コラボ曲『Y…

年を重ねるごとに深まる、福原美穂の「優…