1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. ADDICTION
  6. ADDICTION「一歩踏み出す勇気を持ってもらえるように」決意のメジャーデビュー作品

【インタビュー】ADDICTION「一歩踏み出す勇気を持ってもらえるように」決意のメジャーデビュー作品

このアーティストの関連記事をチェック

5人の想いを詰め込んだADDICTIO…

2019年10月30日にメジャーデビューシングル「Further away/Destiny」を発売したばかりのダンス&ボーカルグループADDICTIONが、同作品の魅力を語ってくれました。

公開日:2019年11月5日 更新日:2019年12月5日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・誰しもがメジャーデビューは出来ることではないからこそ…。
  2. ・K.B作詞の「Further away」
  3. ・MYUJI作詞・振付の「Destiny」
  4. ・TAKT作詞の「Jack pot」
  5. ・ASCH作詞の「Third eye」
  6. ・メンバー全員で書いた「Rainbow」
  7. ・メジャーデビュー作は全部の歌が異なるジャンル
  8. ・ADDICTION 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ADDICTION Profile

誰しもがメジャーデビューは出来ることではないからこそ…。

──ついにメジャーデビュー、環境面や気持ちの中にもいろんな変化は出ています?

K.B:正直、実感はまだないです。

MYUJI:みなさんに「おめでとう」と言っていただけるたびに「良かったな」と感じていますし、誰しもがメジャーデビュー出来ることではないからこそ、これからさらに頑張っていこうという意識が強くなりました。


──ここへ至るまでにも長い道のりでしたからね。

MYUJI:僕とK.Bは、ここに至るまで5年以上ADDICTIONとしての活動を続けています。その間にメンバーが次々と卒業し、2人だけになった経験も経ての今の5人なんですけど。確かに、いろんなことはありました。だけど、今のメンバーと僕らを支えてくれるスタッフチームがいたからこそ僕たちはここまでこれたと思ってまして、今こうしてたくさんのファンの方々に支えられている環境を、とても大切にしたいなと思っています。


── 両A面シングル「Further away/Destiny」には、今の5人のリアルな想いはもちろん、ADDICTIONの持つ2つの表情を詰め込みました。

K.B:今回は初めてのWタイトル作品ということもあって、あえて異なる表情を示したうえで、両方に僕らのリアルな想いを詰め込みました。シングル3-TYPEに収録した5曲すべてを今の僕たち自身で作詞も手がけ、僕らの言葉でメジャーデビューとなるシングル作品の中身を作れたことに意味があるなと思っています。



──すべての楽曲の作詞を手がけたいと思っていた自分たちがいた訳ですね。

K.B:そうです。僕らの想いを音楽というツールを通して届け、少しでもそれが伝わり、パワーに変えられたらなという想いで5人とも音楽活動をしてまして、メジャーデビューシングルでそれを形に出来たことで、未来へ向けてもっともっといろいろ出来る希望にもなりました。

K.B作詞の「Further away」

──ここからは1曲ごとに込めた想いを語っていただければと思います。「Further away」の作詞を担当したのがK.Bさんですね。

K.B:メジャーデビューまでの5年以上の歳月は、ADDICTIONにとって本当に遠い道のりでした。正直、メジャーデビューまで辿り着けるかなと不安に思う日々もありまして、本当に苦労の多かった活動でしたが、何時だってTRIP(ファン)たちに応援していただいて、TRIPのみなさんに支えてもらえたおかげで、こうやってメジャーデビュー出来たのは間違いないことです。

だからこそメジャーとして最初に出す楽曲は、「僕らがみなさんの背中を押せる歌」にしたいといった想いがあって、それで「Further away」の歌詞を書きました。みなさんが学校や職場で大変な想いを感じているときに、「Further away」を聞き「もうちょっと頑張ってみようかな」「今は気分が乗らないけど。でも、もう一歩だけ踏み出してみよう」と思っていただけたら嬉しいです。


──「Further away」のMVも、とても爽やかな表情を持ってみなさんが映ってましたね。観ていて一緒に未来へ向かって羽ばたいていける気持ちになれました。

▲ADDICTION 『Further away』MV

MYUJI:頑張って爽やかな僕たちを映し出しました(笑)。「Further away」も「Destiny」のMVも、最後にサプライズなオチが用意されているんですけど。僕ら、本当に何も聞かされてない状態での内容だったんです。あの表情やリアクションは本気で仕掛けられてのものだよね (笑)

K.B:ほんと、ビックリだったよね。

MYUJI:とくに「Destiny」は、格好いい楽曲でありMVなんですけど。まさか、最後にASCHが○○して出てくるとは…。

ASCH:撮影前日に「明日○○をしてくれ」とプロデューサーの方に言われまして、「あっ、わかりました」とすぐに了解。「ただし、メンバーには一切内緒で」という事で、ずっと口には出さずに「Destiny」の撮影に挑んでました。

じつは、「Destiny」の最後の撮影がメンバーのソロパートだったんですが、僕はひと足お先に撮影を済ませ、○○のための準備に入りました。その間に各メンバーがソロカットを撮っていたんですけど、その着替えもメンバーの控室やメイクルームを使うとバレるから、ロケバスを借りて、そこで着替えをして…。

MYUJI:最後、なぜかASCHを抜いた4人で「お疲れさまでした」と挨拶してるから、「あれっ、ASCHは…」と思っていたら○○姿で乱入してきて(笑)。

▲ADDICTION 『Destiny』MV


──あれは、なかなか出来ない格好ですよね。

ASCH:あっ、僕はぜんぜん抵抗なかったですよ。逆に、着た瞬間「あれっ、こっちもイケるな」と(笑)

K.B:足がめっちゃ綺麗なんだよね。

ASCH:そうなんです。自分の足の綺麗さに気づけたので(笑)。そこは見どころです(笑)

MYUJI作詞・振付の「Destiny」


MYUJI:「Destiny」は、僕が歌詞と振り付けを担当させていただきました。「Further away」とは、まったく違ったタイプの曲。僕たちADDICTIONのメンバーと音楽との関係は切っても切れないもの。僕たちは音楽をやり続けてないと生きていけない人たちだからこそ、その想いを込め、音楽を女性にたとえ、セクシーでクールなイメージの歌詞や楽曲へと仕上げました。


──激しい攻めな表情も見せておきたかったわけですね。

MYUJI:そうです。「Further away」が爽やかな曲調だったので、「Destiny」は対比として、すごく格好よくバリバリに踊るダンス曲にしたいなと思って。振り付けも激しめに付けまして、これまでのADDICTIONナンバーの中でも一番激しさを持って表現できたと思っています。

正直、振りはこれまでのADDICTIONナンバーの中でも一番体力を使います。途中「引力」というワードが出てくるところとかは、みんなが引っ張られたりするようなダンスもあり、そこも見どころです。



──「Destiny」からは、MYUJIさんのラップも強烈に響いてきます。

MYUJI:格好いい系のラップで攻めてみました。


──ADDICTIONとしてはラップも魅力の一つにしていきたいところだ。

MYUJI:そうですね。僕がラップのリリックを書きながらライムしていく中で「良いな」と思うところは、曲のメロディの歌詞よりもたくさんの言葉を込めていけるということ。より細かく自分の思っていることを伝えられますし、自分の言葉でストレートにラップを書けるので、僕がどんな想いを持っているのかをラップを通して感じてもらえたら嬉しいです。

次ページ : TAKT作詞の「Jack pot」

日本国内外でも着実にファンが急上昇中のADDICTION。インドネシアで国民的番組「SCTV Inbox」の出演や、毎年30万人の観客が訪れる日本イベント「ennichisai(縁日祭)」、に日本人ダンス&ボーカルグループとして3年連続出演を果たし、数万人の熱い視線が見守る中、ダイナミックなライブステージを···

心震わすサバイバルアニメ!「7SEED…

もはやドラマ?バービーボーイズ「負ける…