1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 謎の麻薬と未解決事件を追う麻薬取締官「スタンドマイヒーローズ」の魅力とは

【特集】謎の麻薬と未解決事件を追う麻薬取締官「スタンドマイヒーローズ」の魅力とは

2019年10月からアニメ放送中の『スタンドマイヒーローズ』。独立捜査機関のスカウト役に任命された「薬効体質」を持つ新人マトリが、未解決事件に巻き込まれていくサスペンスストーリーです。今回は登場キャラクターやアニメ主題歌の魅力を紹介します。

公開日:2020年1月1日 更新日:2020年1月4日


この記事の目次
  1. ・アニメの原作、スマホ向けアプリゲーム「スタンドマイヒーローズ」とは
  2. ・薬物絡みの未解決事件を追う麻薬取締官が舞台
  3. ・麻薬取締官、刑事、情報屋、著名人など事件に関わるキャラクターたち
  4. ・緊張感と疾走感溢れるOP「Thought I knew ft.ra’z,Hayes」
  5. ・EDはしっとりしたジャズ「Precious My Heroes」
  6. ・「スタンドマイヒーローズ」の劇中音楽はfos capture planが担当
  7. ・泉たち麻薬取締部は真相に辿り着けるのか
TOP画像引用元 (Amazon)

アニメの原作、スマホ向けアプリゲーム「スタンドマイヒーローズ」とは

画像引用元 (Amazon)

「スタンドマイヒーローズ」は株式会社colyより配信されている女性向けスマホ向けゲームです。

魅力的な男性キャラクターと豪華声優によるボイスが好評で、女性を中心に人気を集めています。

略称は『スタマイ』。アニメは2019年10月から放送開始されています。

薬物絡みの未解決事件を追う麻薬取締官が舞台

画像引用元 (Amazon)

新人麻薬取締官(通称マトリ)の泉玲は、薬物絡みの事件を専門とする独立捜査機関「スタンド」のスカウト役に任命されます。

スタンドの候補者に選出されているのは、麻薬取締官や刑事、情報屋、著名人、名家と様々です。

そして、主人公・泉はスタンド候補者たちのスカウトをしていくうちに、謎の麻薬「プラス」と15年前に起きた未解決事件に足を踏み入れていくのです。

「プラス」と15年前に起きた未解決事件の繋がりとは何なのか、進んでいくうちに真相が明らかになっていきます。

麻薬取締官、刑事、情報屋、著名人など事件に関わるキャラクターたち

画像引用元 (Amazon)

アニメ『スタンドマイヒーローズ』には厚生労働省や警察、セレブ、著名人など、頭脳優秀で地位のあるイケメンたちが続々と登場します。

それぞれがどのように謎の麻薬「プラス」と15年前の未解決事件に関わっているのでしょうか。

厚生労働省麻薬取締部、通称マトリには青山樹(CV.杉田智和)、今大路峻(CV.浪川大輔)、夏目春(CV.梶裕貴)、関大輔(CV.前野智昭)、渡部悟(CV.鳥海浩輔)、由井孝太郎(CV.花江夏樹)、6人の捜査官が所属しています。

彼らは薬物犯罪の捜査や監視などを行なっており、麻薬取締部のなかでも捜査企画課はとくに優秀な捜査員が選出されているのです。

▲TVアニメ「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」10月放送開始!第1弾PV

そこへ新人マトリとして配属されたのが、「薬効体質」を持つ主人公・泉玲(CV.村井美里)です。

彼女はある日突然、独立捜査機関「スタンド」のスカウト役に任命されてしまいます。

スタンドとは麻薬取締官や刑事、情報屋、著名人、名家など、様々な立場の人間が垣根を越えて薬物絡みの未解決事件を解決していく独立捜査機関。

ちなみに泉が所属しているマトリのエース・青山も候補者として選ばれています。

泉はリストをもとに、スタンドの候補者たちが集まる4つのグループに協力依頼を始めます。

初めに泉が協力依頼をしたのは、殺人や強盗などの凶悪事件を取り扱う警視庁捜査一課でした。

捜査一課には荒木田蒼生(CV.髙塚智人)、朝霧司(CV.柿原徹也)、服部燿(CV.江口拓也)、菅野夏樹(CV.山谷祥生)の4人が所属しています。

▲TVアニメ「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」10月7日放送開始! PV第2弾“スカウト篇”

次が学生時代から繋がりがある4人の御曹司、桧山貴臣(CV.白井悠介)、神楽亜貴(CV.山下誠一郎)、槙慶太(CV.八代拓)、大谷羽鳥(CV.内田雄馬)で構成された情報屋・Revelです。

Revelは政財界や芸能界に太いパイプを持っており、集められない情報はないと言われています。

3つ目は都築兄弟です。兄の都築誠はベストセラーを出す人気小説家を、弟の都築京介は人気若手俳優として活動中です。

彼らには妹がいますが、15年前に起きた薬物絡みの事件が原因で寝たきり状態になっています。

最後が黒い噂が後を絶たない名家・九条家です。大手製薬会社の役員で九条家の次期当主とされている九条壮馬(CV.沢城千春)を中心に、山﨑カナメ(CV.山下大輝)、桐嶋宏弥(CV.中島ヨシキ)、宮瀬豪(CV.梅原裕一郎)、新堂清志(CV.増田俊樹)の5人で構成された謎の集団と言われています。

候補者に選ばれている彼らは15年前に起きた薬物未解決事件と謎の麻薬「プラス」の関係者が多く、彼らがどんな関わりを持っているのかが物語の鍵を握っているのです。

緊張感と疾走感溢れるOP「Thought I knew ft.ra’z,Hayes」


アニメ『スタンドマイヒーローズ』のOPテーマ『Thought I knew ft.ra’z,Hayes』を担当するのは、YVYです。

YVYは作曲家・やまだ豊によるボーカルプロジェクトで、映画『キングダム』など多数の映画やアニメ作品の音楽を手掛けてきました。

2017年に活動拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移して活動をしています。

今回制作したアニメ『スタンドマイヒーローズ』のOPテーマ『Thought I knew ft.ra’z,Hayes』は、LAのアーティストたちとコラボレーションした楽曲です。

回を重ねるごとに増えていく、謎の麻薬「プラス」と15年前の未解決事件の関係者たち。

しかし、それとともに深まっていく謎に迫っていく緊張感を、疾走感溢れるOPテーマで彩っています。

▲TVアニメ「スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH」OP主題歌30秒SPOT公開

EDはしっとりしたジャズ「Precious My Heroes」




続いてEDテーマ『Precious My Heroes』を担当するのは、男性3人組インストゥルメンタルバンド・fox capture planです。

メンバーはピアノ・岸本亮、ベース・カワイヒデヒロ、ドラム・井上司の3人で、略称はfcp。

今回担当した『Precious My Heroes』では、フィーチャリングボーカリストに宮本一粋(みやもと いっすい)を迎えました。

ボーカルを担当した宮本一粋は、二千花(にちか)という音楽ユニットに所属しており、ボーカリストのほかにもナレーションや、役者としても活動しています。

ピアノ・岸本亮が作曲、さらに自身初となる作詞に挑戦しました。

楽曲はアニメのシリアスな内容とは正反対の雰囲気です。

ピアノのセンチメンタルな旋律とベースの重低音、そして宮本一粋の温かく包み込んでくれる歌声が混ざり合って、大人っぽい雰囲気で聴いていて落ち着きます。

「スタンドマイヒーローズ」の劇中音楽はfos capture planが担当

画像引用元 (Amazon)

アニメの劇中音楽はEDテーマに続き、fox capture planが担当しています。

現代版ジャズ・ロックをコンセプトにしているfox capture planは、日本だけでなく海外でも公演を積極的に行なってきました。

フルアルバムも6枚出しており、「CDショップ大賞 ジャズ部門賞」や「JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門」「JAZZ JAPAN AWARD 2015アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門」を獲得しています。

これまでにドラマやアニメの劇中音楽も多数担当しており、代表的な作品としてはドラマ『カルテット』やアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』などがあります。

今回もアニメ『スタンドマイヒーローズ』でも劇中音楽を担当し盛り上げています。

発売は2019年12月18日。主題歌と合わせてお聴きください。

泉たち麻薬取締部は真相に辿り着けるのか

画像引用元 (Amazon)

アニメ放送も終盤へと向かっています。

泉たち麻薬取締部は謎の麻薬「プラス」と15年前の未解決事件の真相に辿り着けるのでしょうか。

はたして誰が本当の黒幕なのか、最後まで見逃さないでくださいね

アニメ公式サイトやTwitterでは、アニメやグッズ、イベントなどの最新情報も更新中です。

また、Instagramのアニメ公式アカウントもあり、アニメの中で渡部悟が差し入れしていたお菓子の情報も公開されています。

気になっていた方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

▷アニメ公式サイト
▷公式Twitter
▷公式インスタグラム

TEXT あるこ

この特集へのレビュー

女性

あお

2020/01/02 22:05

捜査一課のメンバーの菅野夏樹くんが抜けており夏樹くんがCV.山谷祥生さんで服部耀さんのCV.担当ではないです。
耀さんのCV.担当は江口拓也さんです。

女性

UtaTen編集部

2020/01/04 10:31

この度は、記事内の誤りに関してご指摘いただき、誠にありがとうございます。読者の皆様にご迷惑をお掛けしました事を、深くお詫び申し上げます。

ご指摘頂きました箇所は、確認し修正を致しました。

今後ともUtaTenをどうぞよろしくお願い致します。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

社会の中で戦う人の心をつかんで離さない…

南無阿部陀仏が思い出させる青春「若者よ…