1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. あいみょん
  6. あいみょんから今を生きる全ての人へ贈る歌「さよならの今日に」

【歌詞コラム】あいみょんから今を生きる全ての人へ贈る歌「さよならの今日に」

ぎゅっとまとめ
  • あいみょんが2020年2月に配信リリースした「さよならの今日に」
  • 「さよならの今日に」は「news zero」のテーマソングに起用された
  • 不安定な現在の世相にマッチした、メッセージ性の強い一曲

このアーティストの関連記事をチェック

社会の中で戦う人の心をつかんで離さない…

あいみょんが2020年2月に配信リリースした『さよならの今日に』は、日本テレビ系にて放送中の「news zero」のテーマソングとして起用されたことでも話題となりました。現在の世相を反映しながら、どんな時代を生きる人にも普遍的に伝わるメッセージとともに、タイトルの意味、報道番組のテーマソングとしての意義について。歌詞から考察しました。

公開日:2020年3月24日 更新日:2020年3月24日

Column


この記事の目次
  1. ・世相を反映したメッセージ
  2. ・二つの“過去”を描いた歌詞
  3. ・「今日」から「明日」へ、生きるあなたへの応援歌
  4. ・あいみょん Profile

世相を反映したメッセージ


あいみょんが2020年2月に配信リリースした『さよならの今日に』。

この曲は日本テレビ系で放送されている「news zero」のテーマソングに起用されたことでも話題となりました。

様々な事件や社会問題が目まぐるしく行き交う昨今、彼女自身もよくニュースを見ているそうです。

シンガーソングライターであるあいみょんが世相を反映しながら、情緒的に描いたという一曲。

先の見えない不安が付きまとって離れない、そんな今だからこそ聴いてほしいメッセージを歌詞から読み取っていきます。

----------------
泥まみれの過去が
纏わりつく日々だ
鈍くなった足で
ゴールのない山を登る
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

ほの暗い、寂しげなイントロで幕を開ける『さよならの今日に』。

「泥まみれの過去」というフレーズは、日々を懸命に生きる一人一人が抱える辛い思い出を指しているように感じます。

また同時に、世の中の持つ偏見や固定概念を指し、これから未来に向かって進み出そうとしている人の歩みを妨げようとする世相を表す、という二重の意味も受け取れるかもしれません。


----------------
恋い焦がれたこと
夢に起きてまた夢見たこと
これまでを切り取るように
頭の中を巡る
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

どんな時代を生きる人でも、同じように夢を見ます。

内容は違えど、夢に向かって努力し進んでいく姿は変わらないのだと思います。

「夢」と言うとたいそうなもののように思えてしまいますが「明日も変わらず平和に過ごしたい」といったように平穏を願う思いも「夢」の一つなのではないでしょうか。

そんな平穏を願う中で『さよならの今日に』では、切り捨てられてしまったものたちの存在を確認するようなフレーズが続いていきます。

二つの“過去”を描いた歌詞


----------------
明日が来ることは解る
昨日が戻らないのも知ってる
できれば やり直したいけれど
切り捨てた何かで今があるなら
「もう一度」だなんて
そんな我儘 言わないでおくけどな
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

前に進むために諦めてきた夢、切り捨ててきた過去。仕方ないと解っていながら、今はもう手の届かない過去に思いを馳せてしまうこともあります。

”過去の出来事が積み重なって今がある。”

”過去の思い出が今の自分を作っている。”

わかっていても、実感を持てないまま焦燥感だけが増幅していくこともあるかもしれません。

----------------
それでもどこかで今も求めているものがある
不滅のロックスター
永遠のキングは
明日をどう生きただろうか
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

過去に囚われ、切り捨ててきたものたちに哀愁を感じながらも、まだ見ぬ未来に向かって進もうとする思いがあります。

それを今でも切り捨てられずにいるから、何度も這い上がり立ち上がることができるのかもしれません。

そんなふうにして、今を生きる人たちの背中を押すのが、輝かしい過去を作ってきたスターたちの生き様だと『さよならの今日に』で歌っているのでしょう。

「今日」から「明日」へ、生きるあなたへの応援歌


----------------
吹く風にまかせ
目を閉じて踊れ
甘いカクテル色の空を仰げ
そんな声が聞こえる
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

自分自身の失敗や思い出が、今の自分を作っているのだと実感することは難しいことかもしれません。

しかし、これまで多くの人が作り上げてきた過去の上に、今生きる私達が立っていることは変えようのない事実です。

過去の積み重ねで、今がある。

顔も名前も知らないような大勢の過去が、今の私達を支えているのだと、そんな思いが伝わるフレーズになっています。

----------------
切り捨てた何かを拾い集めても
もう二度と戻る事はないと
解っているのにな
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

『さよならの今日に』の歌詞では、二つの「過去」について描かれています。

一つは、今の世の中を作り上げてきた先人たちの「過去」。

もう一つは、今の自分を作り上げてきた、自分がこれまで生きてきた「過去」です。

『さよならの今日に』というタイトルからは、今の自分を作り上げてきた、もう触れることができない「過去」に「さよなら」をして、明日からも未来を強く生きていこうとする人の「今日」に向けた一曲、という意味を受け取ることもできるのではないでしょうか。


----------------
不滅のロックスター
永遠のキングは
明日をどう生きただろうか
伝説のプロボクサー
謎に満ちたあいつは
明日をどう乗り越えたかな
≪さよならの今日に 歌詞より抜粋≫
----------------

明日、世界がどうなっているか分からない、というと少し大袈裟に感じるかもしれませんが、そのくらい不安定な日々が続いています。

そんな中で、未来に向かって進もうとする人の支えになるのが、過去の先人たちの生き様なのだとしたら、今日を生きる私達には「今日」を「過去」に伝える義務があるように思います。

今日を生きる私たちが過去に支えられているように、未来を生きる誰かを支える今日を積み重ねていくことが求まられているのかもしれません。

報道番組である「news zero」のテーマソングとなった『さよならの今日に』。

この曲が伝えるメッセージは「今日」を知り「明日」に向かって生きていく、全ての人に向けた力強い応援歌となるのではないでしょうか。


TEXT DĀ

あいみょんは1995年3月6日生まれ兵庫県西宮市出身の女性シンガーソングライター。アーティスト名である”あいみょん”は友達に付けられたあだ名である。祖母や音楽業界で勤務していた父の影響により中学生の頃から作詞作曲を始める。所属事務所はエンズエンターテイメント、所属レーベルはWARNER MUSI···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

YouTube配信のAIバトル!「ゼノ…

若者に大人気のバンド「グッドモーニング…