1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 星野源
  6. 星野源がSNSに大旋風「うちで踊ろう」ブームを支える、歌詞の魅力を徹底解説

【歌詞コラム】星野源がSNSに大旋風「うちで踊ろう」ブームを支える、歌詞の魅力を徹底解説

ぎゅっとまとめ
  • SNSで話題の『うちで踊ろう』ブームを支える歌詞の魅力を徹底解説
  • まさに星野源が手本を示した「つながり合う」ことの素晴らしさ
  • 楽曲を締めくくるメッセージが、聴き手の心を揺さぶり続ける

このアーティストの関連記事をチェック

雪のように儚い切ない恋愛に思わず涙。星…

自身のSNSで発表した新曲『うちで踊ろう』が数多くの著名人にカバーされ、爆発的なブームを作り出した星野源。この記事では、その歌詞に注目し、楽曲が持つテーマや心温まるメッセージのひとつひとつを解説します。

公開日:2020年4月17日 更新日:2020年5月19日


この記事の目次 []
  1. ・「うち」で楽しく過ごそう!
  2. ・それぞれの場所で重なり合い、想いは広がっていく
  3. ・「生きてまた会おう」星野源の静かな祈り
  4. ・星野源 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・星野源 Profile

「うち」で楽しく過ごそう!


こんな一節で始まるのが、星野源『うちで踊ろう』。

2020年4月、自宅で撮影した弾き語り動画を自身のTwitterやInstagramに投稿。

その動画とミュージシャンや芸能人が歌、ダンス、楽器など様々な形でコラボレーションしSNS上でシェアするムーブメントが一躍話題となりました。

海外にもその波は広がり『Dancing On The Inside』つまり外ではなく「うち」で踊ろうという意味の英題と共に世界中の人を勇気づけています。

歌詞に注目してみると、いかにも星野源の楽曲らしい優しく温かな日本語が紡がれているのがわかります。

----------------
たまに重なり合うよな 僕ら
扉閉じれば 明日が生まれるなら
遊ぼう 一緒に
≪うちで踊ろう 歌詞より抜粋≫
----------------

「たまに重なり合うような 僕ら」という歌い出し。それぞれが何気ない日常を送りながら、時には関わり合うこともある。

そんな他人との絶妙な距離感を言い表した表現でしょうか。

続く一節では「扉閉じれば」つまり「家に帰れば」明日が生まれる、と歌っています。

家に帰って休息をとってリラックスする。そうやって未来をゆっくりと待ってみよう、というなんとも優しい表現からは、楽曲の持つアットホームな魅力が存分に伝わってきますね。

それぞれの場所で重なり合い、想いは広がっていく


----------------
うちで踊ろう ひとり踊ろう
変わらぬ鼓動 弾ませろよ
生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で
重なり合うよ
≪うちで踊ろう 歌詞より抜粋≫
----------------

サビで歌われるのは、こんな歌詞。

楽曲の持つテーマである「うちで」楽しく過ごそう、というメッセージをポップなメロディに載せて聴き手に届けます。

たとえ外に繰り出して仲間たちとワイワイ遊んでも、あるいはひとりで踊っていても、鼓動の弾みは変わらない。

どちらも素晴らしく楽しいことなのだから今はうちで踊ろう、というポジティブな感情が伝わってきますね。

また「僕らそれぞれの場所で重なり合う」という表現もポイントのひとつ。

家にとどまっているということは一見すると他人と断絶された寂しい日々を送っていることのようにも見えます。

しかし、星野源自身がSNS上でやって見せたように、ネットを通じて仲間とつながっていくことができるのだとたくさんの人を勇気づけています。

「生きてまた会おう」星野源の静かな祈り


----------------
うちで歌おう 悲しみの向こう
全ての歌で 手を繋ごう
生きてまた会おう 僕らそれぞれの場所で
重なり合えそうだ
≪うちで踊ろう 歌詞より抜粋≫
----------------

二回目のサビでは「悲しみの向こう」という表現が印象的に使われています。

テレビやネットでは、目を覆いたくなるような惨事の様子や暗い出来事がニュースとなって休むまもなく報道され続けています。

多くの人が悲しみ、落ち込み、そして寂しく思っているのではないでしょうか。

そんな状況だからこそ、歌を聴いた全ての人に「全ての歌で 手を繋ごう」と寄り添うような力強さで語りかけています。

そして楽曲を締めくくるのは「生きてまた会おう」という感動的なメッセージ。

世界中の人が同じ青空のもと笑顔で再会できるように、と願う星野源の祈りが心に深く響きます。

楽曲にあふれる大切なメッセージ。

そしてそれを上質なポップソングに載せて世界に届けようという星野源のマインド。

それを実現してみせるソングライティングセンスの高さが『うちで踊ろう』の完成度を支えています。

今日も何処かで、この歌は人々を勇気づけていることでしょう。


TEXT ヨギ イチロウ

星野源は日本の音楽家、俳優、文筆家。歌手業での所属事務所はアミューズ。俳優業では大人計画に所属している。2003年に舞台「ニンゲン御破算」への参加をきっかけに俳優としてのキャリアを本格的にスタートさせる。2010年に細野晴臣の勧めでソロデビュー。レーベル「デイジーワールド」から1stアル···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

今日もノリノリや!オオサカ・ディビジョ…

深いメッセージ!際立つハイトーンボイス…