1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. FLOW
  6. FLOW「CALLING」の歌詞が深すぎる!タイトルに込めた意味は

【歌詞コラム】FLOW「CALLING」の歌詞が深すぎる!タイトルに込めた意味は

ぎゅっとまとめ
  • 『CALLING』というタイトルに込められた意味
  • ただのアニソンじゃない!聴く人の心に突き刺さる歌詞がすごい!
  • アニソンを超えたFLOWの魅力

このアーティストの関連記事をチェック

再生回数2000万回!世界中で愛される…

『CALLING』は、アニメ「HEROMAN」の主題歌です。これまで数多くのアニソンを手がけてきたFLOWの楽曲は、歌詞の奥深さも大きな魅力。しっかりと聴く人の心に刺さる歌詞の世界を紐解いていきます。

公開日:2020年6月22日 更新日:2020年6月22日


この記事の目次 []
  1. ・アニソンを超えたアニソン
  2. ・呼びかけるのは誰?
  3. ・目に見えない、心に寄り添う物語
  4. ・「君」を待ちわびていた人は?

アニソンを超えたアニソン

『CALLING』は、メジャー19枚目のシングルであり、FLOWにとって10作目のアニメタイアップ曲でもあります。

FLOWは3回にわたって、アニソンに絞ったライブを開催するほど、アニメのタイアップが多いバンド。

これまで数々のアニソンを手がけてきた彼らにとっても『CALLING』は、思い入れの深い曲になったことでしょう。

しかし、FLOWの特徴はただのアニソンで終わらないこと。

アニメの世界に寄り添うだけでなく、きちんとFLOWの音楽やFLOWを表現しているところが、彼らの魅力です。

それではアニメファンだけでなく、多くの人の心に奥深く刺さる『CALLING』の歌詞に迫っていきましょう。


呼びかけるのは誰?


----------------
「この声が聴こえていますか?」
呼んでいる 胸のずっと 奥のところで
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

歌い出しは、まるで語りかけるような歌詞が印象的です。

そっと心を覗かれたような驚きと、不思議な温かさに満ちています。

----------------
どうかひとりぼっちの その隣のもう一人のひとりぼっちでいさせて
だって二人いれば ふたりぼっちさ ほらね もう一人じゃない
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

ひとりぼっちという言葉から連想されるのは、孤独でしょう。誰からも理解されない、誰も味方がいない状態は、とても苦しいものです。

しかし、孤独だと思っていた時に、隣に誰かがいてくれたら、それだけで心強いものです。

それを「もう一人のひとりぼっち」と表現しているところがいいですね。

ひとりぼっちとひとりぼっちなら、一人じゃない。

そんな温かいメッセージが込められているように感じます。


----------------
誰かがそばにいないのが 淋しいわけじゃないんだよ
この痛み誰か気付いてと そんな心がきっと泣いてたんだね
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

ひとりぼっちだから寂しいわけじゃない、というところが深いですね。

心の痛みに気づいて欲しいのに、誰にも気づいてもらえないから寂しいのです。

人知れず心が叫んでいる、その苦しさが、痛いほどに伝わってきます。

心が泣いていることに、本人ですら気づけていない。だから心は難しいのでしょう。

いつのまにか傷ついて悲鳴を上げているその声に、そっと寄り添う歌詞が印象的です。

目に見えない、心に寄り添う物語


----------------
今 際限ない悲しみの 要塞を走り抜けて 君に会いに行くよ
実際 散々探し回っているんだ 遠く聞こえた泣き声に
耳を澄まして
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

「際限ない悲しみの要塞」という表現が秀逸です。

留まることを知らず、沸いてくる悲しみ。

誰にも心を触れさせず、一人で震えている人の救いようのない心を示しているようです。

鉄壁の要塞のような心でも、どこかに突破口があるはず。そう信じて、心の鳴き声に耳を澄ませるのでしょう。

“絶対に見捨てない”という強く温かい決意が感じられますね。

「君」を待ちわびていた人は?


----------------
たったひとつだけのその命は 決して君を離す事はないよ
ただ一人君の命の火は 君を信じて燃えてる
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

2番では「命の火」が登場します。どんなに絶望的な状況でも、生きる希望をなくしてしまっても、たった一つの「命の火」だけは、生きることを望んでいる。

それは”どうか死なないで”という、強い願いのようにも聞こえます。

誰からでもなく、自分自身の心から聞こえる叫び。それが「命の火」ではないでしょうか。

生きたいのに、生きたくない。死にたいのに、死ぬのが怖い。そんな心の葛藤の奥で、人知れず命の火は燃え続けるのです。

----------------
声にならない声も 上げそこねた叫びも
響く深い心の底から こんな所にいたの 見つけたよ
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

このように「僕」はずっと、心の声に耳を澄ませて、その居所を探していました。

「こんなところにいたんだね」と語りかける歌詞は、まるで幼い子供に言い聞かせるようで、胸が温かくなりますね。


----------------
今に崩れ落ちそうな 君が見せた笑顔 この胸痛くて
もう何も言わなくていいよ 繋いだその手だけは 離さないで

今 際限ない悲しみの 要塞を打ち砕いて 君を連れて行くよ
いいかい 全力で走り切るんだ 置いていかれた君が待つ
涙の場所へ
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

ずっと探し求めてきた君の「心」をようやく見つけて、ひとりぼっちだと泣いている「君」のところへ、連れていく場面です。

心と身体がばらばらになってしまった「君」に、心を戻してあげる。そんな歌のように聞こえます。

しかし、実は次の歌詞ですべてがひっくり返ります。

----------------
君を信じて燃えている 僕のところへ
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

「君を信じて燃えている」のは、命の炎です。

----------------
たったひとつだけのその命は 決して君を離す事はないよ
ただ一人君の命の火は 君を信じて燃えてる
≪CALLING 歌詞より抜粋≫
----------------

「ただ一人君の命の火は 君を信じて燃えてる」

もうおわかりですね。

「君」を探していた「僕」こそが命の火だったのです。

ただ待つだけではなく、自分で迎えに行くという発想がさすがです。

いつ消えてしまうかもしれない、命の火。

目には見えないものを擬人化して描くことで、今にも消えてしまいそうな不安を抱えながら「命の火」が、ひとりぼっちの「君」を迎えに行く。

そんなドラマチックな物語を作り上げたKOHSHIのセンスに、目を見張ります。



自分の身体も、自分の心も、自分一人のものではなく、たくさんの人に支えられている。

少なくとも、静かに燃え続ける命の火だけは、自分を信じてくれている。

いつ消えてしまうかもわからない命を必死で燃やしながら、主の生存を願っている命の火は、とても健気ですね。

『CALLING』というタイトルには、助けを呼ぶ主の声と、主の心を探し求める「命の火」の声という、2つの意味があるのではないでしょうか。

そう思うと、

“少しだけ、自分に優しくなってみようか”

“もう少し、生きてみようか”

と、明日からの時間を前向きに見つめられそうですね。

さりげなく寄り添い、生きる勇気を与えてくれる、珠玉の名曲といえるのではないでしょうか。


TEXT 岡野ケイ

FLOWは、KOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)の5人組ミクスチャーロックバンド。所属レーベルはKi/oon Music、所属事務所は株式会社アミューズ。2003年にシングル「ブラスター」でメジャーデビューを果たした。MBS・TBS系アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の初代オープニング···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!…

「耳をすませば」将来への憧れや不安、甘…