1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Mr.Children
  6. あの人の「sign」、見落としていませんか?

【歌詞コラム】あの人の「sign」、見落としていませんか?

付き合ってもう五年目。性格も知り尽くしていて、居心地がいいけど…なんだか物足りない。そんな思いを抱いている方に聴いてほしい曲。それがミスチルの「sign」なんです。

公開日:2016年1月8日 更新日:2018年10月10日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・なんだか物足りない。
  2. ・なんでもない毎日にサインは隠れてる
  3. ・"大切な人"だから送られる
  4. ・「ありがとう」と「ごめん」
  5. ・Sign 歌詞 全文
  6. ・Mr.Children 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・その他発売情報
  9. ・Mr.Children Profile

なんだか物足りない。

付き合って5年が経った。もうお互いの性格も知り尽くしていて、一緒にいると居心地がいい。けれど最近、なんかなんだか、今の関係が物足りない。

本当に小さなことで口論になったり、以前ほど真剣に話をきいてくれないと感じてしまったり。「正直、うまくっていないな…」。そんな思いを抱いている方に聴いてほしいのが、ミスチル「sign」なんです。

あなたは、恋人から発せられるsign(サイン)に、どのくらい気づいていますか?


なんでもない毎日にサインは隠れてる

あれ?今日は何か、声音に元気がないな。
どうしてあの時、曖昧な返事をしたんだろう?>
あ、今すごくいい笑顔で笑った。

本当に他愛もないやりとりを注意深く観察すれば、そうした無数のサインが隠れています。そう、恋人は送り続けているんです。

そんなサインを受け流してしまうのか、それとも拾い上げていくのか。ひとつひとつは些細なことなのかもしれませんが、拾い上げていったほうが、人生はすばらしく深みのあるものになるはずです。正直、めんどくさいかもしれない。

だけど、そんなめんどくさいからこそ愛しく思えるとも言えますよね。

声音に元気がないのは、なにか嫌なことがあったのかも。
それとも体調がわるい?
だったら今日は、明るく振舞って笑わせてみよう
体調に気を付けてあげよう。

そんな風に相手を想い、支え合うって素敵な関係ですね。

"大切な人"だから送られる

"君が見せる仕草 僕に向けられてるサイン
もう何ひとつ見落とさない
そんなこと考えている"
≪Sign/Mr.Children 歌詞 より抜粋≫

恋人の見せる仕草は、あなたに向けられているサインです。見落とさないであげてください。サインに気づいて対応してあげると、恋人は必ず応えてくれます。

「ありがとう」と「ごめん」

「sign」は、2004年のドラマ「オレンジデイズ」の主題歌のために、桜井さんが書き下ろした曲です。憧れの大学生活を絵に描いたようなドラマで、覚えている人も多いのではないでしょうか。

妻夫木くん演じる主人公は、社会福祉心理学を専攻している大学生。大学の構内で、バイオリンを演奏する、柴咲コウ演じるヒロインと出会います。彼女は聴覚を失っており、ふたりは手話で会話します。

劇中で繰り返し使われるのが、「ありがとう」と「ごめん」の手話



"「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら
人恋しさを積み木みたいに乗せてゆく"

「ありがとう」、そして「ごめんね」は、コミュニケーションをする上でとても基本的なこと。毎日の雑事に流されていると、忘れてしまいがちな言葉ですが、今いちど、しっかりと声にだすことを心がけましょう。それを繰り返すことで、相手との信頼関係がより厚いものへと変化していくのです。

"僅かだって明かりが心に灯るなら
大切にしなきゃと 僕らは誓った
めぐり逢った すべてのものから送られるサイン
もう何ひとつ見逃さない
そうやって暮らしてゆこう"

あなたへと向けられたサインは、めぐり逢うすべてのものから送られてきます。

サインを受け取るということは、目の前の出来事を、自分なりに咀嚼して、なんらかのアクションを起こすということ。

恋人でも、家族でもいいです。今、目の前にいるひとと、たくさんお話ししてあげてください。

そして、その人からのサインに気づいてあげてください。ミスチルの「sign」は、そういう大切なことに気づかせてくれる曲です。

Sign 歌詞 全文



TEXT:緑の瞳( http://www.hitomimidori.com/

『ミスチル』こと正式名『Mr.Children(ミスターチルドレン)』は、1989年に結成された4人組人気ロックバンドであり、これまでに『日本レコード大賞』を2度受賞している。 またグループ名は、1989年の結成以前の1985年に、桜井和寿と中川敬輔らが5人組バンド「Beatnik」を立ち上げ、1987年に「THE···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Mr.Children 最新情報

リリース情報


●2019年6月26日 リリース!
Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
LIVE DVD / Blu-ray

★ジャケット仕様
The First-Press Limited Edition “ Double Lenticular ”

★初回生産仕様
スペシャル限定“ジャケット表 1&4 レンチキュラー”& 64p BOOKLET

【収録内容】
01. OPENING
02. SINGLES
03. Monster
04. himawari
05. 幻聴
06. HANABI

07. NOT FOUND
08. 忘れ得ぬ人
09. 花 -Mémento-Mori-
10. addiction
11. Dance Dance Dance
12. ハル

13. and I love you
14. しるし
15. 海にて、心は裸になりたがる
16. 擬態
17. Worlds end
18. 皮膚呼吸

19. here comes my love
20. 風と星とメビウスの輪
21. 秋がくれた切符
22. Your Song
23. END ROLL





●2018年10月3日 リリース!
New Album『重力と呼吸』

価格:2,913円(税別)
品番:TFCC-86659
※ SILVER 3 方背 BOX /28P BOOKLET 付き
※ プレイパス封入(MUSIC + MUSIC VIDEO)有効期限 2019.4.30

【CD 収録曲】
01. Your Song
02. 海にて、心は裸になりたがる
03. SINGLES (テレビ朝日系 木曜ドラマ「ハゲタカ」主題歌)
04. here comes my love (フジテレビ系 木曜劇場「隣の家族は青く見える」主題歌)
05. 箱庭
06. addiction
07. day by day (愛犬クルの物語)
08. 秋がくれた切符
09. himawari (映画「君の膵臓をたべたい」主題歌)
10. 皮膚呼吸

その他発売情報

●Mr.Children 全曲詩集『Your Song』
デビューアルバム『EVERYTHING』から、10月3日発売の最新アルバムの収録曲まで、Mr.Children が26年間に送り出した全ての楽曲の歌詞を収録した全曲詩集を発売!

2018年10月3日 発売
出版社:文藝春秋刊
著者:Mr.Children
定価:2,200円(税抜)
判型:A5判変型(縦140ミリ×横210ミリ)
▷文藝春秋BOOKS ニュースページ

ビールの味で見えてくる大人の裏側、河口…

いきものがかりの『じょいふる』はなぜひ…