1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. ロードオブメジャー
  6. ロードオブメジャー「心絵」は夢に向かう人を鼓舞する名曲!

【歌詞コラム】ロードオブメジャー「心絵」は夢に向かう人を鼓舞する名曲!

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • 『心絵』は4人組バンド『ロードオブメジャー』のメジャーデビューシングル
  • 野球アニメ「メジャー~1stシーズン~」の主題歌に起用された
  • 挫折しても「もう一度頑張ろう」と思えるようなメッセージが歌われている

このアーティストの関連記事をチェック

もう一度見たい…!2019年に復活して…

2000年代のバンドブームを牽引した4人組バンド「ロードオブメジャー」。2年間のインディーズ活動の後、満を持してメジャーデビューシングル『心絵』をリリースしました。アニメ主題歌としても人気を集める楽曲の歌詞を解説していきます。

公開日:2020年10月23日 更新日:2020年10月23日


この記事の目次 []
  1. ・夢を追うすべての人へ!
  2. ・挫折の日々を超えて
  3. ・迷いながらでいい!

夢を追うすべての人へ!

▲ロードオブメジャー / 心絵

心絵』は2004年にリリースされたロードオブメジャーのメジャーデビューシングル。

野球をテーマにしたアニメ「メジャー 〜1stシーズン〜」のテーマソングに起用され、幅広い世代から人気を集めた楽曲です。

まずは冒頭の歌詞をご覧ください。

----------------
描いた夢と ここにある今
2つの景色 見比べても
形をかえて ここにあるのは
確かな1つのもの
≪心絵 歌詞より抜粋≫
----------------

まだ夢半ばにいるのでしょうか?

それとも、もともと描いていた夢とは少し違うところにいるのでしょうか?

具体的にどちらかはわかりませんが、場所は違えど思いは同じ

理想とは完全に一致しないものの、「叶えたい」と願った未来に近づいているようです。

そんな自分に対する誇りや、夢に対する熱い想いを感じますね。

挫折の日々を超えて


----------------
過ぎゆく春を 惜しみながらも
僕らの幕開けた あの夏
色んな事を 分かりはじめた
秋と 何か失った冬
≪心絵 歌詞より抜粋≫
----------------

「夏に幕を開ける」という点が野球を連想させますが、時の流れだけに注目すれば誰にでも当てはまるフレーズです。

何事でも一定の期間取り組めば、自分の弱みや強みが見えてくることがありますよね。

見つけるものが長所ばかりだったら調子良く前向きになれますが、短所ばかりが見つかったら気持ちは落ち込んでしまいます。

「自分はダメな人間だ」なんて喪失感や無気力感に襲われることもあるでしょう。

しかし、そんな時こそもう一度原点に戻り、自分の心に耳を傾ける

そうすれば本来の大切な気持ちに気づけると、次の歌詞が教えてくれます。


----------------
ガラクタの山から 探す あの日の夢
響け この声よ 響け この心よ
≪心絵 歌詞より抜粋≫
----------------

「ガラクタの山」というのは雑念を意味しているのでしょうか?

でもきっと、その中に本音や信念が隠れているはず。

それに気づくことができたなら、諦めかけていた夢も「もう一度頑張ろう」と思えそうですね。

迷いながらでいい!


----------------
涙枯れるまで
まだ出ぬ答え 追い続けて
涙晴れるまで
我がゆくえ 迷いながらも
描きかけの今
刻む 証この手で
≪心絵 歌詞より抜粋≫
----------------

こちらはサビの歌詞。

望む結果にたどり着くのはとても難しいことです。

また、自分が「どうしたいか」という答えを出すのも簡単なことではありません。

だからこそ、迷ってつまづいて、泣きながら追い求めていけばいい

そしてたくさん泣いたら、やがてその涙が笑顔に変わるはず。

そんな風に優しく背中を押してくれるようなフレーズですね。

夢を追っている方、挫折感を感じている方はぜひ『心絵』を聴いてみてください。

その夢を叶えたいと思った頃の純粋で強い気持ちを思い出し、また頑張ろうと思えるかもしれませんよ。

後半にも素敵な歌詞が散りばめられているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


TEXT ゆとりーな

ロードオブメジャーは、北川賢一(ボーカル)・近藤信政(ギター)・松本賢一(ベース)・上原彰兼(ドラム)からなる4人組ロックバンド。テレビ東京系『ハマラジャ』のドキュメンタリー企画「ロードオブメジャー」でヘッドハンティングされて結成することになった。インディーズ時代にシングル「大···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

BOYS AND MEN(ボイメン)メ…

藤井風「帰ろう」は死生観を歌った楽曲。…