1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 野猿
  6. 仕事のできる人は時間の使い方が違う!!隙間時間で歌手デビューしちゃった"野猿"

【歌詞コラム】仕事のできる人は時間の使い方が違う!!隙間時間で歌手デビューしちゃった"野猿"

「忙しい」が口癖になっていないだろうか?忙しい合間をぬって習い事や人脈形成をするのは大変だ。休日を返上して仕事をしている人も多い中で、少しの時間でも休みたいという気持ちもわかる。だが、仕事ができる人は無い時間を割いて自己成長に結びつけている。オン/オフのメリハリをつけて有意義な時間を過ごしてほしい。

公開日:2016年1月22日 更新日:2016年6月30日




「忙しい」が口癖になっていないだろうか?忙しい合間をぬって習い事や人脈形成をするのは大変だ。休日を返上して仕事をしている人も多い中で、少しの時間でも休みたいという気持ちもわかる。だが、仕事ができる人は無い時間を割いて自己成長に結びつけている。オン/オフのメリハリをつけて有意義な時間を過ごしてほしい

隙間時間を上手く使って活躍した歌手といえば、とんねるずが率いた"野猿"にかなう者はいない。フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の番組美術スタッフが番組のコーナーをきっかけに結成したグループで、忙しい本業の傍らNHK紅白歌合戦にまで出演する活躍を見せた。

--------
遥か彼方に傾いた
空を見上げて
太陽のその背中
ここで見送る

時間はいつでも
振り向かず 過ぎ去るものさ
俺たちの足跡を影にして…

愛し合った日々を
忘れはしないよ
何もかもが すべて
甘い 痛みだね

--------

クールな野猿の中でも大人のかっこよさが光る一曲が『夜空を待ちながら』だ。夕暮れのイメージにマッチした落ち着いた優しい曲とオヤジたちの渋い声がコラボレーション。普段は破天荒が売りのとんねるずの二人もスマートに構えて大人の男の余裕を醸し出す。

TRFのSAMが振り付けたダンスも秀逸だ。派手さはなくとも、綺麗に揃った様は練習の成果だろう。忙しい本業の傍ら、よく仕上げたものだと感心する。


--------
遠い記憶の
地平から また始めよう
俺たちの悲しみを地図にして…

暮れなずんだ空を
見上げてごらんよ
いつのまにか ひとつ
星が輝いた

WOW WOW
You don't have to cry.
誰もみな まだ見えない
そう 明日だけを 信じてる
don't have to cry.
愛しさと切なさが
瞳からあふれても
心の中 そばにいる
夜空を待ちながら

--------

歌詞は、男臭くてキザな言葉で綴られる。一度別れた二人が再会し、また一緒に歩んでいこうと夕陽を見ながら誓うシーンだ。昔は喧嘩もしたし、嫌なこともあった。だから、別れた。そんな過去を忘れようとはしないけど、再会した今となっては"甘い痛み"だったと笑う彼。これからは二人で築く明日だけを見ていこうと、泣きじゃくる彼女に優しく彼は語る。こんな酸いも甘いも乗り越えた大人の歌詞は、若手のアイドルなんかには歌えた代物ではない

--------
道は2つ
別れているけど
俺たちの
真実だけは
ずっとひとつさ

--------

そんな歌詞を作詞したのは、今でもAKB48グループのプロデューサーとして多忙な日を過ごす"秋元康"だ。ショートスリーパーであることを自負し、普段から3~4時間程度しか眠らない。テレビ番組のドキュメンタリーの密着で取り上げられるのは、飛行機の中で打ち合わせをしたり、AKB48のメンバーと食事をしながらスマホで作業をしたりする"仕事姿"ばかり。野猿のメンバーに負けず劣らずの時間の使い方の名手だ。

どんな人にも与えられた時間は24時間だけ。隙間時間でのちょっとした努力の積み重ねが大きな差になって現れる。道は二つ。"やる"か"やらない"かだけだ。「忙しい」と言う前に、できることから始めてみよう!!

TEXT:田中利知 【https://twitter.com/toshichika8855

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

倖田來未バラードコレクションアルバム「…

これは紅白では歌えない。ゴールデンボン…