1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. 大原櫻子

大原櫻子「#やっぱもっと」はすれ違った「君」に宛てた不器用なラブソング

TOP画像引用元 (Amazon)
ミュージシャンのみならず、女優やラジオパーソナリティーでも活躍している大原櫻子。 今回はニューシングル『#やっぱもっと』の歌詞を考察していきます。

「#(ハッシュタグ)」が持つ意味

▲大原櫻子 - #やっぱもっと (Official Music Video)
----------------
君にやっぱ、もう一度
でも
なんで言えないんだろう
いつも急に終わりは来るから
僕が
#やっぱもっと
好きって言えば良かったな
≪#やっぱもっと 歌詞より抜粋≫
----------------

2013年に公開された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で一躍有名となった大原櫻子

2020年9月30日に彼女の12枚目のシングル『#やっぱもっと』が発売されました。

『#やっぱもっと』の作詞・作曲は一青窈が手掛けています。

切なさもありながら、可愛らしい言葉が並べられている楽曲。

冒頭の歌詞にある「君に伝えたい でもなんで言えないんだろう」からは、行動出来ない「僕」の葛藤が伺えます。

最近、SNSでよく見かける「#(ハッシュタグ)」。

あえて「#」のあとに大切な言葉を綴ったりしますよね。

気持ちをちゃんと言葉にして伝えるのって案外難しいものです。

「#やっぱもっと」は僕なりの精一杯のメッセージなのではないでしょうか。

気持ちをきちんと伝えてこなかった報いによって、大切な「君」を失った僕の心境が描かれています。

長く一緒にいると相手に期待してしまう


----------------
仕事忙しくて
会える時間が減っちゃって
あの頃まだ僕ら20歳
愛を知る前の恋の種。
がっと
フレンチトーストにかぶりついた
無邪気な仕草に胸、くすぐられて
だけどやっぱもう一度 ただ、なんか分かんなくて
うまく気持ちができなくなるの
ふたりの間繋ぐ I LOVE YOU
≪#やっぱもっと 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞の部分は、「君」と過ごしていた日々を思い出している場面でしょうか。

お互い忙しかったけど「好き」「愛してる」と言えていたし、ただ一緒にいるだけで幸せな甘い恋だったのかもしれません。

しかし、長い期間一緒に過ごすうちに、愛を伝えることが減ってきてしまいます

きっと相手は分かっているだろうという安心感のせい。

「愛している」という気持ちは今も昔も変わらないのに、気持ちを言葉にしなかったことで、すれ違っていく2人の様子が描かれています。

「君」の幸せのために選んだ別れ


----------------
あとからあとから涙が
ほら!
泣いてるの止めようとした君
逆にぽろぽろと込み上げて、、困る
Tシャツに跡がキラキラり☆彡
僕が無駄遣いした優しさ、も 時間も
ごめんねありがとう
未来があるなら
≪#やっぱもっと 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞では、2人が別れ話をしている場面が書かれています。

お互い好きだけど、一緒にいる意味を見出せなくなってしまった2人。

「僕」は、突然の別れによって「君」の優しさや時間を奪ってしまったことに気付くのです。

「君」の幸せのために、別れを選んだ僕の切ない気持ちが汲み取れます。

やっぱり一緒にいたいと確信した


----------------
君にやっぱもう一度 でも、なんで言えないんだろう
幸せの片側を空けて
僕が #やっぱもっと 好きって言えば良かったな
菜の花揺れてる高台 僕らも揺れてるみたい
ばらばらになりたくない
だって
君とお揃いのジャージの赤い3本線はまだ
夢みてる !!!!
≪#やっぱもっと 歌詞より抜粋≫
----------------

「僕」は、自分にとっての幸せが「君」と過ごすことだと改めて気付いたのでしょうか。

「幸せの片側を空けて」「ばらばらになりたくない」「お揃いのジャージ」といったワードは、「君」に未練が残っていることを表しています。

もしかしたら「戻ってきてくれるかもしれない」と期待を抱いているのかもしれませんね。

「僕」は「君」に「やっぱもう一度」好きだと伝えるのでしょうか?

2人の恋の行方を想像しながらぜひ聴いてみてください。

MVでは、可愛らしい大原櫻子の演技が映し出されています。

透き通った力強い歌声を持つ大原櫻子の今後の活躍に期待です。

1996年、東京都生まれ。日本大学藝術学部映画学科卒業。 2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビューを果たす。 2014年、女優として『日本映画批評家大賞“新人賞”』、歌手として『第56回輝く!日本レコード大···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約