1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 川崎鷹也
  6. 【インタビュー】TikTokで話題の「魔法の絨毯」を歌唱するシンガー川崎鷹也、アラジン×恋愛を混ぜたラブソングへの秘話語る

【インタビュー】TikTokで話題の「魔法の絨毯」を歌唱するシンガー川崎鷹也、アラジン×恋愛を混ぜたラブソングへの秘話語る (2/2)


「魔法の絨毯」は奥さんに対しての気持ち。

──「魔法の絨毯」は、歌詞が先にできたのでしょうか。


川崎鷹也:詞もコードもメロディーも全部一緒にできました。


──お!同時だったんですね!アーティストさんでそのやり方をされる方って珍しいですね!

川崎鷹也:僕はほとんど同時で完成することが多いですね!頭の中にあるコード進行をギターでなんとなく弾いて、歌うのに気持ちの良い言葉を並べたら曲ができるみたいな感じです。


──まさに才能ですね(笑)

川崎鷹也:いやいやそんなことないですよ(笑)もちろん歌詞の修正とか、追加で入れることもありますけどね。ある程度の骨組みは即興で作っています。


──ご自身で体験された出来事を言葉にするというところが、スタンスなんですね。

川崎鷹也:そうですね。自分の想っている言葉と、今までの人生と、考え方などから出てきます。色々経験もしなければいけないし、インプットしなければいけないことも多いです。


──川崎さんの歌詞には、言葉を大事にされているという想いがストレートに伝わってきます。

川崎鷹也:ありがとうございます。弾き語りじゃないジャンルの方々って、最初に聴いている人は音を聴くんですよ。サウンドいいなって思ってから、この人何を歌っているんだろう?となって、初めてそこで歌詞を見るんです。なので、リスナーのメカニズムって、2段階の作業があるんですよね。でも弾き語りって唯一、それを一緒に出せるんですよ。なぜなら、音数が少ないから。コード感、言葉、メロディーを一発で届けることができるのが弾き語りの魅力なんです。だから強く言葉にこだわりを持っています。


──言葉のストックなどが出てこないなど、スランプに陥ることはないのでしょうか。


川崎鷹也:ないかも。言葉が出てこないときはコードも全部出てこないので、曲がそもそもできないですね。そういうスランプはあるかもしれないです。


──さらに歌詞について伺いますが、「君が仮にどんな恋を重ねてさ どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手に凹んで 眠れない夜を過ごしてさ」というフレーズは、リスナーの皆さんもすごく共感されている方が多いんですよね。奥様に向けて書かれた歌詞だとは思いますが、世に広まって多くの方が共感されているのは川崎さんの魅力ですね。

川崎鷹也:ありがとうございます。実は僕、いろんな人に共感してほしいとかはあんまり思ってないんですよ。奥さんに対しての気持ちなので、エゴなんです。歌うたいは全員エゴかもしれないです(笑)全国民の皆さんにわかってもらおうと思って歌詞を書いていたら、絶対良い曲って書けないんですよね。僕は奥さんが良いって思うものだったら、それだけで良いんです。弾き語りのシンガーソングライターって自己満足だし、我儘だし(笑)


──誰か一人のために想いを描くことが大事ですね。あと、「ひとつひとつの出来事に 栞を挟んで」というリリックの表現方法がとても、物語チックで引き込まれました。奥様との出来事を本に見立てるなんで、さすがですね。この歌詞がどこから生まれたのかをお聞きしたいです。

川崎鷹也:コアですね~(笑)嬉しい。この曲を書くにあたって、「栞」っていうワードは使いたかったんですよ。そのときに本をよく読んでいたし、いろいろな映画なども見ていて、インプットをする時間が多くて。そういったことも踏まえて栞を挟むというリリックは、アラジンとかジーニーとかの言葉の前に、出ていました。彼女への想いと、この栞を挟んでという歌詞はどこかリンクしたんだと思います。彼女との想い出は全部良い思い出だったので、そこに栞を挟みたかったな~って。

「魔法の絨毯」のピックアップフレーズ!

──UtaTenは歌詞サイトになるので、「魔法の絨毯」の中でお気に入りのワンフレーズを教えてもらえますか?


川崎鷹也:照れくさいですね(笑)「君が仮にどんな恋を重ねてさ どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手に凹んで 眠れない夜を過ごしてさ」が好きです。この背景って、付き合ってはいるけれど、彼女のことを知りたいっていう想いを夜な夜な人で考えているんですよ。一緒に住んでいるわけではないから、1人でいるときに自然と想ってしまうといいますか。「こんな人と恋をして、こんなプレゼントを貰って、こんな思い出があったんだ。」って、勝手に想像して眠れない夜を過ごすんですけど、それは彼女には言わないんですよね。女性もこういう事を想うと思うんですけど、男性の方が結構そういうのは考えていますよ(笑)


──え、そうなんですか!

川崎鷹也:多分…(笑)僕はね。デートしているときとか、昔付き合っていた人がもしリードしているタイプだったら、僕はそれ以上に頑張らなきゃいけないとかあるので、男ってそういうところは考えちゃうんですよ。


──意外と繊細なんですね。

川崎鷹也:男性諸君は繊細だと思いますよ。もっと踏みこんで色々な事考えちゃったりしますからね(笑)


──ちなみに「魔法の絨毯」というタイトルは最後にできたのでしょうか。

川崎鷹也:最後ですね。僕が書く曲は、タイトルは全部最後になっています。タイトルを決めるのがめちゃめちゃ苦手で、僕が出しているタイトルは全部当たり障りない感じです(笑)先程僕の曲が即興とお伝えしたと思うのですが、タイトルに沿って曲を書いていないから、自然とタイトルが全部最後になるんですよね。「魔法の絨毯」っていうタイトルが仮に先にあったとして、ジーニーとかアラジンとかが頭の中であったとしたら、たぶん書けないんですよ。どんどん脱線していってしまうので、曲はくだらないことから書いていって、初めてこのタイトルにしよう!って思えるんです。


──「魔法の絨毯」のMVについてお伺いしたいのですが、MVでは川崎さんと女性が一緒に映っていらっしゃいますよね。あれは奥様だったり…?

川崎鷹也:奥さんじゃないんです。あれは僕の知り合いですね。


──そうなんですね!ちなみにMVの構成とかは川崎さん自らが手掛けていらっしゃるんでしょうか。

川崎鷹也:あれは撮影チームのビジョンになっています。もちろん僕の意見もありつつですけど、全体的の構成はチームのみんなですね。


──撮影はどれくらいの期間がかかったんでしょうか。

川崎鷹也:1日ですね。あれはめちゃくちゃスパンが早くて、「早く出そう!早く出そう!」って意気込んでいました。なので、2週間近くで撮影と公開作業ができたと思います。

▲川崎鷹也-魔法の絨毯【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

楽曲たちは僕にとって全部家族みたいなもの

──この先、どんなシンガーになりたいか展望はあるのでしょうか。

川崎鷹也:ずっといい歌を書き続けたいっていうのは、まず大前提にあります。1曲で有名になるのはありがたいことなんですけれども、名曲と呼ばれるものをどんどん書き続けていきたいです。MVや音源ももちろんそうなんですが、ライブパフォーマンスが僕のメインなので、如何にグッとくるステージを作り続けられるかを大事にしたい。展望としては、10年、20年、弾き続けたいですね。楽曲たちは僕にとって全部家族みたいなものなので、その家族たちを10年後、誰かがカラオケで歌い続けてくれるようなアーティストになりたいです。


──UtaTenでも、「魔法の絨毯」がかなり人気なのでこの記事を読んでくれているファンの皆さんに、メッセージをお願いします。

川崎鷹也:聴いてくださってありがとうございます。歌詞が良いって言ってくださる方が沢山いらっしゃるんですけど、僕の考え方や人生の背景や想っていることを書いているので、自分の人間性を認めてもらえた気がするんです。僕が使う言葉一つ一つをもっと、沢山の人に知ってもらって、「なんでこの言葉を使っているんだろう?」って思いながら曲を聴いてくださったら嬉しいです。



TEXT みなちょ
PHOTO 片山拓

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

2020年の冬に聴きたい!オススメの「…

Snow Man「ファンターナモーレ」…