1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. Vaundy

Vaundy(バウンディ)のプロフィールやおすすめ曲を紹介!バズりまくる彼の素顔とは?

2019年後半から、彗星の如く現れたVaundy。洗練されたジャンルレスな音楽性を持ち、ジャケットデザイン、映像も全て自分でプロデュースしています。この記事では、Vaundyのプロフィールやおすすめ楽曲について紹介していきます。

SNSで話題の歌手Vaundyとは

画像引用元 (Twitter)

本名 不明
性別 男性
生年月日 2000年6月6日
出身地 東京都

Vaundy(バウンディ)は、東京都出身のシンガーソングライターです。

美術大学に通う現役大学生で、作詞作曲はもちろん、アートワークやMVも自分でプロデュースしています。

天然パーマがトレードマークで、おしゃれな楽曲とのギャップも人気の理由でしょう。

ストリーミング配信やSNSに次々と楽曲をアップし、CMやドラマのテーマソングも歌っている、今注目のアーティストです。

名前の由来

「Vaundy」という名前は、「はずむ」という意味の「bound」からきています

彼が中学生の時、向かってくる人とぶつかって壁に跳ね返った様子から、「バウンドボール」というあだ名が付きました。

それが「バウンディ」と変化し、「Baundy」よりも印象的にするために「Vaundy」の表記になったそうです。

「自身の活動が跳ねる(勢いがつく)ように」という意味も込められているのかもしれませんね。

歌い手として活動していた

Vaundyは動画サイトにカバー動画を投稿する、「歌い手」として活動していた時期がありました。

主にボカロ(ボーカロイド)の曲をカバーしており、ニコニコ動画ではその動画が現在も視聴可能です。

シンガーソングライターの俺は、歌い手時代がなかったら成立しない」と本人が語っているように、歌い手活動の経験が今に活かされています。

また、2016年に「音楽塾ヴォイス」に入塾しており、その歌唱力をさらに伸ばすきっかけとなりました。

YouTubeをきっかけに大活躍

Vaundyは歌い手活動を経て、2019年5月31日に初のオリジナル楽曲「pain」をYouTubeに投稿し、デビューを果たします。

その後も新しい楽曲を発表し続け、2019年9月27日に投稿された「東京フラッシュ」がSNSを中心に話題となりました

CDやストリーミング配信は行われていませんでしたが、「東京フラッシュ」のMVは公開2か月で100万再生を突破する快挙を成し遂げています。

国内外で積極的に活動

Vaundyは2020年、初のワンマンライブ「大人間前夜」や、Zepp Hanedaで開催された「strobo」などを成功させます。

また、ドラマ「東京ラブストーリー」や「捨ててよ、安達さん。」などの主題歌、サブスクリプションサービス「Spotify Premium」のCMソングに起用されるなど、知名度も高まりました。

さらに、アメリカのポップスターLAUV(ラウヴ)とのコラボ曲や、世界的なカルチャーサイトNownessに「不可幸力/Fukakouryoku(Global Dance Video)」がピックアップ作品として配信されるなど、Vaundyは世界的にも注目されています。


1stアルバム「strobo」をリリース

2020年5月27日には、Vaundy初のCDアルバム「strobo」をリリース。

「捨ててよ、安達さん。」の主題歌の「Bye by me」やFODドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「灯火」、Spotify PremiumのCMソング「不可幸力」が収録されています。

シティポップやソウル、ヒップホップなど、ジャンルにとらわれない楽曲で、その人気を確かなものにしました。

Vaundyがバズったきっかけ「東京フラッシュ」

▲東京フラッシュ / Vaundy :MUSIC VIDEO

Vaundyの人気に火が付いたのは、2019年9月27日にYouTubeに投稿された「東京フラッシュ」がきっかけでした。

洗練されたシティポップでありながら、どこか懐かしいメロディラインや気だるい歌い方がとても心地よい曲ですね。

Vaundy自身が東京の町を練り歩くおしゃれなMVは、1700万回再生を超える人気ぶりです。



Vaundyのおすすめ曲

Vaundyが初めてオリジナル楽曲をリリースしたのは2019年5月のことで、その後もコンスタントに新曲を発表し続けています。

おしゃれなサウンドと、多くのジャンルからインスピレーションを受けたアレンジは、多くの人の心に深く・強く響くでしょう

最後に、「東京フラッシュ」以外のVaundyのおすすめ曲を5曲紹介します。

不可幸力

▲不可幸力 / Vaundy :MUSIC VIDEO

Vaundyの「不可幸力」は、ラップの要素を大きく取り入れた曲です。

ラップが中心の前半部分はシリアスな雰囲気ですが、後半のサビに入ると一気に力強い歌い方になり、聴く人を曲の世界観に引き込みます。

」をテーマにした歌詞は、曲の展開とともに感情を爆発させ、研ぎ澄まされた言葉で私たちの心を突き刺してくれますよ。



僕は今日も

▲僕は今日も / Vaundy :MUSIC VIDEO

「僕は今日も」は、2020年2月に3rdシングルとしてリリースされました。

それまでの楽曲とは全く違うスローテンポなバラードで、エモーショナルな歌唱が魅力です。

謎の多かったVaundy自身のパーソナルな部分をさらけ出したような歌詞に共感する人も多いのではないでしょうか。

スケールの大きな言葉も、Vaundyの歌声に乗れば説得力がグッと増しますね。



life hack

▲life hack / Vaundy :MUSIC VIDEO

「僕は今日も」の翌月にリリースされた「life hack」は、「東京フラッシュ」に通ずるおしゃれなポップソングです。

ギターの音をループさせたシンプルなトラックで、レコードのような耳障りの良い音は心をリラックスさせてくれます

Vaundyとともにデュエットする女性ボーカルも、洗練された雰囲気に彩を与えてくれますよ。



Bye by me

▲Bye by me / Vaundy :MUSIC VIDEO

1stアルバム「strobo」に収録されている「Bye by me」は、テレビ東京の「捨ててよ、安達さん。」の主題歌に起用されました。

Vaundyにしては珍しく、カントリーソングのような曲調で、休日の朝のようなゆったりした印象を与えてくれるサウンドが特徴です。

聴く人の日常に寄り添い、心を優しく包み込んでくれる歌詞にも注目してくださいね。



灯火

▲灯火 / Vaundy :Official Audio(Short Version)

「灯火」は、FODドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として注目を集めました。

アコースティックギターの心地よいサウンドと、耳に残りやすいメロディが特徴で、新たなVaundyの一面が感じられる1曲。

「東京フラッシュ」のようなおしゃれさや「不可幸力」のようなダークさはなく、明るく爽快でライブでも盛り上がりそうな曲ですね。

前向きな歌詞は、まさに灯火のように聴く人の心を明るく照らしてくれるでしょう。



Vaundy(バウンディ)は破格の音楽センスを持つ新人アーティスト!彗星の如く現れた彼に期待大

Vaundyは、SNSやYouTubeを中心に人気急上昇中のアーティストです。

楽曲だけでなく、アートワークや映像のセンスも抜群で、歌だけではないマルチアーティストとしても注目されています。

ティーンを中心に人気を集める彼ですが、音楽性の幅広さから、多くの世代に受け入れられるでしょう。

今後の音楽シーンを背負って立つ可能性のあるVaundyに、ぜひ注目してみてくださいね。


TEXT たらぐちはくや

Vaundy(バウンディ)。現役大学生 21歳。 作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースするマルチアーティスト。 2019年春頃からYoutubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。「東京フラッシュ」「不可幸力」など、耳に残るメロディーに幅広いジ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約