1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Vaundy
  6. Vaundy「世界の秘密」の歌詞の意味を考察!ネット社会を生きる現代人の学び

Vaundy「世界の秘密」の歌詞の意味を考察!ネット社会を生きる現代人の学び

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • Vaundyが2020年を締めくくる楽曲『世界の秘密』
  • ネット社会の現実を表現した歌詞
  • 笑顔でいることの価値を感じる意味とは
2020年12月27日にリリースされたVaundyの『世界の秘密』は、ネットやSNSに翻弄される現代社会を見事に捉えたポップソングです。多彩なワードセンスが光る歌詞の意味を紐解きます。

公開日:2021年3月19日 更新日:2021年4月19日

Column

MarSali


この記事の目次 []
  1. ・「アイムソーリー」は世界へのメッセージ
  2. ・笑顔と思いやりがあれば人生は楽しくなる
  3. ・世界の秘密を知ってどう生きるか
  4. ・悲しい日の気分も上げてくれる楽曲

「アイムソーリー」は世界へのメッセージ

▲世界の秘密 / Vaundy : MUSIC VIDEO

2019年に弱冠19歳で脚光を浴び、瞬く間に令和の音楽シーンを牽引するアーティストとなったVaundyの魅力は、やはりその高い音楽性でしょう。

2020年の最後にリリースされた『世界の秘密』も、ハイセンスな言葉遊びで現代社会を巧みに表現し、エモーショナルなポップメロディーとハスキーな歌声で独自の世界観に引き込んでくれます。

コロナ禍に製作したというこの楽曲は、悲しみの中にいるすべての人たちにそっと寄り添ってくれる内容です。

歌詞の意味を詳しく考察してみましょう。

----------------
きっと僕ら何かに追われてる
漠然としてるけど
四六時中グダグダと
チクチクが流れる
波に乗せて
ネットサーフィン
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

1番で歌われるのは、ネットやSNSの世界に依存している現代人のこと。

一日中、暇さえあればネットやSNSを開いてしまうという人は多いでしょう。

しかし、そこには「グダグダ」した言い訳や「チクチク」した攻撃の言葉ばかりが蔓延しています。

楽しい話題が多いわけでもないのに、開いていないと不安になってしまう不安定な心を、「きっと何かに追われてる」という表現で描いている点が秀逸です。


----------------
何か、これはあーだこーだ言って
古臭いな
それはそれで、なんだかんだ言って
新しいな
そんな無駄な繰り返しを、また繰り返して
僕ら、生きていくうちに
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

ネット社会では、見解が二転三転するのはよくあることですよね。

誰もが本当のことを知らないまま、好き放題に意見を披露し合っては議論が白熱して、話が思わぬ方向に進むことも多いです。

おそらく、ほとんどの人がそれを無駄だと分かっていながら、ネットの波に呑まれては同じことを繰り返しています。

----------------
アイムソーリー
気づいちゃったよ
アイムソーリー
気づいちゃったよ
世界のこと
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

そんな世の中で、彼は世界の秘密に「気づいちゃったよ」と歌います。

「アイムソーリー」の歌詞は、自身が秘密を暴いてしまった世界へのメッセージを意味しているようです。

人の秘密を知ると、言いようもない申し訳なさを感じるものですよね。

世界が抱える秘密とは何なのでしょうか?

笑顔と思いやりがあれば人生は楽しくなる


----------------
ステップだけ、置いてきちゃってよ
僕ら、涙に合わせて
リズムに乗っている
はず
ステップだけ、置いてきちゃっても
僕ら、笑顔の数だけ
ブレイクできるはず
だから
アイムソーリー
気づいちゃっても
アイムソーリー
忘れといてよ
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

「ステップだけ、置いてきちゃって」というサビの表現が特徴的です。

「リズムに乗っている」のにステップのないダンスは、きっと華やかさに欠けるでしょう。

しかも、そのリズムが「涙に合わせて」いるということから、悲しい雰囲気が見て取れます。

上手くリズムに乗れているかすら分からないようです。

しかし、そんな不格好なダンスでも「笑顔の数だけブレイクできるはず」とも歌っています。

ここで、音楽に合わせて踊るダンスを人生と置き換えると、ステップは人生を楽しくするために取る行動や思考力と考えられるでしょう。

ステップのないダンスも、リズムに乗って体を揺らすだけで楽しい気分になれるものです。

同じように、悲しいことが多い人生も、笑顔でいればいるほど充実感が得られるでしょう。

笑顔というほんの小さなアクションだけで、幸せを作り出せる能力が、人間にはある。

だから世界の秘密に気づいてしまっても知らないふりをして、楽しく過ごそうと語りかけてきます。


----------------
今日どっかで悪者が死んだらしい
でもたくさんの命が救われたらしい
正義と倫理と命を天秤にかけて
量った声明で
難しいことはもう分からない
けれど
実は僕らが悪者だったかもしれない
なんて考えると
彼の気持ちが分かるかもしれない
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

「悪者が死んだ」から「たくさんの命が救われた」と聞くと、どんな気持ちになるでしょうか?

その人は悪者だったのだから、良い結果だったと感じてしまう人がほとんどかもしれません。

しかし「正義と倫理と命を天秤にかけて量った」答えは本当に正しいのでしょうか?

「悪者」と言われた人も「たくさんの命」と同様のひとつの大切な生命です。

彼はこの歌詞で、平等なはずの命の価値を天秤にかけていること自体、間違っているのではないかという問題提起を投げかけてきます。

これはまさに、現代の風潮をよく表した内容です。

無関係の人たちが「悪者」というレッテルや噂だけで過剰に非難し、大多数で存在を否定することさえあります。

しかし、その言葉がいかに強い影響を与え、命を奪ってしまう可能性があるかを考えていません。

むしろ、非難して追い込むことが自分たちの正義のようです。

そうした人間たちがもし「悪者」の気持ちや背景を思いやれていたら、きっと「実は僕らが悪者だったかもしれない」と考えて、傷つけることを思い止まれたはず。

そんな普段何気なくしてしまう考え方に、意識を向けさせてくれています。

----------------
アイムソーリー
気づいちゃったよ
アイムソーリー
気づいちゃったよ
自分のこと
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

おそらく彼は、自分はどうなんだろうと考えたのでしょう。

自分は本当に正しい正義を持っていて、笑顔で日々を過ごしているのか。

音楽と歌詞で想いを伝える、そんなアーティストとして活動する彼だからこそ、その言葉の重みや意味をよく理解しているのではないでしょうか。

世界の秘密を知ってどう生きるか


----------------
探してた未来に追いついて
その時初めて気づいたんだ
これが良い事か悪い事か
これが「世界の秘密」ってやつか
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

子ども時代、きっと誰もが周囲の大人の姿を見ながら、大人の世界に憧れて様々な夢を抱いていたはずです。

ところが、実際に大人になってみると決して特別なことはなく、楽しいばかりでもないことに気がつきます。

素敵に見えていたことが色褪せて感じられたり、良く見えていたものが悪いことだったりしたこともあるでしょう。

実は多くの人が「良いことか悪いことか」を曖昧にして、周囲と合わせて生きるという「楽な道」を選んでいたのです。

それが謎に包まれた「世界の秘密」なのかもしれません。

----------------
ステップだけ、置いてきちゃっても
僕ら、笑顔の数だけ
ブレイクできるはず
そうだろ?
≪世界の秘密 歌詞より抜粋≫
----------------

しかし、足並みを揃えていることは悪いことばかりではないでしょう。

現実が悲しくても、一緒になってひとつのリズムに乗っている様子は楽しそうです。

この「世界の秘密」が良いか悪いかもとても曖昧です。

悪い面もあれば良い面もあり、定義はできません。

大切なのは、その世界で現実をどう楽しむかです。

すべての人が笑顔でいれば、世界は悲しみを跳ね除けられるでしょう。

この深い歌詞の意味を紐解いていくと、「そうだろ?」という最後の問いかけにきっと頷きたくなりますよ。

悲しい日の気分も上げてくれる楽曲


Vaundyは『世界の秘密』について自身のラジオの中で、悲しい日々があるおかげで「たまに起きる楽しい事だったり、笑顔っていうのが幸せに感じるんだよ」というメッセージを込めたと語っています。

実際に悲しい日々の中にいる時はあまりにつらく感じてしまいますが、その中で見つけた楽しさや幸せは、どんなに小さくても、より尊く感じられたのではないでしょうか。

悲しみや不安の多い毎日を生きる現代だからこそ、改めて思い起こしたい気持ち。

そんな忘れられがちな大切な心に、この曲を聴けば出会えるでしょう。

宇宙服を着た女性をメインにしたユニークなMVにも注目が集まっているので、合わせてじっくり歌詞を味わってみてくださいね。

この特集へのレビュー

女性

母親らび

2021/04/19 13:30

最初にバウンディの歌を聴いた時は衝撃をうけました。歌が上手くないと歌えないなー、とも思いました。調べてみて、ご本人があまりに若くて驚いたのも憶えてます。

バウンディは、見なくちゃいけないけど、なかなか見えてないことを、発信できる人だと思います。
色々な曲がありますが、その中は綺麗な歌詞ばかりじゃないけど、でもすごく人間らしい複雑な気持ちの表現に、頷いたり、ハッとしたり、して、歌詞と心地よいメロディがグルグルして、また聴いてしまっています。

詳しく書いていただき、嬉しかったです!ありがとうございました!

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

星野源「創造」はマリオのお祝いだけじゃ…

菅田将暉「星を仰ぐ」歌詞の意味を考察!…