1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 歌詞コラム
  5. 9nine
  6. 9nineは何度でも「Re:」スタートする

9nineは何度でも「Re:」スタートする

9nineの「Re:」はドラマ「リーガルハイ」の主題歌になった曲です。 裁判でしゃべり倒して逆転する堺雅人、それをサポートするガッキー、そのテレビドラマのイメージにそった曲。「巻き返すチャンスはあるでしょ」という歌詞がドラマ内容にそっています。

公開日:2016年2月17日 更新日:2017年5月30日




9nine「Re:」はドラマ「リーガルハイ」の主題歌になった曲です。
裁判でしゃべり倒して逆転する堺雅人、それをサポートするガッキー、そのテレビドラマのイメージにそった曲。「巻き返すチャンスはあるでしょ」という歌詞がドラマ内容にそっています。

この曲は、実はそれ以上に歌うグループ9nineの歌になっているのが特徴。このグループも東京女子流のように、「イーアルキョンシー」はMV自体を削除するなど一部の楽曲を封印し、2014年以降アーティスト路線に舵をきっています。



Perfume西脇綾香(あ~ちゃん)の妹、西脇彩華(ちゃあぽん)がいるので影響を受けたのではと言われる路線変更。かつて行なっていた9nineポーズも封印し、ペンライトなどの光モノやコールも禁止。この路線変更でファンからは戸惑う声も出てきました

このグループは、実は活動期間がかなり長く2005年からグループが始動しています。9nineというグループ名が表すように当初9人でした。メンバーの卒業加入を繰り返し2010年に現在の5人になります。

「Re:」は2013年の曲ですが、このグループが幾多の「Re:」スタートを切っていることを表現している曲でもあります。

歌いだしの歌詞からして「ここまでやってきたよ そう簡単にあきらめれる訳ないよ」
初期から在籍する佐竹や西脇にとっては「そう簡単にあきらめ」られるようなものではないのです。それはドラマや映画にいくつも出演して単独知名度があっても、このグループを絶対に見捨てない川島海荷も同様。2010年から加入し、現9nineを形作った吉井、村田にしても同様です。

「アップダウン繰り返す 隠しきれない高いテンション」の歌詞。
後輩グループのベイビーレイズにミュージックステーション出演を先に越された際に、ファンの前で「悔しい!」と発言した西脇。「高いテンション」を「隠しきれ」ません。
その発言で反感や誤解を生みやすい西脇は「アップダウン繰り返」します。

"もいっかい、いいかな
もう逃げたりはしないよ 
やり直すチャンスはあるでしょ"

というサビ。このグループが何回でも「やり直す」、何回でも「Re:」スタートをきることを宣言しているのです。
だから
「Re, Re, Re, Re, Re, Re, Re, Re, Re-START」
と「Re」を9回、「9nine」回繰り返して歌っているのです。

「できるよ さあ 始めよう できるよ さあ ここから」で終わるラスト。
最初から最後まで自分達自身を鼓舞している歌詞でもあったのでした。


TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

なぜauの三太郎CMは好かれるのか。A…

鈍感なフリは止めない?GReeeeN「…