1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 浜崎あゆみ
  6. 浜崎あゆみが歌う宇多田ヒカルの『Movin' on without you』

【歌詞コラム】浜崎あゆみが歌う宇多田ヒカルの『Movin' on without you』

このアーティストの関連記事をチェック

夏ソン!海にドライブ行くときに聴きたい…

恋する誰もが共感。AYUが綴る「LOV…

FNS2018歌謡祭第一夜にて、浜崎あゆみが宇多田ヒカルの曲『Movin' on without you』を披露され注目を集めていますが…実は、この曲ってライブでも披露していたんです。

公開日:2018年12月4日 更新日:2019年2月18日


この記事の目次
  1. ・あゆが宇多田ヒカルの名曲をカバー
  2. ・ライバルのような存在だった宇多田ヒカル
  3. ・曲の良さを引き出す歌声
  4. ・浜崎あゆみ 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・浜崎あゆみ Profile


あゆが宇多田ヒカルの名曲をカバー

浜崎あゆみが宇多田ヒカルの曲『Movin' on without you』をカバーをした。しかもこれをライブでも披露しています。

これは一つの時代にけりがついたような形ではないだろうか。。

もしかすると、今のアイドル全盛の時代しか知らない人は、浜崎あゆみのかつての影響力を知らないかもしれません。00年代初頭、浜崎あゆみはとにかく売れていました。出す曲出す曲ヒットチャート上位に食い込み、その発言が注目される存在。

実はいまだに2015年4月に出したアルバムも4位に入り、ライブでの動員数も多い浜崎あゆみ。でもここ数年落ち目と言われがちです。

それはなぜか。

紅白歌合戦の連続出場記録が途切れた、ということもあります。が、それ以上に「売れていた頃があまりに凄かったから」です。


浜崎あゆみの歌詞を人気順に見る


ライバルのような存在だった宇多田ヒカル

そんな浜崎あゆみと同時期に活躍し、ライバルのような存在だったのが宇多田ヒカルです。そんな中、突如、宇多田ヒカルは一旦芸能活動休止を発表しますが…。

その後も、エヴァンゲリオン新劇場版の主題歌を手がけたり動きをみせたことにより、再始動の噂がすぐ立ち…。2016年4月についに再始動発表。一躍、再び大注目を浴びる存在になりました。

----------------
いいオンナ演じるのも
楽じゃないよね
≪Movin' on without you 歌詞より抜粋≫
----------------

そんな背景を踏まえると、両者が共にヒットチャートの常連だった頃は、このコラボは誰も考えられなかっただろう。

浜崎あゆみがカバーした楽曲である『Movin' on without you』は、宇多田ヒカルの2枚目シングル。1999年2月にリリースされ、153万枚売れました。宇多田ヒカルは2枚目のシングルの時点で、既に注目されていたのです。

曲の良さを引き出す歌声

ただ、『Movin' on without you』の浜崎あゆみカバーは、予想以上にハマっています。浜崎あゆみの伸びる高音の声が、曲の良さをさらに引き出しているんですね。

【歌詞コラム】あゆの原点とも言える、彼女の悲痛な叫び

----------------
知らないフリは
もう出来ない
≪Movin' on without you 歌詞より抜粋≫
----------------
この歌詞どおり、浜崎あゆみは、落ち目と言われることを「知らないふり」はできません

でも、そんなマイナスな言葉を歌唱力でねじふせています。このかつてのライバルの曲を歌うことも、話題作りの一環と見られることも自覚しています。でもだからこそ、歌うのです。

浜崎あゆみはまだ衰えていないと存在を改めて知らしめるために。「Movin' on」どんどん進むというタイトル通り浜崎あゆみは進み続けます

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)


浜崎あゆみは日本の女性歌手・シンガーソングライターである。通称:ayu。福岡県出身。所属はエイベックス・マネジメント。レーベルはavax trax。小学生の時に地元福岡でスカウトされ、モデル/子役として活動していた。その後1998年に、1stシングル「poker face」でデビュー。多くの化粧品メーカー···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

根暗な歌詞も織り交ぜたキャッチ―なバン…

ニッチェが繰り広げるとんでもない言い訳…

アルバム情報

『M(A)DE IN JAPAN』
発売日:2016/06/29

<リリース情報>
浜崎あゆみ『M(A)DE IN JAPAN』
CD発売日 2016/06/29
CD+DVD
■ALBUM+DVD+スマプラ 
■AVCD-93438/B 
■価格:3,900円+税

タイトル / 歌手 歌い出し

FLOWER

浜崎あゆみ

目を閉じて浮かんだのは これまでの歩んだ道 もう直ぐで花咲く頃 あの頃は楽しみだった

Mad World

浜崎あゆみ

もし樹々が話せたら 何を訴えるだろう 無残に切り倒され 横たわる死の淵で

Breakdown

浜崎あゆみ

優しく笑っているあなたの目を見つめてたら この世には愛など存在しないと聴こえた 相変わらず小さくて頼りない 背中は今更に小さくてぼんやりする

Survivor

浜崎あゆみ

文字通りの コンクリートジャングルで ねぇ此処よりも シュールな街ってある? いわゆる

You are the only one

浜崎あゆみ

ほら未来が叫んだ 今が答えじゃないと めちゃくちゃだったり 道外したり

TODAY

浜崎あゆみ

特別な日じゃないけど 記念日とかでもないけど 君の誕生日でもないけど なんでもない今日が宝物

Mr.Darling

浜崎あゆみ

何の取り柄もない私でも あなたのためとなると何故か 不思議な力湧くのよ 特別趣味もない私だけど

Summer Love

浜崎あゆみ

そうこの感じ Remember? ワクワクが止まらない 聴こえてるこの Feeling?

Winter diary

浜崎あゆみ

Silent night, holy night All

Many Classic Moments

浜崎あゆみ

ちょっと今から思えば 不思議で 変で なつかしいかな 病んでいたもんね