1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 阿部真央
  6. 「19歳」じゃなくてもいい。停滞する毎日に嫌気が差したら聴きたい曲

【歌詞コラム】「19歳」じゃなくてもいい。停滞する毎日に嫌気が差したら聴きたい曲

1日は24時間。時間だけは、どの人にも等しく与えられているものだ。そして、自分でも気づかないうちに、いつの間にか流されて過ぎていってしまう。しっかりと自分のことを振り返る機会を確保してますか?今の自分の立ち位置って?本当に自分が望んでいたものってなんだった?そんな気づきを歌にしているのが、阿部真央の「19歳の唄」だ。

公開日:2016年4月4日 更新日:2019年7月26日

Column

asta


この記事の目次
  1. ・自分のこと、ちゃんと振り返ってる?
  2. ・リアルな心境を歌詞で表現
  3. ・理想の自分って…?
  4. ・描いた夢が形になった…けれど。
  5. ・なんとなくがリアルになった。
  6. ・いつだって壊せるんだ。
  7. ・阿部真央 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・ライブ情報
  10. ・ツアー情報
  11. ・阿部真央 Profile

自分のこと、ちゃんと振り返ってる?



1日は24時間。その決まった時間だけはどの人にも等しく与えられている。けれど、過ぎていく日々にいつの間にか流されていくばかり。しっかりと自分のことを振り返る機会はなかなか与えられないのが現実だ。

今の自分の立ち位置は、本当に自分が望んでいたものなのか…?

それに気づき歌い上げたのが、阿部真央の「19歳の唄」だ。阿部真央は2009年にメジャーデビューしたシンガーソングライター。

この曲は2010年秋にリリースされた5枚目のシングルだ。タイトルの通り19歳の時に書いた歌詞であり、上京して1年が経った後の彼女の心境が描きこまれている。


リアルな心境を歌詞で表現

----------------
息をしているのか 否かも理解らぬ日々に
手に入れた自由を 持て余し流されてる

何を求めたのか 何処に行きたかったのか
手に入れた安らぎの中で ごまかし目を背けてる
≪19歳の唄 歌詞より抜粋≫
----------------

メジャーデビュー後、これまでとは全く違う環境に身を置いたことで慌ただしく過ぎていく日々。しかし、阿部真央はそんな毎日を過ごすうちに「デビューしたことに安心している」自分がいることに気づいてしまう。

理想の自分って…?

デビューした先にやりたいことがあったはずなのに、停滞してしまっていたのだ。幼い頃から目指してきた、歌手という職業。ずっと夢見ていた世界で歌っているのは、もっと楽しく、刺激を受けながらのびのびとステージに立つ自分のはずだった。
----------------
幾度も夢見ていた世界で歌うのは
おそらくこんな僕ではなかった
≪19歳の唄 歌詞より抜粋≫
----------------


描いた夢が形になった…けれど。

デビュー曲では本人の理想通りの印象をリスナーに与えることに成功していた。PVに映るアコースティックギターをかき鳴らす姿は、間違いなく新たなロックガールの登場を知らしめたのだ。

その姿ももちろん正しく「阿部真央」であったし、そうなりたいと思い描いていた自分の姿ではあった。

しかしその後「ずっとこの姿のままでいいのか?」という壁にぶつかる。今のイメージは、真に自分が求めていたものだったのか。もっと自分に似合う、歌うべきものも他にあるのではないか。そんな考えからスランプ状態に陥っていたという。

次のアルバムを発表したことでこのスランプからは脱したが、こういった焦りは誰しも持っているものではないだろうか。



なんとなくがリアルになった。

ずっと目標にしていたことを達成した、なんとなくこうなればいいなと思っていたことが現実になった。

喜ばしい出来事だったのに、そのうち少しずつ予想していなかった方向に流される。軌道修正を試みる気持ちとは裏腹に、せわしく過ぎる毎日の中、そして否応なく変化していく環境の中で、力強く進んでいくための力が削がれていってしまう。

そのうちに、焦ることすらできなくなることだってある。だからこそこうやって「未だ終わらせたくないよ」と叫ぶのだ。



いつだって壊せるんだ。

----------------
終わったりしない衝動 止まったりしない鼓動
未だ信じさせててよ 未だ終わらせたくないよ
未だ終わらせたくないよ
≪19歳の唄 歌詞より抜粋≫
----------------
1日1日の積み重ねは、やはり案外難しい。こんな人になりたい、ああいうふうになりたい、と思いはしても、それはいつしか現実に追いやられてしまう。

そんな日々に満足しているフリをするのは簡単だ。けれど本当は誰だって、それでは駄目だと知っている。ただ現状を振り切って進むタイミングがつかめないでいるだけだ。

この曲を聴いて思い出してほしい。理想へと向かう衝動は尽きてなどいないはずだし、今日も変わらず心臓は脈を打つ。停滞する日々は、いつだって壊すことができるのだ

TEXT:asta

阿部真央は日本の女性シンガーソングライターである。大分県出身。所属事務所はヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス、レーベルはポニーキャニオン。中学生の時から歌手を目指し始める。2006年、「YAMAHA TEEN'S MUSIC FESTIVAL2006大分大会」で優勝。その後メディア出演の機会が増···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

阿部真央 最新情報

リリース情報


●2019年8月21日(水)発売
ニューシングル「どうしますか、あなたなら」
価格:¥1,000+税
品番:PCCA.70545

【収録曲】
「どうしますか、あなたなら」ほか。全2曲収録

音楽配信
https://lnk.to/abemaoPR
7月27日(土)から新曲「どうしますか、あなたなら」先行配信スタート

ライブ情報

●阿部真央らいぶ夏の陣~2019〜

<大阪公演>
2019年7月27日(土) 開場16:00/開演17:00
会場:大阪城音楽堂

<東京公演>
2019年8月31日(土) 開場17:00/開演18:00
会場:日比谷公園大音楽堂
チケット料金:指定席¥6,200(税込)、立見席¥5,700(税込)
主催;ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
協力:ポニーキャニオン

※両公演とも指定席完売。立見席のみ発売中。

ツアー情報

デビュー10周年、阿部真央原点回帰となる全国弾き語りツアー決定!
●阿部真央弾き語りらいぶ2019

9月28日(土) 名古屋E.L.L.
10月5日(土) 福岡DRUM Be-1
10月6日(日) 大分DRUM Be-0
10月12日(土) 金沢EIGHT HALL
10月14日(月・祝) 広島クラブクアトロ
10月19日(土) 札幌cube garden
10月24日(木) 大阪BIGCAT
10月26日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月27日(日) 神戸チキンジョージ
11月2日(土) 仙台darwin
11月3日(日) 盛岡Club Change WAVE
11月8日(金) 東京TSUTAYA O-EAST

※現在、先行予約受付中。詳しくは阿部真央オフィシャルサイトにてご確認ください。

阿部真央 Profile

▷阿部真央オフィシャルサイト

◆阿部真央 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/abemaofficial/


春は圧倒的に可愛くなれるチャンス!!大…

走り出した感が増したANIMETAL …