1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. tricot
  6. 激しい変拍子!tricotの『おもてなし』を受けよう

激しい変拍子!tricotの『おもてなし』を受けよう

tricotは3人組ガールズバンド。変則的なリズムの音楽を特徴とするグループです。かつて男のドラムメンバーが所属していましたが、脱退。2016年4月現在、3人にサポートでドラムを加える体制で活動しています。

公開日:2017年2月3日 更新日:2020年4月1日


この記事の目次 []
  1. ・3人組ガールズバンド tricot
  2. ・「おもてなし」とは…?
  3. ・漢字表記にすることで…
  4. ・「オモテナシ」で何を示す?
  5. ・tricot流のおもてなしが詰まっていた!


3人組ガールズバンド tricot

tricotは3人組ガールズバンド。変則的なリズムの音楽を特徴とするグループです。かつて男のドラムメンバーが所属していましたが、脱退。2016年4月現在、3人にサポートでドラムを加える体制で活動しています。

ドラムが所属していた当時からある代表曲の一つ、『おもてなし』。この曲も変則的なリズムが特徴。そして歌詞も独特です。

「おもてなし」とは一体どういうことなのでしょう。

「おもてなし」とは…?

----------------
この酷い風もこの世では聴こえない
≪おもてなし 歌詞より抜粋≫
----------------

「この酷い風もこの世では聴こえない」というフレーズでスタート。「酷い風」というフレーズが、マイナスの雰囲気を感じさせます。

酷い風がふいていても気付かれることはない。この世と表記しながら「このまち」と言っています。まちがこの世の全てに思えるような感覚を表現。

さらに「きこえない」の漢字を、自然と耳に入る「聞こえない」ではなく、音楽などに意識的に耳を傾ける「聴こえない」の字をあてて表記。

「この酷い風」とは、この世にはびこる悲しいことの象徴。後半で「汚れた世界」と言い換えられます。最初の歌詞で、「この世に存在する悲しいことに人が意識を傾けないこと」を歌っているのです。

漢字表記にすることで…

----------------
今夜混凝土は気性が荒い
足元に注意 誰も助けてはくれない
≪おもてなし 歌詞より抜粋≫
----------------
「今夜混凝土は気性が荒い 足元に注意 誰も助けてはくれない」混凝土と書いて「コンクリート」と読みます。

コンクリートをカタカナでなく漢字で表記することで、コンクリートに感情があるかのように思わせます。気性が荒いコンクリートは、誰も助けてはくれない都会の象徴。自分の足元に注意をはらっていないと、たちまち飲み込まれてしまう。

「あらい」「ちゅうい」「たすけてはくれない」で「い」の音のリズムを作成。ここで勢いを保ち、次のフレーズにつなげていきます。



「オモテナシ」で何を示す?

----------------
「あぁ自惚れるな もう オモテ ナシは終わりだ」
美女は汚れても魅力的で衰える事が何より怖い
君も嫌いになるのかい? ツバを吐かれお終い
≪おもてなし 歌詞より抜粋≫
----------------
ここで「あぁ自惚れるな もう オモテ ナシは終わりだ」という歌詞がきてタイトルである「おもてなし」がカタカナで登場します。オモテナシとは何を表すのでしょうか。

「オモテ ナシ」とカタカナ表記して、さらに「オモテ」と「ナシ」で区切っている。オモテがない=裏がある。その状態を終わらせたい。裏があるような「オモテナシ」なら終わらせる。そして、真の「おもてなし」を表現する。

おもてなしの語源は裏表なしだとも言われています。いわばこの曲は、裏表ない気持ちをぶつけたいという曲でもある。ゆえに、「酷い風」や「気性が荒い」ことや/b>「汚れた世界」といったマイナス感情に対して非常に敏感である。

tricot流のおもてなしが詰まっていた!

この曲は、「おもてなし」と言っておきながら攻撃的な曲。しかし、それこそがこのバンドの意図するところ。

このバンド流の音楽でおもてなしをしているのです。変拍子を得意とするバンドなので、そういった音楽が必ずしもキャッチーではないことも自覚している。

そして、ガールズバンドがなんだかんだで可愛らしさや分かりやすさを求められやすい傾向があることも自覚している。

「美女」は「衰える事が何より怖い」という歌詞がそれを象徴しています。かつての美女ですら、衰えたらツバを吐かれ捨てられるような現実があることも知っている。
だからこそ、キャッチーな音と挑戦的な音の狭間で、自分たち流の「おもてなし」を追求する。衰えない音楽を追求する。「おもてなし」とは、ただ単に愛想よく振る舞うことではないんですね。

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

tricot(トリコ)は、中嶋イッキュウ(Gt,Vo)キダ モティフォ(Gt.Cho)ヒロミ・ヒロヒロ(Ba.Cho)吉田雄介(Dr)による京都発のロックバンド。 2010年、中嶋イッキュウ、キダ モティフォ、ヒロミ・ヒロヒロの3人で結成。直後に自主レーベル「BAKURETSU RECORDS」を立ち上げる。8月に1stミニ・···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

まばゆいHikariを放つため、多才な…

ワールドワイドな活動を展開する「東京女…