1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和31年第7回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和31年第7回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
荒井 恵子 南の花嫁さん 岡本 敦郎 自転車旅行
照菊 恋のまよい鳥 瀬川 伸 明星鴉
松島 詩子 夜のヴァイオリン 霧島 昇 恋に朽ちなん
赤坂 小梅 三池炭坑節 鈴木 正夫 常磐炭坑節
菅原 都々子 連絡船の唄 宇都美 清 青い灯赤い灯
生田 恵子 アイ・アイ・バンジョー 林 伊佐緒 草原をゆく男
宝 とも子 セ・シ・ボン 高 英男 セ・シ・ボン
淡谷 のり子 ルムバ・タムバ ディック・ミネ 私の青空
江利 チエミ お転婆キキ 三橋 美智也 哀愁列車
二葉 あき子 忘れじの君いづこ 藤山 一郎 あゝ牧場は緑
池 真理子 どうして嫌と云えましょう 津村 謙 青春の街
ペギー葉山 ケ・セラ・セラ 笈田 敏夫 ハイ・ソサエティ・カリプソ
西村 つた江 横浜(ハマ)の谷間 山形 英夫 港の人気者
吉岡 妙子 私の幸福はどこへ 真木 不二夫 旅路の雨
中原 美紗緒 フルフル 旗 照夫 恋とは素晴らしいもの
小唄 勝太郎 唐人お吉の唄 東海林 太郎 赤城の子守唄
鈴木 三重子 愛ちゃんはお嫁に 若原 一郎 風の吹きよで
奈良 光枝 白いランプの灯る道 近江 俊郎 想い出月夜
越路 吹雪 哀れなジャン 芦野 宏 ドミノ
大津 美子 東京アンナ 曾根 史郎 若いお巡りさん
コロムビア・ローズ 娘艶歌師 小坂 一也 ハート・ブレークホテル
渡辺 はま子 桑港のチャイナタウン 藤島 桓夫 かえりの港
宮城 まり子 屑屋の娘 伊藤 久男 キャラバンの太鼓
笠置 シヅ子 ヘイ・ヘイ・ブギ 春日 八郎 別れの一本杉
      灰田 勝彦 白銀の山小舎で

紅白歌合戦(昭和31年第7回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和31年第7回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

哀愁列車

三橋美智也

惚れて 惚れて 惚れていながら 行く俺に 旅をせかせる

炭坑節

赤坂小梅

炭坑節 月が出た出た 月が出た(ヨイヨイ) 三池炭坑の

ハートブレーク・ホテル

小坂一也とワゴン・マスターズ

Well Since my baby left

おお牧場はみどり

童謡

おおまきばはみどり くさのうみかぜがふく おおまきばはみどり よくしげったものだ ホイ

赤城の子守唄

東海林太郎

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が 啼いたとて 泣いちゃいけない

別れの一本杉

春日八郎

泣けた 泣けた こらえ切れずに 泣けたっけ あの娘と別れた

常磐炭坑節

鈴木正夫

ハァー朝も早よからヨ カンテラ下げてナイ(ハヨイショヨイショ ヨイショヨイショ) 坑内通いもヨードント 主のためナイ(ハヨイショヨイショ

若いお巡りさん

曽根史郎

もしもし ベンチでささやく お二人さん 早くお帰り 夜が更ける

愛ちゃんはお嫁に

鈴木三重子

さようなら さようなら 今日限り 愛ちゃんは太郎の 嫁になる

唐人お吉の唄

小唄勝太郎

駕籠で行くのは お吉じゃないか 下田港の 春の雨 泣けば椿の

白いランプの灯る道

奈良光枝

通いなれた 歩きなれた しき石道よ 今宵別れの 霧が降る

私の青空

ディック・ミネ

夕暮れに 仰ぎ見る 輝く青空 日が暮れて たどるは

かえりの港

藤島桓夫

島へ寄らずに このままゆこか 沖の 鴎よ 情あるならヨ-

自転車旅行

岡本敦郎

昨日雲飛ぶ 山の道 今日は緑の 森のかげ チリリン

夜のバイオリン

松島詩子

夜のひととき ひき鳴らす 恋はかなしい トレモロか あなたは

桑港のチャイナタウン

渡辺はま子

桑港のチャイナタウン 夜霧に濡れて 夢紅く 誰を待つ 柳の小窓

セ・シ・ボン

高英男

セ・シ・ボン だきしめてる 胸できくのよ 甘い言葉…… セ・シ・ボン

おてんばキキ

江利チエミ

She was known as the

東京アンナ

大津美子

ライトの虹を 踏みながら 銀座の夜を ひらく薔薇 ああ

ケ・セラ・セラ

ペギー葉山

私の小さい時 ママに聞きました 美しい娘に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ

ヘイヘイブギー

笠置シヅ子

あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば

連絡船の唄

菅原都々子

思い切れない 未練のテープ 切れてせつない 女の恋ごころ

草原をゆく男

林伊佐緒

真赤な夕陽が 燃えつきて 落ちてく遥かな 地平線 何時の日にはてるやら

風の吹きよで

若原一郎

風の吹きよで 生まれた恋が 風の吹きよで 消えたとて それが浮世と

あわれなジャン

越路吹雪

お聞きよ兄さん 世にもあわれな 金持ちジャンのこの歌を 男と生れて 女遊びも知らぬ

旅路の雨

渡哲也

こんな晩には さびしそうねと お酒をつけて くれたっけ 男の気持ち