1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(平成5年第44回)に関する歌詞

紅白歌合戦(平成5年第44回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
久宝 留理子 X‐JAPAN TEARS
西田 ひかる 涙 止まらない SMAP $10(テンダラーズ)
香西 かおり 無言坂 山川 豊 流氷子守歌
天童 よしみ 酒きずな 高山 厳 心凍らせて
GAO LOVE J-WALK 何も言えなくて…夏
八代 亜紀 もう一度逢いたい 鳥羽 一郎 男の港
由紀さおり 安田祥子 月の砂漠 南 こうせつ
いしだ あゆみ ブルーライト・ヨコハマ 渡 哲也 くちなしの花
DREAMS COME TRUE go for it! 美川 憲一 うたかたの夢
オルケスタ・デ・ラ・ルス サルサに国境はない 前川 清 別れ曲(うた)でも唄って
長山 洋子 蜩~ひぐらし~ 光GENJI 勇気100%
森高 千里 私の夏 福山 雅治 MELODY
森口 博子 ホイッスル 細川 たかし 恋の酒
中山 美穂 幸せになるために 少年隊 服部良一メドレー~紅白バージョン~
研ナオコ かもめはかもめ 海援隊 贈る言葉
大月 みやこ 女の港 吉 幾三 酒よ
伍代 夏子 恋ざんげ TUBE 夏を待ちきれなくて
ケー・ウンスク(韓国) アモーレ~はげしく愛して~ 堀内 孝雄 影法師
中村 美律子 島田のブンブン THE BOOM 島唄
工藤 静香 慟哭 藤井 フミヤ TRUE LOVE
小林 幸子 約束 小林 旭 あれから
藤 あや子 むらさき雨情 さだ まさし 主人公
坂本 冬美 恋は火の舞 剣の舞 五木 ひろし べにばな
和田 アキ子 星空の孤独 谷村 新司 階(きざはし)
都 はるみ おんなの海峡 森 進一 さらば友よ
石川 さゆり 津軽海峡・冬景色 北島 三郎 まつり

紅白歌合戦(平成5年第44回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(平成5年第44回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

勇気100%(忍たま乱太郎 OP)

光GENJI

がっかりして めそめそして どうしたんだい 太陽みたいに笑う きみはどこだい

津軽海峡・冬景色

石川さゆり

上野発の 夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中

島唄

THE BOOM

でいごの花が咲き 風を呼び嵐が来た でいごが咲き乱れ 風を呼び嵐が来た

慟哭

工藤静香

避けられてるかも しれない予感 それとなく それとなく 感じてた

まつり

北島三郎

男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

月の砂漠

由紀さおり,安田祥子

月の砂漠を はるばると 旅のらくだが 行きました

TRUE LOVE

藤井フミヤ

振り返ると いつも君が 笑ってくれた 風のように そっと

くちなしの花

渡哲也

いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

ブルー・ライト・ヨコハマ

いしだあゆみ

街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ あなたと二人

贈る言葉

海援隊

暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆく あなたへ 贈る言葉

男の港

鳥羽一郎

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が呼ぶ 競う船出を

主人公

さだまさし

時には 思い出ゆきの 旅行案内書にまかせ 「あの頃」という名の 駅で下りて

何も言えなくて・・・夏

JAYWALK

綺麗な指してたんだね 知らなかったよ となりにいつも いたなんて 信じられないのさ

酒よ

吉幾三

涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒

夏を待ちきれなくて

TUBE

I love you さえ 言えなくて

Tears

X

何処に行けばいい 貴方と離れて 今は過ぎ去った 時流に問い掛けて 長すぎた夜に

心凍らせて

高山厳

あなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男とはちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に

むらさき雨情

藤あや子

いのちを惜しむ 私なら あなたに ついて 行かないわ

アモーレ ~はげしく愛して~

桂銀淑

あの頃は愛だとも知らないで おたがいの人生を選んでた 陽のあたる坂道に咲く花が しあわせと思いつつ歩いてた 一年は

go for it!

DREAMS COME TRUE

想像もつかない毎日が 送れると思わない? 一緒なら 無敵の毎日が 過ごせると思わない?

MELODY

福山雅治

君が望むことのすべてを かなえようと してたけど いつでも届かない 互いに流れる時間は変わり

酒きずな

天童よしみ

一度結んだ 命のきずな 結び通して どこまでも これが二人の

島田のブンブン

中村美律子

夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りごころが 騒ぎだす 今日は祇園か

「男」

久宝留理子

何くわぬ顔して 違う女の話をしないで 少しやさしさが たりないんじゃない 悲しいこと

長山洋子

生命を燃やす 季節は短い まして女の 綺麗な時期は 夏の夕暮れ

おんなの海峡

都はるみ

別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ものなのね 東京をすてた

幸せになるために

中山美穂

幸せになるために 私たち 誓った でも ふとした言葉で

私の夏

森高千里

どこかへ行きたいな 今年も この間 彼とは 別れたけど

南こうせつ

妹よ ふすま一枚 隔てて今 小さな寝息を たてている妹よ

別れ曲でも唄って

前川清

それを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい 指がくいこむ背中は ちがう女になるけど 夏の嵐身も心も