1. 歌詞検索UtaTen
  2. フジファブリック

フジファブリックの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

電光石火

忘れたこと覚えたこと 積み重ねたのどのくらい 高層ビルより高く 大空突き抜けるくらい したいことがまだ

1/365(NHK Eテレ メディアタイムズ テーマソング)

弾けた想いは溢れ続けている 本当も嘘も受け止めてあがいて 僕らはいつでも探し求めている 1/365を日々日々歩いて行けば答えは

星降る夜になったら

真夏の午後になって うたれた通り雨 どうでもよくなって どうでもよくなって ホントか嘘かなんて

若者のすべて

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている

All Right

轟音 爆音 音を鳴らせばそしたら天国 騒音 雑言

ポラリス(TVアニメ「シンドバットの冒険」エンディングテーマ)

見慣れたはずの景色が冷たく僕を遠ざける 歩幅に合わせ過ぎていくモノクロームの毎日で 水平線の向こうに漂う雲が消えたら 微笑む君を思い出すよ

ぼくらが旅に出る理由

心がわりは何かのせい? あんまり乗り気じゃなかったのに 東京タワーから続いてく道 君は完全にはしゃいでるのさ

赤黄色の金木犀

もしも過ぎ去りしあなたに 全て伝えられるのならば それは叶えられないとしても 心の中 準備をしていた

徒然モノクローム(つり球 OP)

他の事なら気にせんが 知らず知らずに待っていた はにかみを残してたの うれしいのか 悲しいのか

カンヌの休日 feat.山田孝之(山田孝之のカンヌ映画祭オープニングテーマ)

失われた週末 かくも長き不在 4ヶ月、3週と2日が永遠と1日に パリ、テキサスへ パパは出張中!!

Bye Bye

待ちに待った土曜日 映画に誘ってみたら 二つ返事の君と 手を繋ぎ 街歩いた

週末 雨上がって 虹が空で曲がってる グライダー乗って 飛んでみたいと考えている

夜の中へ

あぁ君を見てしれるだけで僕はきっと 夢のような時間が過ぎて 終わるような気がしていたよ 偽りも悲しみも愛の中で

陽炎

あの街並 思い出したときに何故だか浮かんだ 英雄気取った 路地裏の僕がぼんやり見えたよ

Girl! Girl! Girl!

「ねえねえ今日ヒマしていない?」って 電話もらって1・2・3でもう すぐ部屋を飛び出した 単調だった生活が 平凡だった休日が一変

会いに

空が広がってく 雲は溶け出してる まぶしいのに なぜか見上げちゃって 目をつぶってみても

茜色の夕日

茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すものがありました 晴れた心の日曜日の朝 誰もいない道 歩いたこと

環状七号線

火の付かないライター 握りしめていた 辺りの静けさに気付く 耳にツンときて それも加わって

LIFE(銀の匙 OP)

ちっちゃい頃に思ってた 未来の姿と今はなんだか 違うようだけれどそれもいっか 僕は旅に出たんだよ 雨の日も風の日もあるけど

ブルー(TVアニメ「アオハライド」エンディングテーマ)(アオハライド ED)

夕立残っている街の中 それじゃまたねと小さく振るよ 改札の先、目で追いかけて 期待通りにはなかなかね

Birthday

体が二つあるなら僕はもっと凄い事をやっていた なんて思ったら自信家? ピアノにロックに文芸家にだって 監督だって しまいにゃ大統領にだってなれるよ

笑ってサヨナラ

気付いた時には遅すぎて彼女の涙に困ってた その涙の訳聞いたなら 答えは言わず黙ってるのだろう 薄くなる君の面影は違うものに押しつぶされそうになる

Small World(宇宙兄弟 OP)

忘れようとした事も 思い出せなくなった 足りてないものは経験だけか? 想像が渦巻く

Sugar!!

いつだって こんがらがってる 今だって こんがらがってる 僕の頭の中

フラッシュダンス

1,2,3 フォルテして行くのは エンジンの鼓動 今も僕の 想像がよくない方になってく

クロニクル

気にしないで 今日の事は いつか時が 忘れさせるよ

桜の季節

桜の季節過ぎたら遠くの町に行くのかい? 桜のように舞い散ってしまうのならばやるせない ならば愛を込めて 手紙をしたためよう

花屋の娘

夕暮れの路面電車 人気は無いのに 座らないで外見てた 暇つぶしに駅前の花屋さんの娘にちょっと恋をした

裸足のバレリーナ

だいたい いつもそう 合わせる感じが 安心安定のお決まりでしょう 約束はいらない

夜明けのBEAT

半分の事で良いから 君を教えておくれ 些細な事で良いから まずはそこから始めよう

全て見る