1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. フジファブリック
  6. 言いたい、言えない。心の内面を見事に表現した「若者のすべて」

【歌詞コラム】言いたい、言えない。心の内面を見事に表現した「若者のすべて」

このアーティストの関連記事をチェック

異なる心の形、フジファブリック「君は僕…

「フジファブリック」友の遺志を継いで進…

フジファブリックの『若者のすべて』。この曲が発売されたのは2007年。それから10年以上経った今。この曲は、人気が衰えません。今でも、人を惹きつけてやまない『若者のすべて』の謎に迫ります!

公開日:2019年8月23日 更新日:2019年9月26日


この記事の目次 []
  1. ・夏の終わりと恋の終わり
  2. ・花火と共に散っていく恋
  3. ・まだ諦めきれない夢
  4. ・かっこ悪くても諦めない
10年前、皆さんは何をされていたでしょうか?今回、紹介する『若者のすべて』は発売されてから、10年以上経っているのです。

でも、今でも人気は衰えず、ずっと聴かれている名曲です。この記事では、人を惹きつけてやまない名曲『若者のすべて』についてじっくり紹介し、この曲がもつ魅力の謎を解き明かします!

夏の終わりと恋の終わり


----------------
真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた
それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている
夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて
「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて
≪若者のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

歌い出しの歌詞は、夏のはしゃいだ空気感が静まり、秋の気配を感じられます。

そもそも夏って、いろんな思いを感じさせてくれるものですよね。開放感はもちろん高揚感、胸の高まり…そして、恋の予感。

たくさんのイベントを持つ夏が、何事もなく過ぎ去る寂しさを思わせ体感させられる歌詞が、胸にぐっときますね。

「夕方5時のチャイム」は子供たちにとって、遊びの終わりを告げる合図です。楽しいことが終わり、現実へ帰る時間であるため、夏という季節がもたらした魔法が消え、いつもの生活に戻っていくことを象徴してもいるのです。
いつものチャイムがやけに胸に迫るその理由を「運命」という言葉で片付けて、まだ何かいいことが起こりそうな予感を諦めきれない、フワフワとした心情を見事に表現しています。

今日こそ、気になるあの人と話ができるかもしれない、距離が縮まるかもしれない。そんな淡い予感に心躍らせる、瑞々しい場面です。

花火と共に散っていく恋



----------------
最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな
ないかな ないよな きっとね いないよな
会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ
≪若者のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

サビの部分では、今年最後の花火を眺めながら、今日という日を思い返しています。「今年も」ということは、毎年花火を見ているのでしょう。花火を見ると夏が終わる、つまり花火=夏の終わりなのです。

夏の終わりは淡い恋の終わりでもあるのでしょう。何となくフワフワとした心で期待しているいい予感が、何もないまま終わってしまう現実。
「ないかな ないよな」とは、素敵な偶然でしょう。今年最後の花火の下で、思いを寄せる人と会える奇跡。

そんな奇跡がもしも起きたら、胸に秘めたこの思いを伝えられるかもしれない。けれど、実際にはそんな奇跡は起こらず、1人寂しく夏の花火を見て今年も終わっていくのです。

まだ諦めきれない夢



----------------
街灯の明かりがまた 一つ点いて 帰りを急ぐよ
途切れた夢の続きをとり戻したくなって
≪若者のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

徐々に夜へと向かって行く風景の中、帰り道を急ぐという日常。夏という季節が夢を見せてくれたとするならば、すでにその夢は醒め、見慣れた現実へと帰って行く場面です。

しかし、そんな中でも目指すべきは家でも日常でもなく、叶わぬままになった夢。
“まだいけるんじゃないか““まだ叶うんじゃないじゃ“そんな思いで必至に突き進むのです。

かっこ悪くても諦めない



----------------
すりむいたまま 僕はそっと歩き出して
最後の花火に今年もなったな
ないかな ないよな なんてね 思ってた
まいったな まいったな 話すことに迷うな
≪若者のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

この花火が散ったら、そこに残るのは今度こそ現実のみです。
“今年こそ諦めたくない“そんな強い思いで見上げていると、ないと思っていた奇跡が起こります。

こんな人混みの中で、出会えないと思っていた人。会えたなら思いを伝えられるかもと思いつつ、出会うことさえできなかった人と対面し、言葉に迷ってしまいます。

まるで映画の一場面のようにドラマチックでありながら、誰しも経験したことがあるような甘酸っぱい恋が瑞々しく描写されています。

会えないと思っていたから、あれだけ恋い焦がれていたのに、言葉が出てきません。もどかしくも嬉しい時間です。

----------------
最後の最後の花火が終わったら
僕らは変わるかな 同じ空を見上げているよ
≪若者のすべて 歌詞より抜粋≫
----------------

最後の場面では、2人で夜空に咲く大輪の花を見上げています。まだ、気持ちは伝えていないのでしょう。“この花火が終わった頃に、一歩踏み出せているのだろうか?“そんな不安と期待の入り交じった心情が伝わってきます。



よい方に変わっていけたら、今年の花火はそれこそ「何年経っても思い出して」しまうでしょう。そして、よい方に2人の関係が変わっていくことを、花火に祈っているのです。

最後まで結果が分からず、ハッピーエンドとはいえない楽曲。しかしその不透明さ、不安定さこそが、『若者のすべて』というタイトルにある通り、若者の心を見事に映し出している名曲です。

リリースから10年以上の月日が流れても指示され続ける秘密は、若者の心に寄り添った、繊細で瑞々しく、リアルな描写にあるといえます。

▲フジファブリック (Fujifabric) - 若者のすべて(Wakamono No Subete)

TEXT 岡野ケイ


2000年、志村正彦を中心に結成。2009年、志村が急逝し、2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動。 叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンド。 「銀河」、「茜色の夕日」、「若者のすべて」などの代表曲···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

miwa、ハイキックで自身を再起動!1…

女王蜂「Introduction」東京…