1. 歌詞検索UtaTen
  2. フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ファンキーヴァイブレーション (フラカン×FM802 25周年コラボソング)

呼ばれてないのにやって来て 奪うだけ奪って去ってゆく Touru-Tu! Touru-Tu!

深夜高速(Live Version)

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中 ヘッドライトの光は 手前しか照らさない 真暗な道を走る

あなたもスターになれる

遠くに見えるものは ありゃなんだ 村の火葬場の煙突じゃないし ストリップ劇場ののぼりじゃないし 落ちたこの世のカケラじゃないし

落ち葉

月が青く揺れて 夜風が頬を叩く 電信柱の影が いばって立ってた

ロックンロール

ロックンロールはずっと流れてる 10代の頃から流れてる 泣きベソかいてた時にも 眠たい授業の時にも ロックンロールはずっと流れてる

発熱の男

素裸で立っている 穴の中に立っている 心臓の音を聴いている 光のない朝に目覚め 深みのない夜に眠り

ハイエース

埃まみれのハイエースに乗って 今日もどこかの町へと走る 6時間ぐらいか 10時間超えるか 事故がないことを祈りながら

消えぞこない

消えぞこない 消えぞこない 消えぞこないでも立っている 死にぞこない 死にぞこない

地下室

死に場所探して 今夜も駆け抜ける 寝床についても 素面じゃ寝つけないんだ 喉の奥に

大人の子守唄

子供の時は必要なかったのに どうして大人にはお酒がいるんだろう? どうして大人にはお酒がいるんだろう? 子供の時は必要なかったのに

最後にゃなんとかなるだろう

最後の最後の最後には 大体なんとかなるからよ 始発から乗り継いで 海の見える場所へ

すべてはALRIGHT(YA BABY)

すべてはALRIGHT YA BABY すべてはALRIGHT

なれのはて

旅の果て 夢の果て 成れの果て 走るだけ 枯れるだけ

246

手の平をひろげて 何となく見ている 入り組んだしわが 行き先なんだろうか? ノートをひろげて

40

部屋干しのTシャツ ちょいとひっかけて ほこりっぽい舞台に 今日も立つ 真赤な顔して

サヨナラBABY

風吹く朝焼けは 涙の色 サヨナラBABY 口笛よ どこまでも響いてくれ

どこへでも行けるでしょう 何もかも捨てられるでしょう いつまでも消えないでしょう この胸の痛ましさ

無敵の人

遠くの方に 薄暗い雲 立ちこめていたって 見ないように 目をそらしてゆく

終身刑

何も変わんない 見えるもんしか見えない 足りないぜもっと こりないぜずっと キャリアなんか意味ない

Mr.LOVE DOG

はみだしそう はちきれそうだ 体がほてりだして とまらない(ride on

花のようでした

天気予報が言うことにゃ 今夜は雨が降るらしい 何も予定はないけれど ビニール傘が一本あったっけ?

三十三年寝太郎BOP

醒めない 醒めない 夢から醒めない 醒めない 醒めない

short hopes

男のよれたスーツには 2枚のカードが入ってる たった1枚の銀行のカード まっぷたつに割ったからだ 景気がどうとかもういいと

ビューティフルドリーマー

ハッピーじゃない ラッキーじゃない 強がって笑っているかい? 色褪せてない 日々なんてない

また明日

サヨナラなんて 言葉はもう 消えてなくなれ 誰でもきっと 出来ればずっと

エンドロール

パンクした自転車を引きずって 帰り道を歩いてた 走れなくなった乗り物は 鉄クズと同じだ 荷物は重たい

青いお空に

青いお空に 大きなお空に 広がる罪悪 もみ消してしまえ

春色の道

どこまで来たのか立ち止まり 背中を曲げたまま振り返る 夕焼けが名残り惜しそうに沈む 子供の頃を少し想いだす

モンキー

昭和44年4月30日に生まれた 未熟児寸前 よく泣いてよく吐いて育つ 好きなものは バロム1

東京ルー・リード

どうにもこうにも 抜けの悪い日が ここ数十年 毎日続いてる

全て見る

関連ハッシュタグ