1. 歌詞検索UtaTen
  2. フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

未明のサンバ

はこりかぶったテーブル ひび割れたコップが反射する 空の薬のパッケージ 散らかった六畳のフローリング イヤホンから微かにもれる

吐きたくなるほど愛されたい

寂しいとかもう 悲しいとかもう 泣きたいとかもう あきあきしたんだ

どこへでも行けるでしょう 何もかも捨てられるでしょう いつまでも消えないでしょう この胸の痛ましさ

消えぞこない

消えぞこない 消えぞこない 消えぞこないでも立っている 死にぞこない 死にぞこない

元気ですか

お元気ですか お元気ですか 未来の俺 未来の君は

ハイエース

埃まみれのハイエースに乗って 今日もどこかの町へと走る 6時間ぐらいか 10時間超えるか 事故がないことを祈りながら

最後にゃなんとかなるだろう

最後の最後の最後には 大体なんとかなるからよ 始発から乗り継いで 海の見える場所へ

青い吐息のように(NHKプレミアムドラマ 初恋芸人 主題歌)

他の誰かの為ではなく ただ自分の為だけに 選んだ道は今日も果てしなく 乾いた風がかかとを冷やす

ファンキーヴァイブレーション (フラカン×FM802 25周年コラボソング)

呼ばれてないのにやって来て 奪うだけ奪って去ってゆく Touru-Tu! Touru-Tu!

29

はしゃぎ過ぎたようで 喋り過ぎたような 生まれたてのようで 黒い染みのようだ

三十三年寝太郎BOP

醒めない 醒めない 夢から醒めない 醒めない 醒めない

ビューティフルドリーマー

ハッピーじゃない ラッキーじゃない 強がって笑っているかい? 色褪せてない 日々なんてない

また明日

サヨナラなんて 言葉はもう 消えてなくなれ 誰でもきっと 出来ればずっと

SO LIFE

恥ずかしい話ですが でたらめに生きてます 恥ずかしい話ですが 頼りなく見えてます 恥ずかしい話ですが

人生Roll On

やってみればいいじゃん 失敗してもいいじゃん やらないより全然いい 本音言っていいじゃん 建前よりいいじゃん

東京の朝

いつのまにか当たり前の顔をして 新宿の街を歩いてる 初めて来たのは雪の日の夜 もうずいぶん昔の話 スクランブル交差点を渡る時

雲の形

時間の流れの中で たくさんのものを失くしても 大人はきっとうまいように話す 無駄な事なんてなかった

上京14才

とぼけた顔して 季節は変わる 調子はずれの 歌はまだ続く

この胸の中だけ

ゆうべ突然懐かしい気持ちになって 小学校の校庭に忍び込んだ あの頃あんなに大きく見えてた鉄棒が 今見てもやっぱり大きかった

小さな巨人

赤ら顔で 威張ってる 青い空 ぶっ刺してピースサイン

冬のにおい

曲がり角 音をたて 吹き溜まり 枯れ草が 折れるまで

夕焼け

夕焼け あの娘と歩いた道 知らない街まで続く道 つぼみのまま 春を待つ花が

モンキー

昭和44年4月30日に生まれた 未熟児寸前 よく泣いてよく吐いて育つ 好きなものは バロム1

あなたはだぁれ?

うんざりしている奴は 誰だ? 何にもないのに自信がたっぷり 誰だ? 悔しくて眠らない奴は

終わらないツアー

もう 未来なんかない はしゃぎ過ぎたおめでたい奴でいよう もう 未練なんかない

ドッチ坊主大会

おまえこないだまで俺のこと 君づけで呼んでなかったっけ? おまえこないだまで俺のこと 君づけで呼んでくれてたよな? なぁ、おい!

大人の子守唄

子供の時は必要なかったのに どうして大人にはお酒がいるんだろう? どうして大人にはお酒がいるんだろう? 子供の時は必要なかったのに

たましいによろしく

生ぬるいコーヒーすすって 一体いくつになったんだ 通り過ぎていく季節を 猫背のまんま見送って あれから何年たったろう?

深夜高速(Live Version)

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中 ヘッドライトの光は 手前しか照らさない 真暗な道を走る

夏に生きる

びっくりするぐらい 胸が冷たくなって 気づかないぐらい 夏はあっさり終わった

全て見る

関連ハッシュタグ