1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中村中

中村中の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

きみがすきだよ

ひとりぼっちのぼくに声かけてくれたあの日から、ずっと、ずっとね、きみがすきだよ。一番後ろのぼくを振り返ってくれた、ぼくの眼を見て微笑む、きみがすきだよ。 ぼくは透明人間で、誰にも見えないはずなのに、どうしてぼくを 見つけだしたの? きみがすきだよ。

裏通りの恋人たち

表通りは今日も 人の流れ 不自然 笑えないのに 笑ったフリしてるのが見える

不夜城

眠らない街 何処へ行くの 終わらない夜の続き 高く伸びてく ビルの谷間

羊の群れ

今日も上から下へ丸投げ 骨折り損の幕開け みんな名誉の餌に釣られて 日に日にやつれていくんだ

廃墟の森

振り向けば 名も知らぬ木が 伸びていた 知らぬ間に 名も知らぬ木が

孤独を歩こう

或る日 少年はあまりに寂しくって 街を出た 旅に出た 周りと同じように出来なきゃ笑われて

箱庭

僕の体は重過ぎて 逃げられやしない 僕の頭は軽過ぎて 考えられない

雨雲

近頃 空が騒がしい 何か隠して 本当のことが見えない 雲に紛れて

蜘蛛の巣

平成最後の日本の空には 見えない蜘蛛の巣 張り巡らされる 触れたら逃がさない 身包み剥ぐまで

たびびと

出会った頃 思い出せば 風も海も変わったけれど 思い出話すれば ほころぶ

友達の詩

触れるまでもなく先の事が 見えてしまうなんて そんなつまらない恋を 随分続けて来たね

家出少女

「さがさないで テーブルに書き置き ください」と せめてもの尊敬 さぐらないで

冗談なんかじゃないからネ

冗談じゃないから 悲しいんじゃないか 真に受けてくれないから 悲しいんじゃないか

トランクソング

風が吹いた 洗濯物が飛ばされて ママの悲鳴が貴方の部屋にも 聞こえるでしょ それは二人だけの合図

世界が燃え尽きるまで

明日にもこの世界は 壊れそうだと聞いたよ 本当ならそのときは 隣にあなたがいてほしい 家族とか友達には

またあした

ままごとずきな きみと どろあそびずきな ぼくが いっしょに

強がり

急にため息ついたりしたら ホラね やっぱり驚くわよね いつからだろう 強い女になってしまった

旅人だもの

トラックを停めたら 迷子扱い 抱けると思われて乗った助手席 なんて読むかのわからない さびれた駅の陰からは

「側にいる事。」

生きてゆくのなら 戦うべきだと 口を利けばそんな事ばかりで 嫌われていると思っていたけど 貴方の昔や

風立ちぬ

見送ってくれなくても 良かったのに また会えると信じてる 貴方は無邪気な人

鳥の群れ

いつもの時間に集まる約束は 恋人達のためにあるんだと 知らずに貴方に会いに行っていた 誰かが言えば良かったのに 教えてくれても良かったのに

あたしを嘲笑ってヨ

強がって薄着で飛び出してきたから 夜風にくしゃみを飛ばしてる 夜は急に冷える 誰でも寒いのに 誰ひとり

やりきれない日々

貴方はたまに よそ見しながら 言葉を返す癖があるでしょう 本当はもう 気付いているの

逢いびきの夜

鐘の音に紛れてあの人に逢いにゆく その夜 私は窓から飛び出した 歩道橋を越えて 枯れ木立を越えて

死ぬなよ、友よ

この頃ふと思うんだ 曲がりくねった道なかば 出会いの方が多いのに 別れた人ばかり思うのはなぜだろう

ずっと君を見ている

暮れかかる午後の空 片付かない手仕事 汗がしみたシャツの襟 焦る首をしめつける

戦争を知らない僕らの戦争

悪いな、俺は足をやられてる そうかい、おいらは両目をやられた 先に行くんだ、遠くに逃げろと 諦める奴はいなかったけれど ごめん、私は喉をやられてる

さよならは言わないで

おしまいの予感は きっと二人共が もっと早いうちに感じてた だから今日こうして こんな雨の中で

リンゴ売り

別に好きでこんな服を着てるわけじゃない 別に好きでこんな顔をしてるわけじゃない だって派手な衣装で隠さなきゃ だって派手な化粧で隠さなきゃ

私の中の「いい女」

昔から好きだった白い服が似合わない 瞳が荒んで色を変えたせいね あの頃は似合ってた淡いメイクが映えない 泣きたい気持ちが隠せなくなってる

全て見る