城南海の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

サヨナラよりも伝えたかったこと(ドラマ 池波正太郎時代劇 光と影 主題歌)

もしも願いが 叶うのならば あの日の別れに 戻れるなら サヨナラよりも

サンサーラ(アルバムバージョン)(フジテレビ系 ザ・ノンフィクション エンディング・テーマ曲)

生きてる生きている その現だけがここにある 生きることはサンサーラ 川の流れは時を超えてゆく

あなたに逢えてよかった

あなたに逢えてよかった 私 ひとりじゃなかった 抱きしめたすべてが心にある いつまでも心にある

夢待列車(NHK「みんなのうた」)

いつかサヨナラする時が 来るとわかっていても 出会い 笑い 信じることを

月と月(テレビ東京系 水曜ミステリー9 エンディング,テーマ曲)

夜空に咲く幾千の星 見守るように出逢う月と月 水面から照らす光の華は 私とあなたを繋ぐ

ただ一つ

日が暮れてゆく ふりかえる道 星もまだそこにはない 闇が訪れ

Silence(NHK時代劇「薄桜記」主題歌)

真夜中過ぎに羽を広げて 音もなく飛び去った鳥を見ていた 眠れぬ夜は なつかしい あの歌を胸の中で

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様

童神 ~私の宝物~

天からの恵み 受けてこの地球に 生まれたる我が子 祈り込め育て イラヨーヘイ

サイレント・イヴ

真っ白な粉雪 人は立ち止まり 心が求める場所を思いだすの いくつも愛を 重ねても

アンマ

夕暮れに 染まる海 あなたの背に揺られて 眠った 遠い日

アカツキ

ほんの少しだけ 流れ始めた ぶあつい雲の あいだから ヒカリがみえかくれ

涙そうそう

古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ 晴れ渡る日も

ヒカリあれ

一つ願い 一つ叶え 一つ坂道を越えたとき 頬を伝う 幾千の

会いたい

ビル見える教室で ふたりは机、並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語と、 バスケット、そして

チョネジア~天崖至×~

涙でゆれるのに 空は青い 心に見えた 風のゆくえ

サボテンの花

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて 君は部屋をとびだした 真冬の空の下に 編みかけていた手袋と

Snow Crystal

君の事をふと思い出した 雪が急に降りだしたせいさ 過ぎてゆく人の波 ひとり立ち止まったままで

アイツムギ

愛紡ぎ 心つなぎ 送る幸せを 知るのなら 愛の糸を

ピアノ

私の静寂を破る 一つの音がいま響いている 静かだった海に 波を立てたのは そう

なごり雪

汽車を待つ君の横で 僕は時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく

月下美人

今宵こそはあなたに 逢えるとわかって宇宙を飛ぶ あなたの甘い香りは 海を越えて届いてる

七草の詩

桔梗の蕾が綻ぶ頃 あなたと花野歩いていた 吹き抜ける風は色づいて 七草の詩をしたためる

祈りうた~トウトガナシ~(アルバムバージョン)

飛びゅるクッカルぬ 美ら声にひきゃされてい 森こえればよ 青さん海ぬあたん

白い月

紅い空は すぐ墨色に染まり そして気の早い 月を際立たす

ひかりさすみち

ココロは置いて行かない 歩き出せなくなるから 一緒に見れる最後の 町並みが日暮れて行く どうして僕らは

ORION

泣いたのは僕だった 弱さを見せないことが そう 強い訳じゃないって君が 言っていたからだよ

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬もそれからもずっと僕らが 一緒に過ごせる為の

夏の終わり

水芭蕉揺れる畦道 肩並べ夢を紡いだ 流れゆく時に 笹舟を浮かべ 焼け落ちた夏の恋唄

ひこうき雲

白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり

全て見る

関連ハッシュタグ