1. 歌詞検索UtaTen
  2. 清春

清春の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

I know

声をあげるよ運命だって 光の前に闇よ変わって 手が触れ合えば言葉はやんで 暖かいほど時は過ぎ去って

貴方になって

あなたになって 狂おしくって 今日も想って Ah あなたに会って

赤の永遠

愛され 曇った空 やり切れない想い 困惑と愛のリバーヴ 貴方は空を見た

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の 君のようです ためらいがちに

メランコリック

メランコリックな日差し 太陽がいっぱい 気がふれてく夏 真昼の夢 つたえたい感情

SADISTIC EMOTION

JUST NOW IT EMOTION IN

RELAX

(Ad lib) Relax, don't

真冬の華

愛されていたよね あんなに想ってくれたよね 僕だけでいいって笑った 貴女と老いてゆけるよね

アロン

いつ霧は重なり あの美しく 叶わない様さエレジー 芽生えるだろう

experience

You do have so heavy

EMILY

僕は何度か触った香りに夢中さ 君はとっても優雅な快感だった 銀のピアスは表情伝いに揺れてる ロマンチストになりたい意識は空白

wednesday

wednesday 甘い君がいるgirls school wednesday 甘い君がいるgirls

悲歌

嗚呼、戻って 変われるよ 時、足りてあっていいって 何処だろう、歩いてるよ 互いに寄り添って

FUGITIVE

去ろう、ボルドーの重い扉、手繰り寄せて 消すよ、何処かで聞いたことある 優しきラブソング 氷で触れて這わせる度

背中まで45分

出会いの場所は ホテルのロビー 目と目があって あいさつはなく 夜は始まり

夜を、想う(Album ver.)

Oh 愛しい人よ最後に 寄り添えた時を思い出してみて Uh

アモーレ

夜、あなたがした 愛撫 舞い この瞬きで カルメン

DIARY

迷えば先は快楽 いつか君は領域 どれも愛の世界 飽きる位、書いてあって

すれちがい

ほうり出され 雨の中 ひとりきり 雨の中 Ah,

slow(ヤマトナデシコ七変化 OP)

Ah 君を想う夜は、甘く香る風の中に 慰める様な優しさが僕を通り過ぎるよ 君が居ると聞こえてた

pledge

永遠はどこか 青白く深く 何処まで行こう 決まっているよ

予感

さあ陽が堕ちてゆくよ だけど消えたりしない 遠い空は今日も 鮮やかなコバルト

Lorelei

脳ある彼女はツメをさらけ出して 浮かぶ全てを迷いを言う 確か、身を投げたのは幸せすぎて 怖くなった、そのせいだろうって

TWILIGHT

夜が来て 君はそっと 明るい声 描いて座っている

美学

七色の闇 翳りゆける 想い 悲しくはないって 通抜けて

ゲルニカ

それは遥か彼方で貴方へ手を振るだろう そう、此処では悲しい心は芽生え無くて どうして喉は潤ませてた?

この孤独な景色を与えたまえ

目の前は蜃気楼、虹がかかって大きな光で吸い込まれる これまでに僕が知った愛は何処へ消えてくの? 鳥達とサフアイアの大空 頬につたう

ロラ

眩暈に堕ちてゆく この先で 誰が愛に長けているだろう 答えを合わせないままで 喘いで

the sun -album version-

The Sun & Black Tears

MESSIAH

待ち構えてるであろう悲劇 灰と静けさと雨と 対して生きる事は愉快 魔性と永久の痛み

全て見る