1. 歌詞検索UtaTen
  2. Angelo

Angeloの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

FEATHER

白い羽が堕ちいく 未来まで書き換える雨に濡れながら 涙と混ざり合って 逃げ場所を失った悲しい横顔

dummy blue

Please save me Skull baby

螺旋

砕けた硝子の欠片拾い集めた 手のひら残した傷を見つめながら 信じた未来は一夜の闇に 別れも告げずに弾けて消えた

光の記憶(テガミバチ ED)

真っ白に降り積もる光に手をのばした 記憶あの日のままで 失くしてしまわないように 言葉に託した想い 君に届けて

Resolve

張り詰めた糸が 千切れて跳ねる 自由という名の恐怖 どこへ向かうのが正しいのかも わからぬまま止まれもせず

結晶

結晶舞い散る 掌で溶けていく涙 凍える身体にひとすじの温もりのように 寄り添うように聴こえていた

MOMENT

永く纏った 哀しみを脱ぎ捨てて 空へと 別れる地上に 儚い祈り残し

FATE(戦国BASARA弐 ED)

繰り返していく 哀しみ交わって 紅く染まる月の下 引き寄せ合うように

EVE

木漏れ日射すこの場所で 君が眠りについた まるで束の間 身体を休めるように そっと

極楽鳥

音をたて軋む浮世に 狂い咲く蓮の花一輪 欲望にかすめ取られた 魂を憐れむかのように

evil

逃れることを許さぬ運命と 精神の奥 牙を剥く抵抗と Fall into

PANDEMIC

無言のまま身体あずけていて 手招きする影 闇に消えるまで 声を潜め受け入れて完全なる愛の儀式 恐怖心も薄れいく偉大なる増殖の前夜

シナプス

Please touch the receptor. Celebrate

DECESE

明かりを灯す 闇は霞んで 貴方を映した 内なる声に 頷きながら

Ruins

瞬間に砕け散った 神々しいまでの骨格 死に際に見せつけた 後戻り出来ない現実

HETERODOX

祭壇灯す炎揺れる 異教に魂をゆだね 崇め祀る偶像は 裂けて地に堕ち消え去った 途方にくれる君に

ORIGIN OF SPECIES「ALPHA」

死の淵漂いながら 逃げ場は完全に塞がれ 手も足も食いちぎられて この世の理を知る Die

PRAY

一瞬だけ足を止めて見渡した 少しでも目に焼き付けておくように 引き裂かれるような想いに手をあて 痛みも連れていこうと決めたあの夜

SEVEN DEADLY SINS

脊髄を這うように浸食は加速する 快楽に手招かれて 罪を重ねるたび 本性は赤裸々に 演出されていた

El Dorado(戦国BASARA弐 ED)

儚く移り変わる時代を越えて まだ見ぬ地平を目指す いつかたどり着くまで 声をたどる

STRING

弾けて散った破片は無軌道に 膨大な選択肢 脈絡を隠す Based

PERFECT PLAN

常軌を逸した行動 解釈不能の結末 響く産声 不安げに潤んだ瞳に 進化の始まり映して

Ares

終わることなく降りしきる 哀しみの雨に跪く 祈る叫びは天を突き 聞こえない声を待ち続け

SISTER

鼓膜に焼きつく慈愛に溢れる子守唄 真似て口ずさむ 重ねた罪への餞に 神々しく佇んで 眩い光に抱かれて

CONTRACT

闇夜が覆う空 一筋切り裂いて 墓標貫いた 閃光に目覚め 蘇る恋心

SCARE

囚われる深層意識 終わりのない恐怖をたずさえて その胸に閉じた叫びは 悲痛なまで願いへと繋がる

Doll

激しく衝突重ね 弾け飛ぶ理性 嘆きの唄も聞こえないまま 潰し合う

Reflect

突き刺す光に目を背けた 陰に隠れ怯えては 窓の向こう側に映る景色 何もかもが映像のように

STEADY

狂おしく傷つけるように ストーリーにピリオドを打って 粉々に砕けた欠片を 裸足のまま踏みつけていった

SQUALL

最後の別れは突然だったね だけどその理由はもう解っているよね 終わってしまうことなんて始めから 頭のすみにもなかったのさ

全て見る

関連ハッシュタグ