1. 歌詞検索UtaTen
  2. GOOD ON THE REEL

GOOD ON THE REELの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

サーチライト(ドラマ 監獄学園-プリズンスクール- 主題歌)

安心安全に守られた こなしていくような日々の購読 普通の定義に慣れたせいで 鍵の在り処をうまく思い出せない

停止線より遥か手前で

変わりたいけど変わらないだけだよ だって変わるよりこのままいる方がラク 話したいけど話さないだけだよ だって話すより合わせている方がラク

灯火

物語に続きがあるなら カムパネルラの父さんは 家に帰って一人になって きっと泣き崩れただろう 優しさを持て囃すなら

素晴らしき今日の始まり

懐かしい匂いがしました 誰かは上司に頭を下げます 誰かはリングに崩れ落ちます 僕は多摩川に着きました

あいつ

お金もないし 帰る場所すらないし 元はと言えば彼に裏切られて えっと・・・

いらない

信じないなら 信じなくていいよ その分の時間なら ちゃんと用意しとくから

ノースポール

言えなかった言葉は今も いつかの海で出番を待つ 砂を引きずる波音に 消えないように揺れている デュランドの音がいつものように

Drop

君が欲しかったのは湿気ったビスケットですか? 有名なパティシエの甘い甘いチョコレートですか? 君が欲しかったのは酔っ払いバッカス像ですか? 完璧な肉体美で強い強いダビデ像ですか?

ペトリコール

朝方の青い空気 結局眠れなかった6時 空っぽになった2段目の棚 忘れていった蝶々のピアス 雨の匂いがした

コトノトコ

生きてるとは色んなコト 悲しいコト 苦しいコト むかつくコト 悩みゴト

ひらり

昨日の夢が今も 頭を離れないまま 洗濯物を干して ふと目についた桜が 美しく

エターナル・サンシャイン

結局途中で眠ってしまった 映画のタイトル思い出せず 青冷めた小さな公園 入り組んだ枝を仰ぐ ブランコの鎖は冷たかった

Growing Yellowish

天井を見上げている。 いくつもの笑い声と、いくつもの泣き声が染み込んでいる。 外では光と今朝方までの雨が、影に色を付けた所だ。 冷たい空気を肺に仕舞い込んで、

小さな部屋

今日はなんだか朝の日差しがやけに眩しく 小さな部屋を照らす 寝惚け眼でやっと起こした体 カーテンを開けてみる 昨日壁に飾ったカレンダーの

いなくなる日

朝から雨が降っていた 街はいつもと変わらなかった でも君はいなくなる でも君はいなくなる テレビの気象予報士が

BYSTANDER

さぁ、一つ目の問題ですよ 傍観者さん デデン! 栄光を掴んだのはどちらでしょうか? A:ただただ見ていただけの傍観者か

空白の日

例えば 晴れた朝に神様が迷子で みんなが狂ったら 記念写真を撮ろう ビルの屋上で大好きな君と

シャボン玉

シャボン玉を飛ばそう 君が息する証として 星めぐりの歌が死んだ 華やかに踊る街角で シャボン玉を飛ばそう

限りなく透明な

海には誰もいません 空はどんより曇っています 誰かが名前を呼んだ気がして 振り向きましたが誰もいません 小さな薄い貝殻が

迷子センター

迷子センターは大盛況 いつ覗いても長蛇の列 整理券すら貰えない 果てしない行列 確かにここに居るはずなのに

向日葵とヒロインと僕

今日に咲いた大輪の向日葵 やわらかい温度で大地を包む 名残惜しげに色濃く 寂しげなオレンジとピンクのコントラスト 今日の彼方へ沈む

迷走

君に出会えた偶然 そこに理由はいらないのに 君に出会えた必然 そこに運命はいらないのに 探り探って意味に

ぼっち部屋のティティ

未来 期待 不安纏って 開かれる地図の偶像 時給

2月のセプテンバー

心に刺さったトゲは まだ抜けないままで 言わなかった言葉が ぶつかって痛む

夕映

曇った窓を指でなぞる 大きな水滴ができた きっと簡単なことなんだ 難しくしてんのは僕のほうで

mean me in

蝉の絶叫に似た声で どうかしそうだ 今朝も高架下の柱に ホームレスさんだ

逃げ水

好きだった夏を取り戻しに 紫陽花模様を頼りに 胸を誘う方へ

So Late Me

雑食の太陽 ちりちりと頬をつく ドレミ So Late

いちについて

引き出しの奥なんかじゃない カーテンの裏なんかじゃない そんなトコじゃない いつか教室に置き忘れた いつかオルガンに置き忘れた

彼にはずっと一緒にいようなんて そんな大それたコトは言えなかった 彼女はずっと一緒だよなんて 叶えたいから何度でも言えた

全て見る