1. 歌詞検索UtaTen
  2. MONGOL800

MONGOL800

モンパチこと正式名『MONGOL800(モンゴルはっぴゃく)』は、1998年沖縄で結成したロックバンドであり日本の元国民的ロックバンドでもある。現メンバーは上江洌清作、儀間崇、髙里悟となっている。なお、全員が、沖縄県出身であり、沖縄県立浦添高等学校の同級生である。
また、エレキギター、ベース、ドラムしか使わないシンプルな演奏スタイルを基本としており、デビュー以来一貫して生まれ故郷沖縄を拠点としている。
ファーストアルバムの『GO ON AS YOU ARE』でメジャーデビューを果たすと、2001年のセカンドアルバム『MESSAGE』では初のオリコン1位を獲得。さらに、2003年12月に発売されたファーストシングル「ヨロコビノウタ」でも、オリコン1位を獲得するなど、名実ともに、日本の国民的アーティストにまで上り詰めることになった。 また同年にはイタリアで初の海外公演を行い、海外からも高い評価を得ることとなる。
代表曲に「ヨロコビノウタ」等がある。

MONGOL800の関連動画

全て見る

MONGOL800のニュース

MONGOL800の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

小さな恋のうた 人気!

広い宇宙の数ある一つ 青い地球の広い世界で 小さな恋の思いは届く 小さな島のあなたのもとへ

OKINAWA CALLING(沖縄ファミリーマート“ファミコレ”CMソング)

Bell chime ringing!! La Pa

あなたに

人にやさしくされた時 自分の小ささを知りました あなた疑う心恥じて 信じましょう心から 流れゆく日々その中で

Song for you

The sky is so angry.

Home

I will be waiting for

冬の思い出

今年も冬が来る この島に雪は降らぬ あったかい雪解けの春も 秋を語る木の葉も 海も山も空も雲も

Melody

We still don't know where

大迷惑

町のはずれで シュヴィドゥヴァー さりげなく 夢にまで見たマイホーム 青い空

いつの日か

このままじゃ 星はみえなくなるよ 輝く光のうた歌わない このままじゃ 海も涙を知るよ

オーバーラップワルツ

時折 ふっと 思い出すあの人 ほんのり動いては 見えているけれど

月灯りの下で

いつからか僕の頭の中にあなたがいる 出会った頃とは違う何かがある 二人で笑い 歩んできた道 これからもずっとよろしくね

DON'T WORRY BE HAPPY

Don't worry be happy. It's

PARTY

Today is so precious day.

常夏

気になっても仕方ない 暑すぎて仕方ない めんそーれ使わない 春夏夏夏卜ーコナーツ 常に夏です

琉球愛歌

泣かないで人々よ あなたのため明日のため すべての国よ うわべだけの付き合いやめて 忘れるな琉球の心

おりこうさん

やぶれたGパンはいたら親に怒られた。 おばあちゃんは、カッコイイねと小遣いくれた。 弱虫、わがまま、過保護な僕に怖いものはない。 りこうなふりして頭下げたら吐き気がした。 友達とっくにおりこうさんさ、気持はわかる。

安里屋ユンタク

さぁ 沖縄良いとこ いつでもおいで 泡盛 美ら海

Real Life

Good morning everyone ご機嫌なメロディー 伝えるんだ

I'll be

ありふれた日常 溢れてる愛情 形ある物に価値を求めては 満たされてるフリ 見過ごして見逃して

リリー

色のない世界 言葉のない世界 あなたは何を見つめているの 僕の言葉を優しく拾い 頷き笑う色褪せぬ日々

For Life

Father said"I'm doing this for

神様

I hope for peace in

あるがまま

夢に描く空 夢に浮かぶ雲 さぁ目を閉じて 風の匂いをかごう

海行かば 山行かば 踊るかばね

※声を上げよう つぶてのような 風に逆らう 魂の花 太陽の子どもや

こいのうた

生きてゆく力が その手にあるうちは 笑わせてて いつも いつも

snow white

指折り数えたら 街が冬の支度する頃 日に焼けた黒いサンタクロース まだ 海で泳いでいる

ガジュマルの木

あなたに捧ぐこのうた 思い出は琥珀色の日 陽炎に揺れる夏の日 永遠が続けばいいな

Dandelion

I can walk. I can

夢叶う

明日には夢叶う 夢叶う いい風が吹く 明日には夢叶う 夢叶う

さよなら

月が綺麗だね 夜に魔法をかける 街の明かりから逃げた二人を照らす 夢を語り合う

全て見る