1. 歌詞検索UtaTen
  2. go!go!vanillas

go!go!vanillasの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

スタンドバイミー

高まる心 夢を重ね今を生きる あなたの優しさの下 一握りの正義 かざすはまだ見ぬ明日の景色

SUMMER BREEZE

何千回と考えたって 彼方の宇宙飛行のように 途方もない世界が孤独に漂うだけ だったらひとまとめにして「話せよ。」 なんて言ってくれる

平成ペイン(フジテレビFODオリジナルドラマ「&美少女 ~NEXT GIRL meets Tokyo~」主題歌)

輝く炭酸の泡ハジけて 夢から醒めた大人の群れ そこで迎えた冷めた夜明け 凍えちゃうから丸くなる

Penetration

日々憂鬱を噛み殺して 金銀の味で繋ぐ生命線 いつも通りの腐った夜に ふと君が現れた

マジック

とめどもなく涙が 溢れ出すのに 笑いが絶えぬ そんな場所探してる あるでしょうか

カウンターアクション

馬鹿げたことばかり 頭にくるよな ハンデ有りのサドンデス 蔓延ってて驚くよ

おはようカルチャー

しゃんとしなきゃと背伸びをして 忘れた喜びも 今日は分かち合って思い出そう 僕は君の歌を謳う

バイリンガール

どんな言葉並べて 待っていても あなたの見てる世界 もう私はいない 絡まった指がほどけてゆく

サクラサク

あい変わらずにぼくは元気です 変わりはないかい? 君と離れて悲しいんだよ毎晩 雪解けの春が来て

もうひとつの土曜日

昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳ふちどる悲しみの影

セルバ

叫びをあげた 暮れ 1989 荒波渡る 立派な子でいなさいと

エマ

始まりのチャイム 空をかけてくほど 白黒のライフ 色をつけていくよ

チルタイム

とりあえず君と落ち合って 何気なく酒を飲み交わすと むかし話に花を咲かせ 心が軽くなるんだ

オリエント

新しい1日 あぁしんどいよだなんて ううん 水溜まりに映る太陽は 一際輝くとこなのに

カントリー・ロード(TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS)

カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる

トロピカリア

クラシックロックと冷えたコーラで意気込み ダンスフロアに見たこと無い君に会いに行く 感じたままさ さぁ魅惑のトロピカリア

ツインズ

似たもの同士ねって言って笑った 優しい人守ろうと思った 来る日も来る日も側にいて 離れないようにと願ったのは

ニューエイジ

まだ敵わないけど いつも不安定な 僕を見て僕を見てよ I wanna

アクロス ザ ユニバーシティ

第2校舎の講堂の片隅で 耳にイヤフォンを差して ブラックサバスを聴いてたんだ いつもの奴らとつまんねぇなって 外に出てみりゃ馬鹿な笑い声

ラッキースター

冴えない僕に降り注いだ奇跡 ラッキーそうスター 君は眩しく はにかんだ笑顔 心はノックアウト

スーパーワーカー

「もう行かないと」戸締りして消灯 洒落こむ時間もなく駅へ向かう さっきまで床についてたのに 電車満員 電光掲示板睨んで立っている

トワイライト

あぁ起きてカーテンに手をかけれず 浅い眠りと昨日の夜のこと思いだす あぁ覚めやらぬ気持ちに 毒を吐いても 効き目がないんだ

ニューゲーム

何度繰り返し挑んでみても 同じステージ クリア出来ない おまけ程度の敵にまたも負けて

春夏秋冬

季節のない街に生まれ 風のない丘に育ち 夢のない家を出て 愛のない人にあう

ホラーショー

神頼みなんて頭に無かったんだ 建前より 本音を 大事にしよう ビートニクでいいよ

サマータイムブルー

青い海と 光る渚に誘われ からかいからかわれながら 友とフリーフォール乗った気分で行く

デッドマンズチェイス

どこまでもどこまでも馬鹿らしく いつまでもいつまでも夢見てて くたばったままでもまた目が覚めて 笑い声が響く 思い出せ

バイバイカラー

動き出す汽車は二人の別れを告げるけど いいさ オンリーロンリーガール できるなら

あの素晴しい愛をもう一度

命かけてと誓った日から すてきな想い出 残してきたのに あの時 同じ花を見て

ビートクラブ

ざわめくこの夜は借り物の顔を捨てて 君も友も集う 楽しげな音の中 酔いきれないような余所余所しさ

全て見る