1. 歌詞検索UtaTen
  2. キュウソネコカミ
  3. キュウソネコカミの特集一覧

キュウソネコカミの特集一覧

キュウソネコカミ、嘆きの実写化とは?

キュウソネコカミは兵庫県で結成された5人組ロックバンドだ。主に関西を中心に活動している。バンド名の由来はことわざの「窮鼠猫を噛む」、またゲーム『ファイナルファンタジーX-2』に登場する装備アイテム「キューソネコカミ」からきている。

キュウソネコカミの『サギグラファー』で現代の自撮り詐欺社会を考える

キュウソネコカミって、ほらアレでしょ。メガシャキーメガシャキーって歌ってた、なんかバンドでしょ。日本の最近のロック界隈あたりで人気あるんでしょ、多分。よく知らないけど。 と、言われてそうなキュウソネコカミはもうアラサーのバンドだ!毎回歌詞が面白いんだ!それだけでも知っといとくれよせめて! そんなキュウソの『サギグラファー』ですわ。『サギグラファー』よ?思わず何度も連呼したくなる『サギグラファー』は、タイトルからして優れてる!

温泉すらもロックンロールに!『OS』に見るキュウソネコカミのロック魂

シンセとギターの入り交じるパワフルで多彩なサウンドと「サブカル女子」や「かわいい“だけ”の女性」などへの愛のあるDisの効いた歌詞が特徴的な彼等。そんな「大真面目にアホな事をしながらリスナーを叱ってくれる」バンドであるキュウソネコカミの楽曲の中にも、ちょっと異質な曲があった。