1. 歌詞検索UtaTen
  2. 乃木坂46
  3. 流星ディスコティック歌詞

「流星ディスコティック」の歌詞 乃木坂46

2017/5/24 リリース
作詞
秋元康
作曲
Masayoshi Kawabata
文字サイズ
よみがな
hidden
途中とちゅうで バスからりたくなったの
見過みすごせないでしょう 今夜こんやのプラネタリウム

あたりは まちあかりさえもえない
草原そうげんはずれ ここからどうやってかえればいいの?

360 そら両手りょうてひろげて
すべてのものをせてくれる
しげもなくうつくしい世界せかい

流星りゅうせいディスコティック
どこかにあるといてた
いま っているこの場所ばしょ
たことがない
はじめての
流星りゅうせいディスコティック
ミラーボールがまわってる
ほら おどりたくなって
たこともない
流星群りゅうせいぐん
一人ひとり貸切かしきりなんて…

自分じぶんが こんなにちっぽけなんだと
せつけられたわ 宇宙うちゅうのこの無限大むげんだい

やさしい 星明ほしあかりだけがらした
一本いっぽんみちを ステップみながらけるまで

かぜとおけて 木々きぎがざわざわしている
幻想的げんそうてきひかりかげ
だれもいないわたし自由じゆう

天国てんごくディスコティック
うわさされてた伝説でんせつ
そう 偶然ぐうぜんつけたの
地図ちずらない
秘密ひみつのドア
天国てんごくディスコティック
オールドミュージックながれると
もう 身体からだうご
なぜか なつかしい
デジャビュのよる
ここならあのでもいい

ゆっくりいきって ゆっくりいきいたら
宇宙うちゅう地球ちきゅう ひとつになる
そそいだ銀河ぎんが言葉ことば

流星りゅうせいディスコティック
どこかにあるといてた
いま っているこの場所ばしょ
たことがない
はじめての
流星りゅうせいディスコティック
ミラーボールがまわってる
ほら おどりたくなって
たこともない
流星群りゅうせいぐん
一人ひとり貸切かしきりなんて…