1. 歌詞検索UtaTen
  2. 四季彼方
  3. コイワズライ歌詞

「コイワズライ」の歌詞 四季彼方

2012/6/6 リリース
作詞
四季彼方
作曲
四季彼方
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてたその瞬間しゅんかん
言葉ことばなくすほどのこの空間くうかん
そのクシャクシャな笑顔えがお
ぼくこころ鷲掴わしづかみに
大人おとなびてるそのかお
子供染こどもしみたことばかりはな
きみになり
ぼくいまだに
なにかないのに
ひろがるは未来みらい妄想もうそう
いまはまだている状況じょうきょう
東京とうきょうまちひろいのに
同郷どうきょうきみ一人ひとりきりで
つまらなそう
いまからどう?
コッソリしたドアのこう
どこへこう
どこまでもこう
ゴールは二人ふたりしあわせなほう

おしえて
きなものきらいなものを
二人ふたり共通点きょうつうてん
あまえたふりをして
いつもぼくこまらせるんだ

きみひと歳上としうえのステキなLady
ふた月前つきまえ出会であったばかり
つめえばダメになりそう
このこいおぼれそう
きすぎてこわくなる
このこいつら
きみへのコイワズライ

今日きょういないきみ
興味無きょうみないふりしても
かくせぬ挙動不審きょどうふしんぷり
っているわけじゃないのに
いないことはらてたり
意味無いみなくメール
きみこたえる
そっけない返事へんじがさらにこたえる
きみはまだぼくのものではない
なのにまるで大人気だいにんきがない

いままでの自分じぶんらしくない
きみにペースをにぎられて
ちかづいて
またはなれて
きみうえせられて

きみひと歳上としうえのステキなLady
ふた月前つきまえ出会であったばかり
つめえばダメになりそう
このこいおぼれそう
きすぎてこわくなる
このこいつら
きみへのコイワズライ

今夜君こんやくんつたえたいことがある
もうづいてるかもだけど
何度なんど自問自答じもんじとうして
このこい
was lie.
じゃない
ホントの気持きもちをいて

きみあまいものが
ねこよりもいぬほう
やさしくて世話好せわずきで
おしゃべりきな

きみ

きみひと歳上としうえのステキなGirl Friend
ふた月前つきまえ出会であったばかり
つめえばダメになりそう
このこいおぼれてる
きすぎてこわくなる
このこいあま
きみへのコイワズライ