1. 流星群歌詞

「流星群」の歌詞 鬼束ちひろ

2002/2/6 リリース
作詞
鬼束ちひろ
作曲
鬼束ちひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
言葉ことばにならないよる貴方あなた上手じょうずつたえて
からいた 生温なまぬるいだけのつた幻想まぼろしだとつたえて

こころあたえて 貴方あなた手作てづくりでいい
場所ばしょるのなら ほしなどえなくていい

こえはいつだって かなしみにわるだけ
こんなにもみにくわたしを こんなにも証明しょうめいするだけ でも必要ひつようとして

貴方あなたさわれないわたしなら いのとおなじだから

曖昧あいまいなだけの日々ひび何処どこまでわたし孤独ひとり
せるときは これ以上望いじょうのぞむものなど くらいつないで

おもいをたたえて かすかな振動しんどうでさえ
わたしにはまえあふれるものへとひび

奇跡きせきなど一瞬いっしゅんで このはだ見捨みすてるだけ
こんなにも無力むりょくわたしをこんなにもおぼえてくだけ でも必要ひつようとして

貴方あなたさわれないわたしなら いのとおなじだから

かぞえきれない意味いみさえぎっているけれど
うつくしいかどうかもからないこの場所ばしょいまでも

こえはいつだって かなしみにわるだけ
こんなにもみにくわたしを こんなにも証明しょうめいするだけ でも必要ひつようとして

貴方あなたさわれないわたしなら いのとおなじだから