1. 酸化空歌詞

「酸化空」の歌詞 ACIDMAN

2002/3/6 リリース
作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN
文字サイズ
よみがな
hidden
りくがるということ必然ひつぜん
また 仕方しかたがなく
べつに あのヒナギクのかおりなど
もとめてなくて

しかしなにかがゆが一人ひとりった
「もっとうえほうへ」
のど破裂音はれつおんにかまわずさけんだ
「もっとひかりを」

酸化さんかぞら ひくすこしだけ滅入めい
酸化さんかぞら ちか耳鳴みみなりがこたえる
まだまだひび

れたてのひらうつひかり模様もよう
かきせるうでもなく
それをたか
苦笑にがわらいでめた体温たいおんあかりをつける

アカシアのしたほろけものたち
あとはなもなく
そしてそら見上みあ
そこに世界せかい

歳月さいげつあまりにも非情ひじょうにも
ぼくいて
昔日せきじつときとして皮肉ひにくにも
ぼく色付いろづけて

酸化さんかぞらひくすこしだけ滅入めい
酸化さんかぞらちか耳鳴みみなりがこたえる

れたてのひらうつひかり模様もよう
かきせるうでもなく
それをたか
苦笑にがわらいでめた体温たいおんあかりをつける

アカシアのしたほろけものたち
あとはなもなく
そしてそら見上みあ
そこに世界せかい

ただしさに ただしさに ただしさに
ただしさに いま みだされそう