1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伊勢正三
  3. 秋の葉の栞歌詞
よみ:あきのはのしおり

「秋の葉の栞」の歌詞

秋の葉の栞 歌詞
伊勢正三
2019.2.20 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ほんのりと このむねなかともるようななつほたるは もう何処どこかへんでったの?
きな気持きもちがそばにあると すこ窮屈きゅうくつになるのがこいだなんて ・ ・ らなかったよ
ねえ どうして… えなくなってから ぼくらははじめて それがこい気付きづいたのかな
季節きせついろわるキモチになって ただかなしいだけだったのに
あざやかぎる葉鶏頭はげいとう なつわりをげる

きみのまるで子猫こねこのような そんなつめきずあといまはなお いとしいくらい
かけちがいのむねのボタンを ひとりではなおせないときたがいがかがみだったよ
ねえ そうだろう… かぜちるあきをしおりに こころいたむページ そっとじれば
はじめてったころの Love Story いつかまたかぜにめくれて
わすれた言葉ことばつかるときが きっとるから

ねえ どうして… あんなにつよきしめたときに どこかがこわれそうなキモチだったの
なぜか都会とかいのざわめきはこえない ぼくはまだひとりじゃない
きみわらごえ あふれたままのそら見上みあげた

秋の葉の栞/伊勢正三へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:秋の葉の栞 歌手:伊勢正三