1. 歌詞検索UtaTen
  2. 土岐麻子
  3. 傘歌詞
よみ:かさ

「傘」の歌詞

土岐麻子
2019.10.2 リリース
作詞
土岐麻子
作曲
トオミヨウ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
したあめ
してく
恋人こいびとたち わらこえ

いまごろきみは
どこかのまち
あたらしいかさってる

そらいた稲妻いなずま
つよらし した
んだ 屋根やねした
ひとり こえせない

わたししからないきみを
きみは
そのよわさごと全部ぜんぶ
ててしまいたかった
とおいどこかへくため

きみだけがってたわたしだけが
ここでたたずんでいる
かぜころがるビニールがさ
まるでわたしみたいね
どこへ

まぬ
雷鳴らいめいおと
人々ひとびといえかえ

わたしだけ このまま
どこにも
かえれない
ようながした

きみをきずつけるような
かなしい出来事できごと
そっとよけるかさになって
まもれるとおもってた

いつか このかぜが やんだころ
きみは そのあたらしいあい
てて しまうのでしょう
やさしさ
おもさずに

わたししからないきみを
きみは
そのよわさごと全部ぜんぶ
ててしまいたかった
とおいどこかへくため

きみだけがってたわたしだけが
ここでたたずんでいる
かぜころがるビニールがさ
まるでわたしみたいね
どこへ

傘/土岐麻子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:傘 歌手:土岐麻子