1. 歌詞検索UtaTen
  2. 沖田真早美
  3. 凌霄花~のうぜんかずら~歌詞
よみ:のうぜんかずら~のうぜんかずら~

「凌霄花~のうぜんかずら~」の歌詞

沖田真早美
2020.11.4 リリース
作詞
幸田りえ
作曲
桧原さとし
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ふたりでつめた このはな
今年ことしわらず いている
ひとりがこんなに さびしくて
はじめてあなたを うらんでいます
かなわぬあいほど こころれず
おもいはつのる ばかりです
あとからあとから えて
凌霄花のうぜんかずらはなのように

いちにちいたら ちるはな
それでもそらむかはな
あなたのしあわねがうのに
わたしはどうして よわいのでしょう
いてもいても なみだれず
あいした日々ひびよみがえる
いのちのかぎりに あか
凌霄花のうぜんかずらはなのように

一度いちどまれて 出逢であえたならば
今度こんどわらって らしたい
あなたにこのせて
凌霄花のうぜんかずらはなのように

凌霄花~のうぜんかずら~/沖田真早美へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:凌霄花~のうぜんかずら~ 歌手:沖田真早美