1. 歌詞検索UtaTen
  2. 幸田りえの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

幸田りえの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

36 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

雪炎急行

木山ゆうじ

作詞: 幸田りえ

作曲: 西つよし

歌詞:あてのない旅 走る列車は 窓も行く手も 雪煙り 照らす灯りに

寒月

岩本公水

歌詞:哀しみばかりを 受けとめて 静かに微笑む 寒の月 遠く離れた

残照

岩本公水

歌詞:窓をあければ 沈んだはずの 夕陽が夜空を 紅く染めてます 忘れられない

東京ケ丘

沖田真早美

作詞: 幸田りえ

作曲: 岡千秋

歌詞:涙拭いてみても いつも心が泣いている 愛するひとをなくし 今は哀しみだけです 街の灯り

残雪平野

沖田真早美

作詞: 幸田りえ

作曲: 岡千秋

歌詞:海岸線を離れ 向かうあなたのふるさとは 戻り雪に埋もれ まるで真冬のようです 列車の窓

面影・未練橋

望月琉叶

作詞: 幸田りえ

作曲: 樋口義高

歌詞:旅立つ朝なのに 泣いたら駄目と 頬に零れる涙 やさしく拭いたひと 駅のホーム

凌霄花~のうぜんかずら~

沖田真早美

歌詞:ふたりで見つめた この花が 今年も変わらず 咲いている ひとりがこんなに

ごめんね大丈夫

清水節子

作詞: 幸田りえ

作曲: 西つよし

歌詞:どうせいつかは 別れるならば 誰も知らないうちがいい どこであなたが 暮らしていても

ひとりぼっちの海峡

多岐川舞子

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:ひとりぼっちの 海峡に 赤い涙の 雪が降る 空を染め抜く

Tokyoタイムスリップ

多岐川舞子

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:今夜はふたりで 踊り明かしましょう 夜が明けるまで 呑み明かしましょう 愛はいつだって

美幌雪原

野中柚里

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:空がそんなに 吹雪いたら わたしの声が 届かない 美幌雪原

飯田線~令和バージョン~

小沢あきこ

作詞: 幸田りえ

作曲: 合田道人

歌詞:あなた、どうしていますか? もう一度、逢いたい… 逢いたいなぁ… 町を見守る

釧網本線

華乃美幸

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:もっと遠くへ 遠くへ行けば 心の糸が 切れますか 雪が吹き込む

惚れて一献

華乃美幸

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:風のつめたさ 世間の苦さを噛みしめた 男と女が 肩寄せ呑んでいる 祝い酒だと

隠れ酒

五条哲也

作詞: 幸田りえ

作曲: かとう洋

歌詞:上手く世間を 渡れずに もがく男の 迷い道 愚痴るわけには

生きて候

紅晴美

作詞: 幸田りえ

作曲: 紅晴美

歌詞:泣くも笑うも 人の世は 泣くも笑うも 一度きり 吹けば飛ぶよな

旅の月

大川栄策

歌詞:酒場の小窓に 浮かんだ月が 故郷の空に 遠ざかる 途中下車した

飯田線

小沢あきこ

作詞: 幸田りえ

作曲: 合田道人

歌詞:町を見守る 風越山が 何も変わらず 迎えてくれる ひとり揺られる

伊勢の女

松阪ゆうき

作詞: 幸田りえ

作曲: 南乃星太

歌詞:愛したひとに サヨナラは 言わない女で いたかった 涙まじりに

里の恋唄

西尾夕紀

歌詞:ねぐらへ急ぐ 山鳥たちが 茜の空へ 消えて行く あなたを待って

十勝厳冬

松原のぶえ

作詞: 幸田りえ

作曲: 徳久広司

歌詞:一夜でやつれる 別れのつらさ あなたはきっと わからない どんなに涙を

春航路

石原詢子

作詞: 幸田りえ

作曲: 四方章人

歌詞:凪ぎてやさしい 青い海 心もいつかは 鎮まりますか いのちの恋も

宵待月

結城さおり

作詞: 幸田りえ

作曲: 神代臣

歌詞:湯上がり肌を 抱くように 夜風が優しく 身を包む あなたが来ない

火の舞

田川寿美

作詞: 幸田りえ

作曲: 樋口義高

歌詞:空は闇夜の 神無月 こらえる恋情が 火にかわる 抜き差しならない

きずな橋

沖田真早美

歌詞:三歩後ろを 歩いていても 影がかさなる 月明かり 広いこの世で

寂しいっしょ

北岡ひろし

作詞: 幸田りえ

作曲: 杉本眞人

歌詞:木枯らしが 雨戸を叩き 誰かのかわりに 呼んでるよ この腕ほどけば

落花繚乱

沖田真早美

歌詞:恋は哀しみに 咲く花 涙に 溺れる花 おんな一途に

夢のように 日は過ぎて

瀬川瑛子

作詞: 幸田りえ

作曲: 西つよし

歌詞:風が吹いて 木漏れ日が この肩を あたためる 生きることで

雪の宿

新沼謙治

歌詞:愛していても どうにもならぬ 男の意地も 泣き言さえも はかないさだめの

晩秋

沖田真早美

作詞: 幸田りえ

作曲: 今泉敏郎

歌詞:風花が 肩に止まれば 二人が出逢った 晩秋ですね 想い出が