忍ぶ雨 歌詞 伍代夏子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子
  3. 忍ぶ雨歌詞
よみ:しのぶあめ

忍ぶ雨 歌詞

友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
人目ひとめにふれる
はなよりも
かげりそう
はながいい
めぐりわせの
ふしあわせ
なぜに わたし
ついてくる
夢待ゆめまくさ
しのあめ
(セリフ)
世渡よわた下手べた
わたしだけれど
くやんでなんかいません
(セリフ)
あのはなだって
あめたれながら
ときをじっとってる…
(セリフ)
こんなわたしでよかったら
いつまでも
そばに おいてください」
あなたを真似まね
むおさけ
むねしんまで
しみてくる
あめのすだれの
こうには
きっと ふたりの
明日あすがある
さみだれ くさ
しのあめ
(セリフ)
両手広りょうてひろげた
あなたのむね
わたしらす場所ばしょ
ゆめあかりがとも場所ばしょ
こんなに しあわせなのに
くなんて
おかしいわねぇ…」
うわべでかざ
しあわせは
しょせん ふたりの
につかぬ
おんなざかりの
みじかさを
あなた その
きしめて
夢待ゆめまくさ
しのあめ

忍ぶ雨 / 伍代夏子 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/07/05 14:20

人目に触れる花よりも影で寄り添う花がいい、巡り合わせの不幸せ何故に私について来る夢待ち浮草偲ぶ雨・・貴方を真似て飲むお酒、胸の芯まで沁みてくる雨の簾の向こうにはきっとふたりの明日がある・・うわべで飾る幸せは、所詮ふたりの身につかぬ・・路傍の石の隠れ花・・女ざかりの短さを、あなたその手で抱き締めて、夢待ち浮草偲ぶ雨・・爛漫と咲く花ひっそりと咲く花、花も人生もそれぞれにそれなりの苦労があり・・夢待ち浮草偲ぶ雨が沁みる・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:忍ぶ雨 歌手:伍代夏子