夜桜お七 歌詞 坂本冬美 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 坂本冬美
  3. 夜桜お七歌詞
よみ:よざくらおしち

夜桜お七 歌詞

友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あか鼻緒はなお
ぷつりとれた
すげてくれる
ありゃしない
いてけぼりをけとばして
けだすゆびがにじむ
さくら さくら
いつまでっても
ぬひとと
んだひととは
おなじこと
さくら さくら はな吹雪ふぶき
えてやした
はだより しろはな
びてわたしは
夜桜よざくらひち
さくら さくら
弥生やよいそら
さくら さくら はな吹雪ふぶき
口紅くちべにをつけて
ティッシュをくわえたら
なみだが ぽろり
もひとつ ぽろり

あつくちびるおしあててきた
あののあんた
もういない
たいしたこいじゃ
なかったと
すくめるかたかぜ
さくら さくら
いつまでっても
ぬひとと
んだひととは
おなじこと
さくら さくら はな吹雪ふぶき
いてかれた
二十歳はたちゆめのあと
おぼろ月夜づきよ
夜桜よざくらひち
さくら さくら
見渡みわたすかぎり
さくら さくら はな吹雪ふぶき
さくら さくら
さよならあんた
さくら さくら はな吹雪ふぶき

夜桜お七 / 坂本冬美 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/05/18 05:16

呼んで帰らぬ人を待つ、恋が二人の夢の跡、肌より白い花吹雪・・触れた唇抱かれた肩も、今は只散る花吹雪・・抱いて抱かれた、二十歳の夢を、呼んでみようか夜桜お七・・泣いているのか朧月、桜桜ただ降る花に埋まるだけ・・女の情念である・・昔叶わぬ恋に火付けをしたお七と言う女がいたと言う・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夜桜お七 歌手:坂本冬美