1. 歌詞検索UtaTen
  2. 坂本冬美
  3. 坂本冬美の歌詞一覧

坂本冬美の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月1日

206 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夜桜お七

坂本冬美

作詞:林あまり

作曲:三木たかし

歌詞:赤い鼻緒が ぷつりと切れた すげてくれる手 ありゃしない 置いてけ堀をけとばして

また君に恋してる

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:朝露が招く 光を浴びて はじめてのように ふれる頬

男哭酒

坂本冬美

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:暖簾くぐれば 振りむきざまに すねた振りする あいつがよぎる

祝い酒

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:浮世荒波 ヨイショと越える 今日は おまえの 晴れの門出だよ

男の火祭り

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:杉本眞人

歌詞:日本の男は 身を粉にして働いて 山に海に 生きてきた 女は嫁いで

俺でいいのか

坂本冬美

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:惚れた男の ためなら死ねる すがりつくよな その眸に負けた 俺でいいのか

石狩挽歌

坂本冬美

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

歌詞:海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた

蛍草

坂本冬美

作詞:坂口照幸

作曲:猪俣公章

歌詞:俺でいいのか 悔やんでないか つぶしのきかない 男でも つらい時ほど

羅生門

坂本冬美

作詞:新本創子

作曲:浜圭介

歌詞:どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいるなら 獲らねばならぬ 男

お菊(歌謡節入り)

坂本冬美

作詞:木下龍太郎

作曲:市川昭介

歌詞:何があろうと嫁いだ先の 土に咲くのが 女花 やくざ渡世を承知の上で 固く結んだ

風に立つ

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば 雨風にたたかれて 頭をたれる

こころが

坂本冬美

作詞:松尾潔

作曲:松尾潔・豊島吉宏

歌詞:私の泣き声さえ きっと知らないでしょう いままで笑顔だけを ずっと見てきたから

津軽海峡・冬景色

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で

あばれ太鼓

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴は

夜叉海峡

坂本冬美

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

歌詞:乳房の夜叉を 隠してみても この血が 激しく 暴れます

おとこの劇場

坂本冬美

作詞:松井由利夫

作曲:猪俣公章

歌詞:縦に割ろうと 斜めに斬ろと 俺のいのちは 山吹いろだ 口にゃ出せずに

火の国の女

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ 胸こがす 一つしかない

丹後雨情

坂本冬美

作詞:坂口照幸

作曲:花笠薫

歌詞:港をぬらして 降り出すしぐれ やらずの雨なら いいものを きっと今頃

思秋期

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八

千曲川

坂本冬美

作詞:山口洋子

作曲:猪俣公章

歌詞:水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に

熊野路へ

坂本冬美

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:あなたといつか 歩いた道を 今はひとりで行く 熊野古道を 那智の滝へと

坂本冬美

作詞:松山千春

作曲:松山千春

歌詞:愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中

おんな傘

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:俺にさしだす 傘のしずくが おまえの肩先 ポツリと濡らす ほれていりゃこそ

花は知っていた

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:松本俊明

歌詞:あなたがもう いない部屋に 季節の風が香る 段ボールに

薄荷煙草

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:大野克夫

歌詞:腰までのびた長い髪 両手でけだるくかき上げて 時に悲しい口笛を 吹いたあの娘はもういない

宗谷ぼんぎり

坂本冬美

作詞:岡田冨美子

作曲:浜圭介

歌詞:生まれた故郷も おふくろの名も 忘れたふりすりゃ カモメが騒ぐ 港の数だけ

船で帰るあなた

坂本冬美

作詞:池田充男

作曲:猪俣公章

歌詞:(さようなら) 船で帰る あなた (さようなら) 愛をくれた

能登はいらんかいね

坂本冬美

作詞:岸元克己

作曲:猪俣公章

歌詞:欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手は 見染めたあの娘 能登はいらんかいねー

愛燦燦

坂本冬美

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

歌詞:雨 潸潸と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

男惚れ

坂本冬美

作詞:星野哲郎

作曲:猪俣公章

歌詞:淀の水さえ 流れては 二度と逢えない 浪花街 星の数ほど

男の艶歌

坂本冬美

作詞:なかにし礼

作曲:猪俣公章

歌詞:天にもらった 財宝の山を 棄てて悔いない 友がいる 時代おくれと

弁天小僧

坂本冬美

作詞:佐伯孝夫

作曲:吉田正

歌詞:牡丹の様な お嬢さん シッポ出すぜと 浜松屋 二の腕かけた

おかえりがおまもり

坂本冬美

作詞:川村結花

作曲:川村結花

歌詞:「よくかえったね ごはんできてるよ」 なつかしいその笑顔 なにひとつ 言わなくても

雪国~駒子 その愛~

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:トンネル抜けたら そこは雪国 駒子は氷柱と 暮らしています あの日あなたと

どどいつ

坂本冬美

作詞:たきのえいじ

作曲:杉本眞人

歌詞:笑顔千両 おんなは器量 男ごころは 湯の煙 裏も表も

風鈴

坂本冬美

作詞:荒川利夫

作曲:花笠薫

歌詞:風鈴の小さな音色が とても好きよと楽しんだ 私の母の想い出よ 夏の日暮れに揺れてます ひとりの庭先

どんでんがえし

坂本冬美

作詞:岡田冨美子

作曲:四方章人

歌詞:淋しがりやの男はみんな 女泣かせの旅役者 惚れた はれたの ひと芝居

片想いでいい

坂本冬美

作詞:鬼龍院翔

作曲:鬼龍院翔

歌詞:顔が好みとか そんなんじゃないの いつからか君が この胸を満たした 変わりゆく表情

あなたしか見えない

坂本冬美

作詞:Peter W.Allen..

作曲:Peter W.Allen..

歌詞:今まで つきあって来た 女のひとに較べたら 私は真面目すぎて あなた

可愛い花

坂本冬美

作詞:Fernand Lucien Bonifay..

作曲:Sidney Loseph Bechet

歌詞:プティット・フルール 可愛い花 その花のように いつも愛らしい プティット・フルール

ふたり咲き

坂本冬美

作詞:麻こよみ

作曲:岡千秋

歌詞:夏の陽射しも 木枯らしも 両手広げてよけてやる 俺にあずけろ おまえの

夢屋

坂本冬美

作詞:岡田冨美子

作曲:徳久広司

歌詞:あんたが「夢屋」と名付けた部屋は 窓に波止場の 灯が見えた フラリと来る日は 機嫌が良くて

シバテン小唄

坂本冬美

作詞:星野哲郎

作曲:猪俣公章

歌詞:ひとりでするのが 片想い さんにんするのが みつどもえ よにんでするのが

浜娘一代

坂本冬美

作詞:石原信一

作曲:猪俣公章

歌詞:男と女 惚れたなら 別れる時も 五分と五分 海猫さわぐな

恋花

坂本冬美

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦 哲也

歌詞:花は誰のために ひとりで咲くの 悲しいことも悩んだことも あったはずなのに 上手な恋を羨まず

悲しき雨音

坂本冬美

作詞:John C Gummoe..

作曲:John C Gummoe

歌詞:彼を待ってる窓辺に さみしい雨の音 ひとりぼっちのため息か こぼれる涙か 彼はあたしが愛した

ずっとあなたが好きでした

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉のように 季節を迷う

AND I LOVE HER

坂本冬美

作詞:John Lennon..

作曲:John Lennon..

歌詞:I give her all my

白鷺物語(ニューヴォーカルヴァージョン)

坂本冬美

作詞:松井由利夫

作曲:猪俣公章

歌詞:あなたの影を 踏まないように わざと遅れて 二足三足 ひと目を気にする

うりずんの頃

坂本冬美

作詞:永井龍雲

作曲:永井龍雲

歌詞:恋破れ 夢破れ 今宵もまた涙 目を閉じて 思い出す

坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。血液型O型。 wikipedia