坂本冬美の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 坂本冬美
  3. 坂本冬美の歌詞一覧

坂本冬美の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月27日

218 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

酔中花

坂本冬美

作詞: 吉田旺

作曲: 徳久広司

歌詞:後をひくよな くちづけを 残して帰って 行ったひと おとな同志の

また君に恋してる

坂本冬美

作詞: 松井五郎

作曲: 森正明

歌詞:朝露が招く 光を浴びて はじめてのように ふれる頬

夜桜お七

坂本冬美

歌詞:赤い鼻緒が ぷつりと切れた すげてくれる手 ありゃしない 置いてけ堀をけとばして

津軽海峡・冬景色

坂本冬美

作詞: 阿久悠

作曲: 三木たかし

歌詞:上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で

祝い酒

坂本冬美

歌詞:浮世荒波 ヨイショと越える 今日は おまえの 晴れの門出だよ

アジアの海賊

坂本冬美

歌詞:追い風吹けば波に乗れ 向かい風だと血が騒ぐ 運を積んだらソレソレソレと 東南西北 風まかせ

艶花恋

坂本冬美

作詞: 池田充男

作曲: 猪俣公章

歌詞:よせと言われりゃ なおさら燃える 恋はいのちの 揚花火 どうせみじかい

紅とんぼ

坂本冬美

作詞: 吉田旺

作曲: 船村徹

歌詞:空にしてって 酒も肴も 今日でおしまい 店仕舞 五年ありがとう

千曲川

坂本冬美

作詞: 山口洋子

作曲: 猪俣公章

歌詞:水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に

あばれ太鼓

坂本冬美

歌詞:どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴は

港町ブルース

坂本冬美

作詞: 深津武志 ..

作曲: 猪俣公章

歌詞:背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港、港

風に立つ

坂本冬美

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば 雨風にたたかれて 頭をたれる

待ったなしだよ人生は

坂本冬美

作詞: 多野亮

作曲: 四方章人

歌詞:弱音はいたら 勝ち目はないさ ここは一番 ふんばりどころ やると決めたら

すっぴん

坂本冬美

作詞: 麻こよみ

作曲: 佐瀬寿一

歌詞:おんな盛りさ 化粧はしても 嘘も騙しも あるもんか 心はすっぴん

宗谷ぼんぎり

坂本冬美

作詞: 岡田冨美子

作曲: 浜圭介

歌詞:生まれた故郷も おふくろの名も 忘れたふりすりゃ カモメが騒ぐ 港の数だけ

ブッダのように私は死んだ

坂本冬美

作詞: 桑田佳祐

作曲: 桑田佳祐

歌詞:目を覚ませばそこは土の中 手を伸ばせば闇を這うだけ 虚しい唇に揺れる 愛の残り火よ 私をこんなにした人は誰?

百夜行

坂本冬美

歌詞:この世のむこうの そのむこう 落ち合いますか 死にますか 抱かれても…抱かれても…

人生いろいろ

坂本冬美

歌詞:死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり

熊野路へ

坂本冬美

作詞: 吉幾三

作曲: 吉幾三

歌詞:あなたといつか 歩いた道を 今はひとりで行く 熊野古道を 那智の滝へと

男惚れ

坂本冬美

作詞: 星野哲郎

作曲: 猪俣公章

歌詞:淀の水さえ 流れては 二度と逢えない 浪花街 星の数ほど

男意気

坂本冬美

作詞: 麻こよみ

作曲: 猪俣公章

歌詞:負けて 拗ねるなよ 世間 怨むなよ そうさそうだよ

うりずんの頃

坂本冬美

作詞: 永井龍雲

作曲: 永井龍雲

歌詞:恋破れ 夢破れ 今宵もまた涙 目を閉じて 思い出す

石狩挽歌

坂本冬美

作詞: なかにし礼

作曲: 浜圭介

歌詞:海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた

春の雪

坂本冬美

歌詞:ついて行けないわたしの過去を 許してほしいと路地で泣く 抱けばそのままこの手にとける そんなおまえの肩先に 春とは名ばかり

俺でいいのか

坂本冬美

作詞: 吉田旺

作曲: 徳久広司

歌詞:惚れた男の ためなら死ねる すがりつくよな その眸に負けた 俺でいいのか

コーヒー・ルンバ

坂本冬美

歌詞:昔アラブの偉いお坊さんが 恋を忘れた あわれな男に しびれるような 香りいっぱいの

お菊(歌謡節入り)

坂本冬美

歌詞:何があろうと嫁いだ先の 土に咲くのが 女花 やくざ渡世を承知の上で 固く結んだ

凛として

坂本冬美

歌詞:日が昇り 日が沈む 春が来て 夏が行く 生きとし生ける

わかれうた

坂本冬美

歌詞:途に倒れて だれかの名を 呼び続けたことが ありますか 人ごとに言うほど

男の火祭り

坂本冬美

歌詞:日本の男は 身を粉にして働いて 山に海に 生きてきた 女は嫁いで

火の国の女

坂本冬美

歌詞:肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ 胸こがす 一つしかない

君こそわが命

坂本冬美

作詞: 川内康範

作曲: 猪俣公章

歌詞:あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと

鳳凰の町(和歌山県上富田町イメージソング)

坂本冬美

作詞: 喜多條忠 ..

作曲: 叶弦大

歌詞:ほっかり桜が 咲いてます 校舎の空を 染めてます ここは学びの

愛の詩

坂本冬美

作詞: たかたかし

作曲: 新垣隆

歌詞:花は愛され 花になる 人も愛され 人になる

忘却

坂本冬美

作詞: 川村結花

作曲: 川村結花

歌詞:最後の夜も 同じ街角で 思い出はもう 増やさないように

羅生門

坂本冬美

作詞: 新本創子

作曲: 浜圭介

歌詞:どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいるなら 獲らねばならぬ 男

一二三小唄

坂本冬美

作詞: 松井由利夫

作曲: 聖川湧

歌詞:柳がくれの 大川に 紅い灯りが 一二三 水にこぼれて

骨まで愛して

坂本冬美

歌詞:生きてるかぎりは どこまでも 探しつづける 恋ねぐら 傷つきよごれた

秋まつり、お月さま

坂本冬美

歌詞:茜にそまる西の空に 家路をいそぐ はぐれ鳥 今宵、まちは秋祭り たそがれに胸騒ぎ

真夏の夜の夢

坂本冬美

歌詞:骨まで溶けるような テキーラみたいなキスをして 夜空もむせかえる 激しいダンスを踊りましょう

あなたしか見えない

坂本冬美

歌詞:今まで つきあって来た 女のひとに較べたら 私は真面目すぎて あなた

大阪の女

坂本冬美

作詞: 橋本淳

作曲: 中村泰士

歌詞:まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば

雪の花

坂本冬美

作詞: 笹倉明

作曲: 加藤登紀子

歌詞:雪のひとひらがわたし もうひとひらがあなた はるかな空から 舞い降りて めぐり逢えた不思議

さよなら小町

坂本冬美

作詞: 林あまり

作曲: 四方章人

歌詞:別れっぷりが おとなだなんて おだてられちゃあ 泣き顔ひとつ 見せられないじゃない

アカシアの雨がやむとき

坂本冬美

歌詞:アカシアの雨に打たれて このまゝ死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光のその中で

北の海峡

坂本冬美

作詞: たかたかし

作曲: 岡千秋

歌詞:北へ行く船に乗る 港桟橋は 寒さこらえる 人ばかり あなたから

能登はいらんかいね

坂本冬美

作詞: 岸元克己

作曲: 猪俣公章

歌詞:欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手は 見染めたあの娘 能登はいらんかいねー

片想いでいい

坂本冬美

作詞: 鬼龍院翔

作曲: 鬼龍院翔

歌詞:顔が好みとか そんなんじゃないの いつからか君が この胸を満たした 変わりゆく表情

桜の如く

坂本冬美

歌詞:どんな試練が 待ちうけようと 夢はつらぬく さいごまで 楽に生きてく

恋は火の舞 剣の舞

坂本冬美

作詞: 多夢星人

作曲: 堀内孝雄

歌詞:好きだから 好きだから ほかに 言葉が あるでしょうか

坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。血液型O型。 wikipedia