1. 歌詞検索UtaTen
  2. 坂本冬美
  3. 坂本冬美の歌詞一覧

坂本冬美の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月4日

206 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夜桜お七

坂本冬美

作詞:林あまり

作曲:三木たかし

歌詞:赤い鼻緒が ぷつりと切れた すげてくれる手 ありゃしない 置いてけ堀をけとばして

祝い酒

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:浮世荒波 ヨイショと越える 今日は おまえの 晴れの門出だよ

また君に恋してる

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:朝露が招く 光を浴びて はじめてのように ふれる頬

男哭酒

坂本冬美

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:暖簾くぐれば 振りむきざまに すねた振りする あいつがよぎる

石狩挽歌

坂本冬美

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

歌詞:海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた

俺でいいのか

坂本冬美

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:惚れた男の ためなら死ねる すがりつくよな その眸に負けた 俺でいいのか

あばれ太鼓

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴は

桜の如く

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:徳久広司

歌詞:どんな試練が 待ちうけようと 夢はつらぬく さいごまで 楽に生きてく

男の火祭り

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:杉本眞人

歌詞:日本の男は 身を粉にして働いて 山に海に 生きてきた 女は嫁いで

おとこの劇場

坂本冬美

作詞:松井由利夫

作曲:猪俣公章

歌詞:縦に割ろうと 斜めに斬ろと 俺のいのちは 山吹いろだ 口にゃ出せずに

羅生門

坂本冬美

作詞:新本創子

作曲:浜圭介

歌詞:どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいるなら 獲らねばならぬ 男

愛の詩

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:新垣隆

歌詞:花は愛され 花になる 人も愛され 人になる

アジアの海賊

坂本冬美

作詞:中村あゆみ

作曲:中村あゆみ

歌詞:追い風吹けば波に乗れ 向かい風だと血が騒ぐ 運を積んだらソレソレソレと 東南西北 風まかせ

人生花吹雪

坂本冬美

作詞:松井由利夫

作曲:猪俣公章

歌詞:春の嵐に 降りこめられて 借りた庇が こと始め 意地が売りもの

螢の提灯

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:宇崎竜童

歌詞:(女の方から 通って行くなんて) 心ないとか はしたないとか (夜叉みたいと恐がる人や

アカシアの雨がやむとき

坂本冬美

作詞:水木かおる

作曲:藤原秀行

歌詞:アカシアの雨に打たれて このまゝ死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光のその中で

雪の花

坂本冬美

作詞:笹倉明

作曲:加藤登紀子

歌詞:雪のひとひらがわたし もうひとひらがあなた はるかな空から 舞い降りて めぐり逢えた不思議

坂本冬美

作詞:松山千春

作曲:松山千春

歌詞:愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中

薄荷煙草

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:大野克夫

歌詞:腰までのびた長い髪 両手でけだるくかき上げて 時に悲しい口笛を 吹いたあの娘はもういない

火の国の女

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

歌詞:肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ 胸こがす 一つしかない

津軽海峡・冬景色

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で

思秋期

坂本冬美

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八

姉妹

坂本冬美

作詞:多夢星人

作曲:堀内孝雄

歌詞:妹よ 夜ふけにそっと 何処へ行くの 重い鞄 二つ提げて

男の艶歌

坂本冬美

作詞:なかにし礼

作曲:猪俣公章

歌詞:天にもらった 財宝の山を 棄てて悔いない 友がいる 時代おくれと

熊野路へ

坂本冬美

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:あなたといつか 歩いた道を 今はひとりで行く 熊野古道を 那智の滝へと

こころが

坂本冬美

作詞:松尾潔

作曲:松尾潔・豊島吉宏

歌詞:私の泣き声さえ きっと知らないでしょう いままで笑顔だけを ずっと見てきたから

北の挽歌

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:浜圭介

歌詞:吹雪がやんで 雲間が切れて 海風にまかれて 海猫が啼く オショロマ岬

TOKYOかくれんぼ

坂本冬美

作詞:真名杏樹

作曲:三木たかし

歌詞:「それじゃ元気でね…」 そっけなくドアを閉め 深夜バスはあなたを 明日へつれてゆく

悲しき雨音

坂本冬美

作詞:John C Gummoe..

作曲:John C Gummoe

歌詞:彼を待ってる窓辺に さみしい雨の音 ひとりぼっちのため息か こぼれる涙か 彼はあたしが愛した

紀ノ川

坂本冬美

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

歌詞:次の世の 我が子の幸を 祈って流れる 川がある 逆らわず

風に立つ

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば 雨風にたたかれて 頭をたれる

夢屋

坂本冬美

作詞:岡田冨美子

作曲:徳久広司

歌詞:あんたが「夢屋」と名付けた部屋は 窓に波止場の 灯が見えた フラリと来る日は 機嫌が良くて

白い冬

坂本冬美

作詞:工藤忠行

作曲:山本康世

歌詞:一人で想う 秋はもう深く 過ぎ去れば むなしく消えた日々 あなたに逢えた

ずっとあなたが好きでした

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:森正明

歌詞:冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉のように 季節を迷う

気まぐれ道中

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:岡千秋

歌詞:なんだどうした じたばたするな 傘がないなら 濡れてゆけ 風は気まぐれ

日々是好日

坂本冬美

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:心に響けば すべて景色は絵葉書 短い言葉を添え つい誰かに自慢したくなる 子猫の欠伸も

うりずんの頃

坂本冬美

作詞:永井龍雲

作曲:永井龍雲

歌詞:恋破れ 夢破れ 今宵もまた涙 目を閉じて 思い出す

おんな傘

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:俺にさしだす 傘のしずくが おまえの肩先 ポツリと濡らす ほれていりゃこそ

真赤な太陽

坂本冬美

作詞:吉岡治

作曲:原信夫

歌詞:まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの 渚をはしる

花は知っていた

坂本冬美

作詞:松井五郎

作曲:松本俊明

歌詞:あなたがもう いない部屋に 季節の風が香る 段ボールに

AND I LOVE HER

坂本冬美

作詞:John Lennon..

作曲:John Lennon..

歌詞:I give her all my

おんな南部坂

坂本冬美

作詞:木下龍太郎

作曲:市川昭介

歌詞:殿の無念を 晴らしもせずに 明日は仕官を すると言う 恨みなみだの

凛として

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:徳久広司

歌詞:日が昇り 日が沈む 春が来て 夏が行く 生きとし生ける

春の雪

坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:ついて行けないわたしの過去を 許してほしいと路地で泣く 抱けばそのままこの手にとける そんなおまえの肩先に 春とは名ばかり

男惚れ

坂本冬美

作詞:星野哲郎

作曲:猪俣公章

歌詞:淀の水さえ 流れては 二度と逢えない 浪花街 星の数ほど

丹後雨情

坂本冬美

作詞:坂口照幸

作曲:花笠薫

歌詞:港をぬらして 降り出すしぐれ やらずの雨なら いいものを きっと今頃

酒場にて

坂本冬美

作詞:山上路夫

作曲:鈴木邦彦

歌詞:好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家にひとり 帰る時が こわい私よ

天使の誘惑

坂本冬美

作詞:なかにし礼

作曲:鈴木邦彦

歌詞:好きなのに あの人はいない 話相手は 涙だけなの 幸せは

夏をあきらめて

坂本冬美

作詞:桑田佳祐

作曲:桑田佳祐

歌詞:波音が響けば雨雲が近づく 二人で思いきり遊ぶはずの On the beach

お菊(歌謡節入り)

坂本冬美

作詞:木下龍太郎

作曲:市川昭介

歌詞:何があろうと嫁いだ先の 土に咲くのが 女花 やくざ渡世を承知の上で 固く結んだ

坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。血液型O型。 wikipedia