アカツキの詩 歌詞 スキマスイッチ ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. スキマスイッチ
  3. アカツキの詩歌詞
よみ:あかつきのうた

アカツキの詩 歌詞

アカツキの詩 歌詞

スキマスイッチ

2006.11.22 リリース
作詞
スキマスイッチ
作曲
スキマスイッチ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
もう ずいぶんったなぁ こんな時間じかん
現実感げんじつかんもない 寝不足ねぶそくになったような かんじで
天井てんじょうつめながら きみ温度おんどおもしていた

おおくを しがったら らぐ バランス
くずしたこうには ぼくらのがらやみ
本当ほんとうちていったなぁ がるのも イヤになるよな

大切たいせつにしたくて 言葉ことばしばって がんじがらめ
からまったなかには きみかげ見当みあたらない

まもろうとした のひらで にぎりつぶしてしまうよ
ただ きみがいればいいのに こらえれず こぼしていた
よるすことおくなっていた

いつだって 茶化ちゃかしては
からかいあっていた はずなのに いつのにか
冗談じょうだんこえなくなって 気付きづけば きみしていた

散々迷さんざんまよってさ きみえらんだ
サボテンだって そう、簡単かんたんに ダメにしてしまったなぁ
愛情あいじょうそそいでいれば はなくと しんじこんでいた

おもえばそうだ ぼく鏡越かがみごしの自分じぶんていた
きみていたのは まぎれもなく ぼく だったのに

んだ 月明つきあかりは ぼくまええていくよ
ぎこちなくてもいいから そっと きしめられたなら
よるが ひっそり すわんでいた

まもろうとした のひらで にぎりつぶしてしまうよ
ただ きみさえいればいいのに こらえれず こぼしていた
よるすこし、うごしていた

アカツキの詩 / スキマスイッチ の歌詞へのレビュー

男性

匿名

2019/09/29 17:50

もっと評価されるべき、スキマスイッチの隠れた名曲。
恋に破れた男の心情の表現が上手すぎる。メロディも相まって夜に聴くとかなり心に来る。
PVの短編アニメは必見。

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:アカツキの詩 歌手:スキマスイッチ