1. 歌詞検索UtaTen
  2. LUNKHEAD
  3. 白い声歌詞
よみ:しろいこえ

「白い声」の歌詞

白い声 歌詞
LUNKHEAD
2004.6.23 リリース
作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ひとりぼっちできていけると
きていけなきゃいけないんだと
そういうふうにおももうとした
つよくなろうとこころめた

だれかを本気ほんきおもうことや
こころそこからわらうことや
そういうこととえにしても
つよくなろうとこころめた

本当ほんとうだれかにつたえたくて
さけびたくて わかってほしくて
そういう気持きもちをかくすことが
つよさだとずっとおもっていたんだ

だれこころにもれないで
透明とうめいなようにきることが
こわくないなんてなかったよ
まよわないなんてなかったよ

世界せかい一人自分ひとりじぶんだけが
あまりにも無力むりょくおもえた
まちはキラキラまぶしすぎて
なにもかもがキレイにえた」

そうやってひとりできてきたんだって
きみわらいながらちょっといた
ぼくは なんだかほっとしてしまった
ぼくだけじゃなかったってほっとしたんだ

世界せかい一人自分ひとりじぶんだけが
無力むりょくだとおもったあの
このにうつってたほかだれかも
おなことおもっていたかな

きみさむくてふるえながら
それでもとてもいいかおをしている
方6時がたろくじきみぼく
とびらをひとつぬけたみたいだ

白い声/LUNKHEADへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:白い声 歌手:LUNKHEAD