1. 歌詞検索UtaTen
  2. LUNKHEAD
  3. LUNKHEADの歌詞一覧

LUNKHEADの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年5月14日

72 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

極光

LUNKHEAD

歌詞:垂れ込めた空が今にも落ちそうだった 街はまるで灰をかぶったみたいで オーロラを見てみたかった 多分きっと俺は見ないままで死んでいくのだろう

決戦前夜(TVアニメ「うしおととら」エンディングテーマ)

LUNKHEAD

歌詞:この手で掴めなかったものたち この手で傷つけてきたものたち 嘆いているだけならそんな手は 最初から何も守れはしない

Birthday

LUNKHEAD

歌詞:光は照らした 本当の孤独を 感じたくないから 気付きたくなかった だから暗闇へ逃げた

素晴らしい世界

LUNKHEAD

歌詞:降り注ぐ光の中 僕達は笑っていた 君のこと本当に好きだった 素晴らしい世界、戻れない日々

教室

LUNKHEAD

歌詞:夕暮れ駆け抜けてく 子供達の笑い声 君のその瞳に 世界はまだ綺麗かな

魚の歌

LUNKHEAD

歌詞:夕暮れ時のスーパーの 鮮魚売り場で僕は偶然に 100円引きの魚と目が合った そしたらなんか突然に 「君、死んだ魚みたいな目をしてるね」

ひとりごと

LUNKHEAD

歌詞:君はたまにとても苦しそうに笑うね きっとずいぶん無理をして強がって 人の分まで傷ついてきたんだね 君の傷の理由など僕には解らないけど それでも本当は君は泣きたいんじゃないのかい?

零時

LUNKHEAD

歌詞:雨降りの夜 冴えない空 見えない月 笑うテレビ 歪んだ部屋

いつかの

LUNKHEAD

歌詞:さよなら 明日から 僕らはただの二人 いつかどこかですれ違っても

スモールワールド

LUNKHEAD

歌詞:いつしか僕らは知ってしまった 悲しみは無くならないってこと 僕らの命が平等なんかじゃないこと だから神様がわざと心を

体温

LUNKHEAD

歌詞:何故かなぁ 君を見ていたら何故か泣けてきてしかたないんだよ 嬉しいや悲しいやそのどれでもなくて 胸が苦しくなるんだよ

光のある方へ

LUNKHEAD

歌詞:光のある方へ 嬉しくなる方へ 涙を流せる方へ 心の歌が鳴らせる方へ

小さな反逆

LUNKHEAD

歌詞:悲しい出来事に 僕らのささやかな日常の喜びは 掻き消されてしまいそうになるけど それでも

誰か教えて

LUNKHEAD

歌詞:柔らかな髪も 黒い瞳も あの透き通るような肌も 笑い声も 困った顔も

花は生きることを迷わない

LUNKHEAD

歌詞:カミサマがサジを投げて 失敗作として人間は出来た 孤独、不安、絶望、虚無感、無くならない自己矛盾 人は皆、混沌の鍋

歌いたい

LUNKHEAD

歌詞:歌いたいことがない 不幸なくらい 自慢するほどの不幸がない なんとなく恋をしたり

id

LUNKHEAD

歌詞:真っ暗で真っ黒で 深くて真っ暗で真っ黒な 穴の底みたいな夜 ただゆっくりとゆっくりと あのこの真っ白な心が

こころ

LUNKHEAD

歌詞:きらわれないように うとまれないように うまく生きていけなきゃ そうやって塗り固めてた

冬の朝

LUNKHEAD

歌詞:冷たい風にさらされすぎて やわらかい心はもう傷だらけ 透明な血が流れすぎて涙は枯れ果てた 負け犬でもいいから逃げ出したい

前進/僕/戦場へ(アルバム・バージョン)

LUNKHEAD

歌詞:ゆらりゆらり流れるような ぬるい空気を吸いこんで 吐き出して また吸いこんで

SHIBUYA FOOT

LUNKHEAD

歌詞:狂った街は今日もギラギラで 嘘っぽく笑う すけべ見え隠れ 世界で一番忌み嫌うものに

ヒナタ

LUNKHEAD

歌詞:笑ってる君をただ 抱き寄せて抱きしめた それ以外にできることが何もなくてごめん 泣いてもいいよ

心音

LUNKHEAD

歌詞:目を覚まさない君の隣で ひたすら夜を数えた 声のない部屋 繋がれた管

決戦前夜 ~TV OA ver.~(アニメ うしおととら エンディング)

LUNKHEAD

歌詞:この手で掴めなかったものたち この手で傷つけてきたものたち 嘆いているだけならそんな手は 最初から何も守れはしない

神様なんていない

LUNKHEAD

歌詞:穏やかな陽射し 気が狂いそうだ 僕だけがまるで 嘘つきみたいで

闇を暴け

LUNKHEAD

歌詞:手のひら透かしてみた 重くも軽くもないな 命の音がする 五稜郭の宵空は 吸い込まれてしまいそうだ

海月

LUNKHEAD

歌詞:じっとりじっとりなんだか汗ばむじっとり熱い夜 ぼんやりぼんやりいつかの夏を思い出してしまった ひんやりひんやりあの夜僕らは二匹の海月になって べったりべったり纏わり茹だる人の海に揺られていた

ぐるぐる

LUNKHEAD

歌詞:明日もし世界が終わったら、きっと名前もないハリウッド映画の脇役 みたいに俺はあっさり死んじゃうんだろうけど、でもどうせ世界は なくならないからやっぱりきっと明日も生き残ってるんだろうなあ でももし本当に明日世界が終わったらやっぱりあっけなく死んじ ゃうんだろうけどでもどうせ世界はなくな(以下略)

青春の影

LUNKHEAD

作詞: 財津和夫

作曲: 財津和夫

歌詞:君の心へつづく 長い一本道は いつも僕を 勇気づけた とてもとてもけわしく

きらりいろ

LUNKHEAD

歌詞:今日の空の綺麗さを 誰なら描けるのでしょう ゴッホかピカソかムンクか 見ているのかな

優暮

LUNKHEAD

歌詞:アタマ悪いのにね欲だけは尽きないのね こんなに汚れた俺だって夢見るだけならタダですか? 気付いていた 俺気付いていたんだ

月光少年

LUNKHEAD

歌詞:澄み渡る夜の寂莫に 月が光っておりました 星も幾つかありました 夜を照らしていたのはそればかり

月と手のひら

LUNKHEAD

歌詞:すっかり遅くなったな 月がもうあんなに高くなってる 君はもうそろそろ眠くなるはずなのにそれでも 星のシャワーと夜の風が 君の頬を桜色に染める

白濁

LUNKHEAD

歌詞:君は言っていた 真っ白なままで生きていきたいんだと 君は知らなかった 白ほど染められやすい色はない事を

灰空

LUNKHEAD

歌詞:思い出したのは 走り続ける僕の背景の青い空 信じきっていた 疑うはずもないと思った青い空 いつからもうこの目には映らなくなっていたのかな

三月

LUNKHEAD

歌詞:泣いてるのですか?動けないのですか? それでもどうにかして 進もうとしているのですか? 生きている意味などないなんて泣かないで

金木犀

LUNKHEAD

歌詞:衣替えには早すぎた学生服を自転車の籠へ投げ入れた 別子の山から見下ろした燧灘は穏やかだった 穏やかだったよ 今ふっと思い出した あのころこの手の中には

はじまれ

LUNKHEAD

歌詞:何もない荒野に足跡をつけた この手に掴めるものだけを持って 俺達だけしかわからない合図で さあ、白紙の地図へ

スターマイン

LUNKHEAD

歌詞:舞い上がる空には夢の花 騒ぎだす心のざわざわが 今だけは誰もが夢を見た 空に咲く夢を見ていた

金色のナイフ

LUNKHEAD

歌詞:金色に光るナイフみたいな月が僕を見下ろす 切り開くべきは過去か未来か嘘か真か それとも 本当の言葉を聞きたいだけなのに

呼吸

LUNKHEAD

歌詞:最後に僕が死ぬその時 君の名前を呼んで死にたい きっと多くは語れないから その全部込めて君を呼びたい

ペルソナ

LUNKHEAD

作詞: 小高芳太郎

作曲: 石川龍

歌詞:一体、何に悩んでる? エチルかメチルぶちこんでさ 忘れてしまえよそんなこと 心配すんないつか死ぬ

BRAVE SONG

LUNKHEAD

歌詞:とても静かだった 誰にも会わなかった 今日からやっと始まる 本当の僕の始まりの夜明け

グッド・バイ

LUNKHEAD

歌詞:君が最後に見た色はどんな色だったのだろうか 何の脈略もなしにそんな事を時々考える 熱を溜め込んだ夏の夜の風が頬をかすめていった さよなら さよなら

姫百合の花

LUNKHEAD

歌詞:目が覚めて酷く汗をかいていて 君にすがりついた さっきまで見ていた夢が今は 思い出せない 何一つ

自分を愛すと決めたんだ

LUNKHEAD

歌詞:夢のような未来などないということを知って 何でそんな綺麗な目をしていられるんだ 知りたいよ 知りたいよ 知りたいよ

LUNKHEAD

歌詞:暑い夏のよくある光景 死にかけた蝉が転がっていたんだ もうどうやら飛べないその蝉は 必死で指にしがみついてきた

ハイライト

LUNKHEAD

歌詞:嫌われたくないから僕は 心にもない事を言うけれど たまに本音が出たら どうも君らしくない なんて言われてさ

夜行バス

LUNKHEAD

歌詞:もし僕が死ぬときは涙など見せないで なんて事を思いつつも 本当はやっぱり少しだけ泣いてて欲しい 誰かの心に居たい

その間5メートル

LUNKHEAD

歌詞:夕立やんで土の匂い 水溜りをひとつ飛び越える 子供らの声は遠くても 雨上がりの空気にはよく響く

LUNKHEAD(ランクヘッド)は、日本のロックバンド。 wikipedia