1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小高芳太朗の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

小高芳太朗の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

50 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

神様なんていない

LUNKHEAD

歌詞:穏やかな陽射し 気が狂いそうだ 僕だけがまるで 嘘つきみたいで

誰か教えて

LUNKHEAD

歌詞:柔らかな髪も 黒い瞳も あの透き通るような肌も 笑い声も 困った顔も

素晴らしい世界

LUNKHEAD

歌詞:降り注ぐ光の中 僕達は笑っていた 君のこと本当に好きだった 素晴らしい世界、戻れない日々

未来

小高芳太朗

歌詞:雨が降りそうだな 君が息をしなくなったあの朝みたいだ 夏が燃え尽きていく 最後の蝉も今朝に死んだ

決戦前夜 ~TV OA ver.~(アニメ うしおととら エンディング)

LUNKHEAD

歌詞:この手で掴めなかったものたち この手で傷つけてきたものたち 嘆いているだけならそんな手は 最初から何も守れはしない

金色のナイフ

LUNKHEAD

歌詞:金色に光るナイフみたいな月が僕を見下ろす 切り開くべきは過去か未来か嘘か真か それとも 本当の言葉を聞きたいだけなのに

玄関

LUNKHEAD

歌詞:このドアはこんなにも大きな音をいつも立てていたのだろうか、なんて思った 優しい言葉がメモリを埋める 消しても消しても消えない

懺悔室

LUNKHEAD

歌詞:ごめんなさいごめんなさい僕はほんとはクソみたいな人間でした でもバレたらもう見放されるって いい人ぶって生きてきたんでした エグいニュースを見てもいつもどっか心の隅ではときめいてんです

MAGIC SPELL

LUNKHEAD

歌詞:上を見てもキリがない 下を見てる暇はない 前を見れば果てしない 今楽になれるなら

オトナ?オトメ?

ひめキュンフルーツ缶

歌詞:オトナになるのそっと オトメでいたいのずっと だからぎゅっと ねえ、ぎゅっと 抱きしめてよ

僕たちには時間がない

LUNKHEAD

歌詞:僕たちには時間がない 生き急げ 生きてるうちに それでもまだ僕たちは死んじゃいないみたいだな

その間5メートル

LUNKHEAD

歌詞:夕立やんで土の匂い 水溜りをひとつ飛び越える 子供らの声は遠くても 雨上がりの空気にはよく響く

ルービロポッサ

小高芳太朗

歌詞:気楽にいこうぜ 息抜こうぜ がんばりすぎても 苦しくなったら 意味がないじゃん

飛行機雲

小高芳太朗

歌詞:ゆっくりと時間だけは過ぎて 僕の周りも荒しさ帯びて 何時の間にか伸びすぎた身長に 僕の心は取り残されていくようで

ラブ・ソング

LUNKHEAD

歌詞:今、僕らの心は確かにそっと近づいていった もう、なにも怖くない 汚れたままで 生きていく事を

歌いたい

LUNKHEAD

歌詞:歌いたいことがない 不幸なくらい 自慢するほどの不幸がない なんとなく恋をしたり

東京にて

小高芳太朗

歌詞:あの子の顔は浮かんできても名前が思い出せないんですが 夕暮れへんろ道は鈴の音が響いていた 何時かの夏の光景

奇跡

小高芳太朗

歌詞:眩しくて華やかで、でも新宿の夜は寂しかった こんなにも綺麗に夜の雲が見えるのはこの街だけ これだけ人が歩いてて賑やかで、なのに寂しかった 刹那より近くて那由多とり遠い距離

決戦前夜(TVアニメ「うしおととら」エンディングテーマ)

LUNKHEAD

歌詞:この手で掴めなかったものたち この手で傷つけてきたものたち 嘆いているだけならそんな手は 最初から何も守れはしない

それでも血の色は鉄の味がした

LUNKHEAD

歌詞:涙が出た 何の意味も無い夜 本当に泣きたい時はいつも泣けないのに 誰にも見えない歪んだ世界で

優暮

LUNKHEAD

歌詞:アタマ悪いのにね欲だけは尽きないのね こんなに汚れた俺だって夢見るだけならタダですか? 気付いていた 俺気付いていたんだ

桜日和

LUNKHEAD

歌詞:春の陽はあったかくて 眠くなるような懐かしい匂いがした 今日僕らは旅に出る 期待と不安と少し寂しさと

loop(unplugged)

LUNKHEAD

歌詞:何かひとつだけ覚えたままで あとは何もかも忘れるとしたら 僕は一体何を残すだろう そう思い見渡した四角い室は 何もが色褪せていた

プリズム

LUNKHEAD

歌詞:信じるって事は 何の根拠も 何の理由もない 証拠もない事だから 信じるって事は

白い声

LUNKHEAD

歌詞:「独りぼっちで生きていけると 生きていけなきゃいけないんだと そういうふうに思い込もうとした 強くなろうと心に決めた

小高芳太朗

歌詞:音傍にいない 君はいない 一人きりで 思い出した あの日のこと

蜘蛛の糸

小高芳太朗

歌詞:夕方の馬鹿デカい公共団地を見るのが好きだ 窓に次々と灯っていく明かり そこに匂うそれぞれの暮らしの気配 それは俺がどこかで失くしてしまった 懐かしい何かを彷彿とさせて

モグラ

小高芳太朗

歌詞:笑顔が眩しすぎるから耳を塞いだ ここには僕の居場所はないのだな ただ、ただ僕は泣きたかった 笑うことに疲れ果てた

それでも

小高芳太朗

歌詞:心をごまかして笑う度に 見て見ぬふりをして笑う度に あの日々の灯がひとつまたひとつと遠くなる いつからか何のためかもう忘れてしまったよ

ユキシズク

LUNKHEAD

歌詞:君が泣いたから 僕は黙って君の手を握りしめた そっと 舞い落ちる雪